FC2ブログ

社殿に隠れるちっちゃいおさるちゃん

こんにちは。



今年もだらだらして過ごした正月休み。



飲み過ぎ食べ過ぎ、うっぷっぷぅ~。



後悔するのは毎年のこと。ま、いっか。



三人がいるのは、徳島市丈六寺の境内。



ちびっちゃ過ぎる三猿ちゃんは、



新井神社。



ちっちゃいおさるちゃん。



いないいない~うっす!って、なに。



お住まいは名草神社の三重塔from出雲大社。

神仏分離までは、但馬妙見日光院でした。



おやつタイム。



必死。



ちびちゃんのおうちは、但馬妙見日光院。


今年は申年。うっきぃ君特集でした。


お譲りいただき、ありがとうねー。


はいはーい(^_^;)


いつも応援いただきありがとうございます。
今日からお仕事開始なのです。ううう。お正月気分は早く取っ払って、お仕事モードに変換しなくちゃー。体も重たくなったので、せっせと歩いて、冬ごもり体型から脱却せねば。でも今週頑張れば、三連休。お休みを指折り数えて過ごすのは、毎年同じー。いかんいかん。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

子猿とバナナ。猿谷ダムの憩いのベンチ

こんにちは。


食っちゃ寝が過ぎて、そろそろ体が重いです。


山盛りなミカンも、底をつき。


おせちも大半を食べてしまった。


子猿に説教される、ていたらく。

ほほほ。

目の前には、


ダム。

この下流には、


十津川村の谷瀬の吊り橋。


高いとこ、こわぁい、というより、

とにかく、揺れた。

さらに下れば


熊野本宮大社。


明治までの鎮座地。

そして、


熊野灘へ。

国道168号線、所々狭いのでへとへとになり。


おやつポイントなのです。


今年もこの辺りをうろうろするんだろうな。


いつも応援いただきありがとうございます。
そろそろおうちにいるのに飽きた頃。帰省してきた友人達と新年会してました。学生時代からの友人ってのは、いいですねー。
このおさる達のベンチ、ダムを見ながらのおやつタイムに絶好の場所。今年もあちこち行けたらいいなー。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

名工・中井権次橘正貞のうっきぃ。

あけましておめでとうございます。

大人のうっきぃ~から、新年のご挨拶。


ちょっとー!


・・・愛想よくしてください。


狛ちゃんじゃない。


きゃー♪だれ、この子~(*^_^*)

うふふふ。


今年もいい年だといいね、と言ってます。


あら。ありがとう。


有料のお年玉?なんでやねん。

普段言わないけど、なんでやねん。


実は柏原の名工・中井権次一統によるうっきぃ様達。

彫刻は、青竜軒中井権次橘正貞(1791~1855)。


兵庫県丹波市柏原町の新井神社でお待ちかねです。


いつも応援いただきありがとうございます。
ちっちゃいもこもこちゃんは、親友からのお年玉画像。うふふふ。
お正月なのでお気楽楽しく、神社の詳細はまた後日。なぜなら、よよいのよーい、なので。おほほほ。名古屋のたまり醤油と濃い~ぃ味醂で、味付けした黒い色のたつくり。唯一自作したおせち。甘辛、うまー。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

うっきぃ君より新年のご挨拶

めりぃから引き継ぎまして、うっきぃ君より新年のご挨拶をば。



本年もよろしくお願い申し上げます。



正月休み初日から飲んだくれておりまして。



胃腸は消毒済みでございます。うふ。



今年もたくさんの狛ちゃん達と出会えるといいなぁ。



うふふふ。


いつも応援いただきありがとうございます。
皆様どんなお正月をお過ごしでしょうか。
酔いつぶれる前に初詣を済ませ、おせちをツマミにぐだぐだしております。
おせちってすごいなぁ。よく出来てるなぁ。海の幸山の幸、甘辛ともにあり。
・・・あらやだ、私ったら新年早々。おほほほほ。
本年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

かぶりつく獅子で今年のシメ

こんにちは。


《兵庫県篠山市の追手神社》社殿妻側の、獅子。お食事中。

え。


《兵庫県丹波市の狭宮神社》いただきまぁす?

いただいていいのかー?


《同上》反対側の子。目に少し金色が残ります。

参道狛犬さんや神殿狛犬さんだけでなく、
社殿の彫刻にもかわいい子達が盛りだくさん。


《兵庫県養父市の名草神社》楽しそうな兄弟。

見ているだけで、とっても楽しくなります。


《同上》照れなくてもぉ~(*^_^*)


さて。



めりぃの年もあと数時間。

本年も皆様には大変お世話になりました。
ご訪問、コメント、とても嬉しかったです。
心より御礼申し上げます。


またね~・・・ってあなた、十二年後。

めりぃと再会する時には、どうなっていることやら。どきどき。



いつも応援いただきありがとうございます。
来る新年が皆様にとって穏やかな年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
よいお年をお迎えください。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

おとぼけ、賢い、笑顔、もしゃもしゃ。狛犬界は楽しいな




・・・んにちは。

今年もいろんな狛犬さ


んに、出会いました。


《兵庫県丹波市の舟城神社》コアラちゃん。


むはー。素直なお子やぁ~(*^_^*)


《同丹波市山南町の狭宮神社》乗れたね~(*^_^*)

無邪気な狛ちゃん。ほっこりほこほこ。


《奈良県吉野郡野迫川村の立里荒神社》紀伊山脈が見たいです。ねぇ。


《兵庫県豊岡市の酒垂神社》狛ちゃん、ぴーんちっ。


《淡路島・洲本八幡神社の境内社》宇宙狛犬さん、怒った。


《同丹波市春日町の兵主神社》骨太なおっさん狛犬。


《同柏原町の柏原八幡神社》鳩胸くるっぽー。さすが八幡さん。


《兵庫県豊岡市の中嶋神社》お菓子の神社の箱入り狛ちゃん。

おまけ?


《京都府福知山市の一宮神社》ざ・和犬。凛々しくて好き♪


《兵庫県柏原町の石見神社》じいさま、もしゃもしゃ。


髪が長いと寝てるときに毛布一枚分はあたたかい。


《高野山・金剛三昧院内の四所神社》でっかい梨じゃなくて、じゃがいも。


堂々と、じゃがいも。


《兵庫県豊岡市の中嶋神社》悩みの尽きない真面目ちゃん。

かわいい狛犬さんにも二面性がありました。


《京都府綾部市の八阪神社》ぶひっとかわいい狛犬さん。

んが。裏にまわると


毒を吐く。


《兵庫県養父市の現・名草神社》お目目ぱっちりちゃん。

横顔はどんなんかなー?


ぎゃー。


《同上・阿》いやぁー。


《北海道・十勝神社》ちょ~立体。


《兵庫県篠山市の追手神社》つるつるちゃん、おーい。


《京都府舞鶴市の貴布禰神社》今年一番の賢いちゃん。


狛犬界を憂えていますの?


相方はおとぼけちゃん。たまらん。


静かに怒るのだけは、やめて~(T▽T)


つんつんでれでれ。

あああ、かわいい。


いつも応援いただきありがとうございます。狛犬さんはほんとにいろんなお子がいますねー。狭い範囲をうろうろしただけですが、今年もとても豊かな気持ちになることができて、狛ちゃんズに感謝してます。うふー。来年はどんな子達に会えるのかな。楽しみです。うふふふふふ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

狛犬さんの百面相。いろんな狛ちゃん

こんにちは。

狛犬さんを愛でてくだされ。うふふ。


《鳴門市》宇志比古神社。ぼんきゅぼーん。

あまりの衝撃にお詣りを忘れた神社。


《徳島市諏訪神社》巨大なせにょーる。


《徳島市眉山町の春日神社》ちゅんちゅん顔の狛ちゃん。


《徳島市丈六寺隣の八幡神社》徳島の狛犬さんの特徴かなぁ。


《鳴門市の大麻比古神社》ものすごく絵を見せてくる狛ちゃん。


ごきげんさんでした。うふ。


《淡路島》賀集八幡神社。

ごきげん笑顔の大阪狛犬さん。


《福知山市一宮神社》兄弟がおった。

お顔にセミの 唐揚げ ぬけがら。


《賀集八幡神社・境内社》がまんしてると胃に穴があくよー(T_T)

きゅん。


《兵庫県丹波市の舟城神社》豪快に笑っておりますが


実はちょっと恥ずかしがりやさん。


《えーっと。どこだっけ?》懐かしのwalkmanのCM風。


昔はカセットテープだったんだよなー。


《京都府福知山市の二宮神社》アシカちゃん。


《京都府舞鶴市の朝代神社》何かの除幕式の時に訪問。


《同上・本殿》何かを訴えているむくむくわんこ。


《兵庫県篠山市の大賣(おおひるめ)神社》

おっ?


おお?


こらこらこら。

何に夢中になってるのかしら。


《兵庫県丹波市青垣町の高座神社》あいーん。

こちら様はきょーれつな印象がありました。


《兵庫県丹波市春日町の兵主神社》今日も楽しげなお二人。


《同上》ちびこまちゃん、どーこだ?


ちっちゃいちっちゃい二人。

記事の語り部さん役で活躍してもらっております。


《兵庫県豊岡市出石町の出石神社》何度見ても飽きないかわいさ。


この顔を見てると、もっといぢめたくなります~(*^_^*)

あー、かわいい。



いつも応援いただきありがとうございます。フォルダを見返すとまだ埋もれている子達がおりまして。今年は北海道へ行ったので平素は節約していたつもりが、近場を(あんまり近くない?)案外飛び回っていたようです。おほほほ。人生で最も価値のある資格は運転免許ですわ。えへー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

ちびちゃん狛犬集合

こんにちは。

今年出会った狛犬さんたち。

今日は、ちびちゃんず。


《徳島市》諏訪神社。

1月の連休に訪問したので、狛犬ズがお正月のおしゃれをしてました。


同、諏訪神社。本殿前のちびちゃん。


こらこら。


《京都府綾部市》 阿須須岐神社

ぺったぺたに甘えるちびちゃん。


同。小さな指先まで丁寧に作られています。


《兵庫県丹波篠山市》八上城麓の春日神社

ちびちゃん、ぴーんちっ。


甘えてた。


《兵庫県丹波市山南町》白鹿神社

この子はほんとにかーちゃんを支えています。がんばれー。


《兵庫県丹波市青垣町》高座神社

ちび狛なのか、あまのじゃくなのか。誰?


背中にも、二人。子だくさん。


《兵庫県丹波市春日町》兵主神社

勝ち気なお顔のちびちゃん、たまりません。


でへへへへ。


《京都府舞鶴市》宮谷神社

かーちゃんの手にちょこんっと座る笑顔のちびちゃん。


ほんとに移動してたらどうしましょ。


《奈良県五條市》御霊神社

ちびちゃん、どーこだ♪


ぷっくりしたお尻がかわいい~。


つぶらなお目目のちびちゃんです。


《兵庫県豊岡市出石町》伊福部神社

つんつんちびちゃん。


お顔を見せてくれません。

ねーねー。


ぎゃー。来るよー、ぜったい、来るよ~(*^_^*)


いろいろな顔したちびちゃん達。
これからも記事の中で時々登場してもらいます♪うふふ。


いつも応援いただきありがとうございます。狛犬さんに出会うと、どこかにちび狛ちゃんがいないかと凝視してしまいます。どの子も笑顔で甘えていて、見るだけでほっこりとしますね。ちび狛ちゃんに会えた日はとても幸せな気分になるのでした。うふふ。また来年もたくさんの子達に会えるといいなー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

たとえどれ程歴史があろうとも。手水舎で見る人の心。

こんにちは。


大親友さんから届いた宮崎のかほり。

くぅ~♪幸せだぜい。


那智の滝と熊野那智大社周辺。


熊野那智大社本殿。いつか初詣に行きたい。


常に参詣の人々で賑わっているので、龍くん兄弟が頑張っております。


大勢のお客様をお迎えするのは、高野山奥の院も同様で。


こうやくん。


奥の院の大型バスも使える駐車場からはこちらの入口。


柄杓を多数揃えてお待ちかね。ざくっと40本以上。


場所を三重県熊野市に移しまして。


花の窟神社のご神体。


ここはイザナミのお墓。なぜ亡くなったのかといえば。


火の神カグツチを産む時に体を焼かれたから。

そのカグツチを産んだところが。


産田神社。


ここの狛犬くんは、どんっとでかいです。


カグツチくんと戯れる大型犬。


う。


わ。


手水舎の龍くんも、カグツチくんを楽しませているようで。


次は京都へ。


京都市西京区大原野の大原野神社。

784(延暦3)年。桓武天皇の長岡京遷都時に、后である藤原乙牟漏が藤原氏の氏神である奈良春日社の分霊を勧請。

大原野は鷹狩を行っていた場所。
850(嘉祥3)年。文徳天皇(祖父が藤原冬嗣)が社殿を造営。


猿沢の池ならぬ「鯉沢の池」。



奈良春日社(春日大社)と同じく藤原氏の氏神を祀るので、神使も同じく。


鹿くんがお迎え。


さらっときつい。


手水舎の鹿くんも、さらっときつい。


京都府南丹市へ移動。


園部町の九品寺。鎌倉時代後期建築の大門。


覚行法親王の墓所。

覚行は白河天皇の第二皇子。京都の仁和寺の第三代門跡。
出家後に親王宣下を受けて、初の法親王となった人。


宮内庁管轄。


白河天皇と九品寺の関係は。

白河天皇が皇后藤原賢子の安産を祈祷させたところ、無事男児を出産。

第二皇子の覚行親王を中興開山として入寺させ門跡寺院として復興。


そんな歴史を持つ九品寺。

明治の廃仏毀釈と神仏分離等により荒廃。
寺宝はメトロポリタン美術館に売却されてしまいました。


本堂。

ここの下にあるのが手水舎の名残。

どーにもならん。


すみませんすみません。


今はご住職さんがおいでのようです。


園部町のお隣の亀岡市。


穴太寺。西国三十三箇所巡りの第21番札所。


仁王門の横のお社で、ちびっこ狛犬くんがお迎えしてくれます。


まっつぐな龍くんも、お迎え。


三重県尾鷲市九鬼町の九木神社。

目の前が海なので、こうなる。


兵庫県姫路市の英賀本徳寺。

割と頻繁に見かける石棺のお手水鉢。


兵庫県たつの市の龍野神社。

龍野藩主脇坂氏の藩祖・脇坂保治が祭神なので、脇坂さんちの輪抜き紋がいっぱい。


京都府綾部市の八幡宮。

山家藩の陣屋そばに建つお社。


山家藩主・谷氏の家臣や住民の崇拝を受けていた八幡宮。氏子114戸。

しかし。

明治6年。財産及び社殿等の不設備を以て京都府は郷社であると認めず。

え。ハコモノないとあかんのかいっ。



昭和9年以後田畑山林約5町歩と金子若干併せて基本財産約1萬円を達成。ようやく昭和12年拝殿及び所属舎等が完成。



しかし、時は非常時へと突入。

昭和15年、紀元2600年の記念事業として前計画を認められ、住民一同の絶大な支援を集め、指定郷社の指令を受けて、社殿の上棟兼竣工式を成し遂げました。

そして終戦。

昭和26年法律第126号を以て宗教法人法が制定され、自然村社郷社の如き社格を示す従来の名称は廃止。



昭和27年宗教法人八幡宮としての証明書を神社庁より受け登記し、昭和28年京都府知事より認証を受けたのです。



こんな過去のある八幡宮。


大切に大切にされているのです。


ここが一番お気に入りの手水舎なのでした。



いつも応援いただきありがとうございます。長くなってしまい申し訳ありません。熊野では神話の世界が広がり、都に近くなると教科書に載っている人物が躍動し。それでもやはり寺社を大切に思う檀家さんや氏子さんがいなくては、荒れてしまうものなのですねぇ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

適材適所の手水舎

こんにちは。


某団体がかしましい和歌山県太地町。


惚れるのは後ろ姿で。怪我したら貴方の銛(もり)のせいです。


漁協直営スーパーの横に鎮座する飛鳥神社。

捕鯨は日本の古来からの文化。


突然、何のご用でしょう。
日々変遷しているのに一口に古典と言われるとはこれ如何に、とか、語りたいのですが。


取って欲しいと言わないで下さい。脱け殻でも、無理なの。


捕鯨の際に指示を出す狼煙を上げたり、日本初の常時点灯の燈明があったりする、燈明台。


そこには勿論、海運の神様、金比羅さんが鎮座。


海から見ても一目瞭然な高台にあります。


なるほど。重しが必要なのだ。


さて。摂津国に場所を移しまして。

大阪府茨木市上穂積に鎮座する春日神社。

茨木市は継体天皇陵があったり、中川清秀や片桐且元の所領だったところ。


なんと勢いのあるお手水でございましょう。


え。


見てしまった。男の子に間違いない。


あ。前足で隠したわねっ。


それは清水寺の音羽の滝。

三口飲めば死ぬまで長生き、という、あれ。死ぬまで長生きって、なに。



丹波佐吉の狛犬がいる摩気神社。


社殿ことごとく茅葺きの素晴らしい建物です。


は?


・・・ばっちいままでお参りしますよ。いいですか?


いや、佐吉狛犬様に泣かれると辛いです。



いつも応援いただきありがとうございます。自分の生まれ育った所の文化に自信がないのか、よく知らないからなのか、異国の友人に寺社や能楽・文楽・歌舞伎を説明するときにはすごく気をつかってしまいます。某国ではウサギさんを口にしますが、だからといって野蛮だとか可哀想だとかの感傷を持ってしまったら、その時点できっと、自ら壁を作ってしまっているような気がしてなりません。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼