FC2ブログ

洲本城東の丸。水軍を率いる頭領の城

こんにちは。


脇坂安治時代の石積がてんこ盛りの洲本城。



三熊山に最初に築城したのは室町末期の1526年。三好氏の重臣・安宅治興。

熊野水軍の頭領である安宅氏は、由良を拠点として島内八箇所に築城。
そのうちの一つが洲本城。

ポイントは、安宅氏が水軍の頭領であること。

治興→養子・安宅冬康→長男・信康→二男・清康。


安宅氏時代は、石山本願寺と対立する信長側につき、彼等の率いる淡路水軍は毛利水軍とも戦いました。

しかし、織田信長により淡路島攻略の命令が出されると、三好・安宅氏は永らく信長と対立。

松永久秀が信長に討たれると、安宅信康は本拠であった由良城を羽柴秀吉・池田元助らに明け渡し、 洲本城もこれに倣って開城(1581年)。

安宅氏時代は石垣の城ではなく、洲本城が現在の形となるのは、1582年に一瞬だけ入城した仙石秀久と、その後に入った脇坂安治の時代。


脇坂安治は淡路水軍を吸収し、洲本城を水軍の本拠地とします。


この淡路水軍は豊臣水軍の中核となり、北条氏の小田原城攻めで海上封鎖作戦を行い戦果を挙げました。


(クリックで拡大)洲本城概略図

洲本城は三熊山に作られた城。尾根の東西に拡がります。
北側には異国での戦いから学んだ登り石垣が東西に二本あります。

東側の構築物が一番最初に作られたとか。
まず、東端の東ーの門から入ってみます。


洲本から120m程の比高。

おんぶ~っと言いつつ、大手口まで車で来てます。へへ。


武者溜の広場。

ここに洲本城に勤務する武者さんがたむろしていたのかしら。


安宅氏は水軍の頭領。



石垣を増改築した脇坂氏の前に、ここ、三熊山に目をつけた安宅氏。
当然、城からも水軍の動向が見えるようにしたことでしょう。


当時のように樹木を伐採すれば、海が見渡せる位置。


馬屋、という場所からは南側の由良方面も見渡せます。


敵方の攻撃に備える為の城ならば他に適した場所があるでしょうが、淡路水軍を率いるには、ここが最適だったのですね。



いつも応援いただきありがとうございます。洲本城のある三熊山。先端はそのまま海。水軍さん達がこの海を動き回っていたかと思うとわくわくします。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

洲本城に磐座?巨石重なる城の鎮守。

こんにちは。


ごきげんよう。


淡路島の洲本城。

熊野水軍である安宅氏が1526年より構築したのは中世山城。
その後に洲本へ入り、石積を駆使して現在残る城を作ったのは脇坂安治。

脇坂時代の中でも変遷が見られる石積。ぶらぼー。


四苦八苦したんだろうなー。


石の天国。


大手側の虎口へつながる大石段。


めんどくさいです。


左折してー。


やっと本丸。


本丸を囲むのは、武者走台。


外側からは見えません。

天守台にそびえる天守は、昭和3年に作られた日本最古の模擬天守。


洲本城下が眼下に広がります。


阿波藩蜂須賀家の領地となった後は、下の城で政務を行いました。
筆頭家老の稲田家が城代となり、淡路島を治めます。

下の城と稲田家屋敷跡が見えます。


天守台から洲本城下方面の斜面には、一直線に並ぶ大きな自然石が。


一旦大手大石段を下りて、下から本丸の石積を見学。


崩れている方へ向かうと。


大きな石をそのままにして、石積を組んでいます。不思議な石。


うろちょろしている場所は3mほどの高さがある曲輪。矢印の方へ歩きます。


通路は石積になってました。


石積の下から石積。


戦国真っ盛りの脇坂安治時代。常に臨戦態勢?


八王子社、の鳥居があります。はてな。


ここは、八王子木戸、の名前の出入口。

私、北へ向かってます。山の下は洲本の城下町。


外側から見た。お向かいの石積の奥は、


東の丸の石積が連なってます。

さて。こっち側には、


びっくり。


脇坂時代には、これ、ありません。


現れたのは大きな石。


1526年。熊野水軍の安宅治興が洲本城を構築する際に勧進した八王子社。


・・・これ、磐座ですよね。


古墳とか磐座は、常にどきどきどき。

まぁ♪パワースポット~♪とかではなく、崩落せんかと、どきどき。


例え腰が引けていようとも。

ご神体は、さざれ石の巨石。


支え合う巨石。


一人は皆のために、皆は一人のために(違)。


怖いと言いつつ裏へ回り込むと、さらに巨大なさざれ石。


背中に冷や汗かきつつ、お参り。


洲本市のパンフには、蛇神様を祀る、とありますが。

この磐座は洲本城の天守台の真下の北側斜面にあり、一列に並んでいた巨石の一部。



安宅治興時代の洲本城は、石積ではなく中世山城の土の城だったことを考えると、ずっと以前から磐座は存在していたのではないかなーっと、からっぽ頭は考えてみました。


洲本城の面白いのは、戦国真っ盛りの脇坂安治時代の繰り返し強化した石積と、自然石の巨石群がごく自然に並んでいるところ。

うきうきです。


いつも応援いただきありがとうございます。洲本城のある三熊山の巨石群。お城を訪れた時は、ぜひこのお社にもお参りください。ぞわぞわしながら。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

さざれ石。洲本城の石の百面相

こんにちは。


ここは淡路島の洲本城。てへっ。


洲本城より見た洲本市。

1526年。安宅治興が構築し、後に脇坂安治が石積を設けた洲本城。

江戸期は、阿波蜂須賀藩から筆頭家老の稲田さんが城代としてやって来ましたが、その時は麓に政庁を行う「下の城」を作り、ここ「上の城」は棄却。


脇坂時代の様々な石積を観察出来ます。


にゅるん、としていたり、


ばしっとしていたり、


切り出したものの、残念ながら放置されていたり。


残念石、と言います。


大きさ比較。


防御に高さ不足と思ったのか、約4m拡張。
脇坂時代初期は、戦国の緊張感がばりばりです。


新築、増築、改築。


大手側(表玄関)の大石段。

この辺りは脇坂時代後期に改築しているのだとか。

誰か通らないかなーっと待っていたら、チェーンソーを手にした人が来て心底びっくり。
洲本城のお手入れをされてる方でした(;^_^A


大手側。石段を上った正面。玄関に魔除け。

搦手側(裏口)にもあります。


大手側。中に入ると

日本最古の模擬天守。必死に踏ん張ってます。

天守台の石積は

関ヶ原後の改築といわれ、角は「算木積」、面は穴太積。


東の丸では坂に合わせて斜めに上ってます。

東の丸は脇坂時代初期のもので、石積の高さも低く、本丸付近の石積とは様相が異なります。


一番古いと言われる部分。


ところで洲本城を歩いていると、真ん丸の石がころころ転がってるのですが。山の上なのに。


洲本城の石積に用いられている石の多くが「さざれ石」。


洲本城のある三熊山一帯の岩には、さざれ石が多く見られます。
石積は現場調達したようで。

さざれ石。
「学術的には『石灰質角礫岩』などとよばれる。石灰岩が雨水で溶解して生じた、粘着力の強い乳状液が少しずつ小石を凝結していき、石灰質の作用によってコンクリート状に固まってできる。」(wikipediaより)


君が代のさざれ石は、この固まったものではなく、小石のこと。


帰りに洲本八幡神社にお参り。


ごめんよー。


いつも応援いただきありがとうございます。洲本城はいろいろな石のお顔が楽しめるところ。ここも、「淡路島にも天空の城があったのだ」と売り出し中。竹田城のように手遅れになる前に、対策をとっておいて欲しいなぁと思うのです。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

晴れたら淡路島。あなごうまー。

こんにちは。


未年ですね。今さらですが。

未年なんて、丸めたコットンを飾っとけばいいでしょー!なんて言ったの、誰。

わたくし。


ころころしたもんが好きです。


この子とはおのころ神社で、出会いましたの。


親近感。

本日関西は晴天にて。晴れたら海でしょ淡路島でしょ。

ってことで。


やって来ました淡路島。


炭火焼きの穴子を白ごはんにのっけて、朝ごはーん。

香ばしーい。うまーい。幸せー。酒よこせー!


うるさいわねっ。

さて。淡路島といえば、何でしたかぁ~?

ちっちっち・・・はいっ。


そうですね、たまねぎねっ♪

今の季節は、若者のたまねぎさんでした。

葉っぱは切って鍋に入れてー。玉のとこはサラダでも焼いても、うまー。

淡路島のたまねーぎ、あまーいのです。


道の駅うずしおで、ご当地バーガー2013年優勝、2014年準優勝!の、あわじ島オニオンビーフバーガーを購入。

たまねぎ輪切りのフライ、淡路牛の甘辛煮、淡路島産トマトと淡路島のたまねぎのみじん切りを混ぜたソース、たまねぎチップ、たまねぎスライス、たまねぎピクルス、が、挟まれておりまする♪


これを渡れば四国なのね、と思いつつ。

とある駐車場で、あわじ島オニオンビーフバーガーに、かぶりつき。

なんかわからんけど、美味しいんです。


淡路島は瓦の産地でございまして。


ちょっとー、邪魔しないでっ。


そうね。大人げないですね。


許容範囲を超えたー!


そ、そうですか。


いつも応援いただきありがとうございます。大阪から徳島県に行くには、淡路島を縦断して鳴門大橋を渡ります。淡路島で下りたいなーっという欲求と必死に戦っておりましたの。今日は晴れ。晴れたら海でしょー!っと、淡路島へドライブでした。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

洲本八幡の金天閣。蜂須賀家の御殿です。淡路島。

こんにちは。


淡路島。


洲本市のマスコット、ポン太。


洲本八幡神社。


山門前の男前な狛くん。


柔らかそうなしっぽ。むふん。


ここから山の上にある古い方の洲本城が見えます。
ろまんてすとな吽ちゃんですねぇ。


におい嗅いでるだけかい。


失礼しちゃうわっ。



【由緒】
伝・淳仁天皇の創祀。

◇淳仁天皇(733年- 765年)

在位:758年9月7日 ‐764年11月6日
古文書では廃帝(はいたい)または淡路廃帝(あわじはいたい)。
諱は大炊、践祚前は大炊王。
天武天皇の皇子である舎人親王の七男(3歳で父と死別)。

「孝謙上皇・道鏡 VS 淳仁天皇・仲麻呂」

結果として淳仁天皇・仲麻呂が政争に破れ、天皇は淡路島へ流されました。


淡路島で他界し、淡路島に葬られた淳仁天皇。

淡路廃帝の記事はこちら→→→
淡路廃帝淳仁天皇と母の当麻氏




驚かさないで下さい。ぶさかわ阿くん。


見つけてしまった。


かわいい。

【創建】
990年。
「奇瑞を授けられた」という淡路国国司代・藤原成家(定家の同母兄)により、当国の安寧と繁栄を願い「淡路州神」と称え創建されました。

【祭神】
誉田別尊(応神天皇)、神功皇后(応神天皇母)、ヒメノカミ、クラオカミ(龍神)


無理です。


けちですが、なにか。


文化六己年五月吉日。石工は、伊右衛門 長全。


なんとこの子達、にひゃくちゃい。と、ちょっと。


1526年。熊野水軍の頭領の安宅治興が洲本城築城。

→安宅冬康→信康→清康

1581年。秀吉の淡路攻略。

仙石秀久(高野山へ追放)→脇坂安治→阿波徳島藩蜂須賀家の所領となります。

淡路島は、蜂須賀家家老の稲田さんが治めます。

ここ、洲本八幡神社は、藩主蜂須賀氏、家老稲田氏の祈願所となりました。


春秋の祭りの際には寺社奉行が遣わされる程の崇敬を受けました。


そして、洲本城は。


蜂須賀くんの徳島藩になった後は、山の上の戦うための城は不要となり、山の下に造られた洲本城(洲本御殿)で政務をとります。


現在は、資料館や裁判所が建っている下の洲本城です。


そして洲本八幡神社の境内には。


金天閣。
1641年に徳島藩主蜂須賀忠英(ただてる)が、三熊山山麓の洲本城内に建てた洲本御殿の一部。

洲本御殿の大部分は明治維新後に取り壊されましたが、この玄関と書院だけが移築され残りました。

江戸時代初期の書院造の建築物として貴重。

数度の移築で改変の跡はあるものの、内部は当時のまま。
黒漆塗の折り上げ格天井に金箔が施されていることから、金天閣。


それは違うでしょ。


蜂須賀くん。

私と同じく愛知県出身の蜂須賀くんには、とても親近感がもりもりです。


いつも応援いただきありがとうございます。明日から三連休なので、どこ行こーかしら?と思いつつ、朝になればぐーたらしてそうな予感がします。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

洲本城の変遷。安宅と脇坂と蜂須賀と稲田と。淡路島の復習。

こんにちは。

忠臣蔵のお話の時に出てきた赤穂城の開城受け取りは、だ~れだ。

龍野藩主・脇坂安照でした。
安照は播磨龍野藩の第2代藩主。龍野藩脇坂家4代。

安照は開城後、浅野長矩の次の赤穂藩主として永井直敬が赴任するまで、1年半の間、赤穂城の在番を務めます。

在番とは、そこに在って番をすること。

お留守番は龍野藩の家老など200名がおつとめ。

収城使・脇坂安照の龍野藩は赤穂藩のお隣。

播磨龍野・脇坂家墓所(高野山奥の院)

龍野神社の祭神は、脇坂安治。龍野藩脇坂家初代。



さて。お話を淡路島に移しまして。

淡路島は、菅浦に「舟形御陵」があった淳仁天皇が流されたところ。


宮内庁所管の御陵が淡路島にあります。


淡路島といえば、玉ねぎ。


そして、洲本城。


熊野水軍の頭領の安宅治興が1526年に築城。


三好氏の重臣であった安宅氏は、最初に由良、洲本、他6箇所に築城。

治興の後は、養子安宅冬康(三好長慶弟だが兄に誅殺される)→信康(冬康長男)→清康(同・二男)。

1581年。秀吉の淡路攻略。

安宅信康は本拠地であった由良城を秀吉に明け渡し、 洲本城もこれに倣って開城。

その後の淡路国には、仙石秀久(高野山へ追放)→脇坂安治。


脇坂安治くん、洲本城を大改修。
現存する石垣の大部分は、この時代に造られたもの。

もともと熊野水軍の頭領だった安宅氏。
彼等の率いる淡路水軍は、石山本願寺側で奮戦し、後に織田側につき織田水軍として毛利水軍と戦いました。

洲本城開城後も、ここには百戦錬磨の淡路水軍が残っています。


洲本城を改修したのも淡路水軍の本拠地とするため。


慢心はだめよ。


あーあ。


小田原城攻めの「海上封鎖作戦」を行い、戦果を挙げます。

脇坂安治は慶長14年(1609)までの24年間、ここ洲本城に在城しました。

1609年。脇坂安治は伊予に移り、藤堂高虎が預り、城代を置きます。
1610年。池田輝政が淡路国を与えられ、三男・忠雄が、まず岩屋城に、そして、由良城に居城します。


大阪城包囲網を作るためでした。

城主がいなくなり、洲本城は廃されます。


由良は、紀淡海峡に面し、海路を大阪に向かう船舶の監視に適した場所。


洲本城から見える由良城。


由良の高台から見渡せば、怪しい動きのお船も一目瞭然。


1615年。淡路国は阿波徳島藩主である蜂須賀至鎮へ加増され、蜂須賀家家老の稲田氏一族が由良城代となります。

このとき、淡路島を領する者が、本州側から、四国側へと移ったことになります。

しかし、由良という場所はどうも使い勝手が悪い。

由良城を廃し、洲本城に再び本拠を移すことを決定。


「由良引け」と呼ばれる、由良城下をごっそり全部お引っ越しの作業です。

1631年から1635年、なんと4年間もかかりました。

この「由良引け」で由良城は廃城、洲本城が淡路政庁と定められ、明治維新まで稲田氏が洲本城代を務めることとなったのです。


やがて上のお城は廃され、麓に政庁機能を移します。

以降、上のお城が使われることはありませんでした。


今は、洲本市立文化史料館や裁判所が建ってます。


いつも応援いただきありがとうございます。久しぶりの淡路島のお話。今回は主に洲本城の変遷をご紹介しました。今の季節の淡路島は、「三年とらふぐ」がうまいです。養殖ふぐは一年から一年半で出荷されるのですが、その倍以上育てられた三年とらふぐくんは、旨味が強くて、肉厚で、歯応えも感じられて、うまうま!なのです。味おんちな私でも、うめぇーっと思うほど。ヒレ酒もー。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

伊弉諾神宮でお参りしましょ

こんにちは。新年三日目ですね。


まっしぐらでございます。おほほほほ。

さて。本日はこたつから初詣。どぞー。

神生みを終えた伊弉諾が隠居する神社、淡路島の伊弉諾神宮。


お迎え狛犬。はりきっております。


清々しいです。


私ですが。なにか。


手水所の蓑亀様。冷たい水で二日酔いもすっきり。


ゆだんたいてき。


お賽銭はございますね?っと確認。


拝殿。この奥に本殿。


拝殿には、ぴゃー。文政生まれ。


ぴゃーの相方。訳知り顔。


私のお願いが全部かないますよーに。


中門。拝殿の奥にございます。本殿はさらに奥。

境内のお社にもお参りしましょ。


竈神社と根神社。
《祭神》竈神社:奥津彦命・奥津姫命、根神社:スサノオ

酒造や醸造の神社。災難除・火防の神。


左右(さう)神社。
《祭神》天照皇大御神・月讀尊。


黄泉の国から帰って禊をしたイザナギ。


左目を禊して、アマテラスが生まれ。


右目を禊して、ツクヨミが生まれたので、左右神社。


住吉神社・鹿島神社
農業守護と武運長久。


神と髪。だじゃれもまたよし。


ふんぬぅー!


ちょっとー!頑張んなさいよー!


いつも応援いただきありがとうございます。んまー、寒いですねー。耳も鼻も痛いくらいの冷たさで。あまりの冷たさに鼻水が垂れてても気がつかないです。京都市内は22cmの積雪。59年ぶりの大雪ですって。と、こたつで冬ごもりしながらニュースを見てます。おほほほ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

伝・淳仁天皇創祀。ちゃうちゃう狛犬とメーテル。まだ淡路島。

こんにちは。


洲本八幡宮。


ぽんぽこ話はひとまず終わりまして。


つい、かわいいもののいる方へ行ってしまいました。

ちゃんとお参りしなくちゃね。仏は祟らないが、神は祟るのです。(by厩戸皇子。←知ってる人は同世代♪)


洲本八幡宮=洲本八幡神社+国瑞彦護国神社。

ここでは洲本八幡神社を主に見学です。


【由緒】
伝・淳仁天皇の創祀。

◇淳仁天皇(733年- 765年) 在位:758年9月7日 ‐764年11月6日
古文書では廃帝(はいたい)または淡路廃帝(あわじはいたい)。
諱は大炊、践祚前は大炊王。
天武天皇の皇子である舎人親王の七男(3歳で父と死別)。

「孝謙上皇・道鏡 VS 淳仁天皇・仲麻呂」の、ひと。


淡路島に流され、淡路島で他界し、淡路島に葬られた淳仁天皇。

淡路廃帝の記事はこちら→→→
淡路廃帝淳仁天皇と母当麻氏を探してたまねぎ畑へ。



琵琶湖湖北の菅浦にある、舟型御陵。

淳仁天皇の舟型御陵の記事はこちら→→→
淡路廃帝は須賀神社の舟型御陵に眠るのか。湖北の菅浦。

(ここは本当に背筋がぞくぞくするほど素晴らしいところ。)


そして洲本八幡神社は、990年、淡路国国司代・藤原成家(定家の同母兄)に奇瑞を授けたので、成家により当国の安寧と繁栄を願い淡路州神と称え創建されました。

【祭神】
誉田別尊(応神天皇)、神功皇后(応神天皇母)、ヒメノカミ、クラオカミ(龍神)


江戸時代には、藩主蜂須賀氏、家老稲田氏の祈願所に。
春秋の祭りの際には寺社奉行が遣わされる程の崇敬を受けました。


へ?





桃色足袋まで履いて、ぶさかわ路線。

あれ、ちゃうちゃうちゃう?
ちゃうちゃう、ちゃうちゃうちゃう。ちゃうちゃうちゃうんちゃう?


ふぇろもんの意味は、増えるお笑かしホルモンじゃないですよ。


忘れたい、あなたのインパクト過大なお顔…。


ヅラ?


やめてー。品位が、ひんい、ひひひーん。


私が悪いのか。そうか。


文化六己年五月吉日。石工は、伊右衛門 長全。


で。えーっと、何を見たかったんだっけ?



おおおお!メーテル!!

青春の幻影を見てしまったので、今日はここまで。


参考文献
「洲本八幡宮参拝の栞」


いつも応援いただきありがとうございます。でっかい石の塊のような狛犬さん達。とてもとても大切にされています。それなのに、へんな顔して撮影するあほーな私。誰もいなくてよかった。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

ぽんぽこ!芝右衛門狸は大明神に化けて里帰り?淡路島。

こんにちは。


日本三名狸のひとり、芝右衛門狸。
洲本城がある三熊山に住んでた芝居好きのタヌキさん。


息子ポン太は洲本市マスコット。

こんなお茶目な洲本にある、洲本八幡宮。


はぁい。ばいばーい。・・・って、こらー。(お約束)


誰?


芝右衛門狸、いえーい!

頭に葉っぱをのっけてるように、この人は木の葉をお金に変えるのが得意。
大好きな芝居見物のため大阪の中座に通うときには、木の葉のお金で入場料を払ってました。
毎日木の葉が混ざれば、中座側も不審に思います。番犬を置きました。
かくして、芝右衛門狸はその番犬に襲われ、人々に殴られて命を落としたのです。




芝右衛門狸の死後、中座の客の入りが悪化。

「これは芝右衛門狸を殺した祟りじゃー!」

っと、中座に芝右衛門狸を祀ったところ、客足が戻りました。

戦後に再建された中座でも、奈落に「柴右衛門大明神」として祀られ、片岡仁左衛門、藤山寛美等多くの役者たちに厚く信仰されてきました。

が、中座は1999年惜しまれつつ閉館。

「柴右衛門大明神」は、芝右衛門狸の故郷近くの洲本八幡宮に遷座しました。

おかえり。

「芝右衛門の里帰り」もうひとつ。

三熊山の洲本城趾近くには、仁左衛門・寛美等の寄進により建てられた祠があります。ぽんぽこ!


いつも応援いただきありがとうございます。淡路島から浪速の中座まで大好きな芝居を見に行く芝右衛門狸、いじらしいタヌキさんです。中座の事件の噂が届き、そういえば三熊山から彼のぽんぽこ!っという腹鼓が聞こえなくなってるよ…と、洲本の人々はとても悲しんだとか。日本の昔話は悲しいお話が多いなあ。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。

洲本八幡神社で宝さがし。門前の狛犬。淡路島。

こんにちは。


芝右衛門狸と洲本城の遺構を探して、洲本をうろちょろ。


こちら様にたどり着きました。


困ったときは、八幡さんに聞きましょう。


砂まみれの汗まみれです。


龍さんですよね?


いつでも、きれいで、いたいからぁー♪


なんと立派な随神門と、お狛様。


筋肉質はお好みです。


真面目な狛犬が好きです。


お鼻の穴しか見えませぬ。へいへいほー。


こちらの真面目筋肉の狛犬様に聞きましょう。

洲本城の遺構はなーい?


昔を思い出して、ろまんてすとになってしまったので、さっさと先に進みましょ。





反対側は?





うーん。



とにかく、中に入ろう。




なんでなんかなー。


いつも応援いただきありがとうございます。洲本城の麓の洲本八幡神社。まだまだ続きます。今夜は会社のおじ様方と暑気払い。酔っぱらいのお馬鹿さんになる前に投稿だけして、っと。いざ、居酒屋!
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼