スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生野銀山へ避暑におでかけ

こんにちは。

今日も大阪は灼熱予報なので、


脱出しました。

まず出会ったのは


ちょーたんそくの狛ちゃん。

そして、


ちびちゃん・・・(T_T)


反対側にも、ちびちゃん。

やって来たのは、兵庫県朝来市の生野銀山。


こんなに離れていても、もう、冷たい風が吹いてきます。


避暑に来ました。


気持ちいいです。


這って進むしかない狭さです。


せ、狭いんです。


だんだん体が冷えきって参りました。

一年を通して一定の気温なので、坑道を利用してこんなものが。


宝の山です。


こっちはワイン。


採掘した石を運んだトロッコの軌道跡。


あきらめてどこかで一緒にあそぼ♪


いつも応援いただきありがとうございます。
暑いから、涼しいところへやって来ました。えへへへへ。しかし、出口から外へ戻ったときが問題で。ふらんふらんとめまいがするほど、暑く感じました。しばらく、ひやっこい風が吹いてくる坑道入口のベンチで、ぽーっとしました。ええ、ちょっと寝てました。だって出発が朝の5時。おほほほほ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

生野銀山!
金山、銀山、銅山
こういうのが大好物です。
その割に行ってないんだけど、こうして拝見させていただいて、有難いことです。
本当に、這って進むの??
それは結構怖い。
「入れて下さい」の狛ちゃん、いじらしくて涙が出ちゃう。
たぶん、そのうち、いつか、入れるよ~

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おおお、万見仙千代様の大好物でしたかー。よかったぁ。

江戸時代の掘ったとこがいっぱい残っていて、それはそれはすごかったです。

最終的には三菱さんとこが所有してほっくりほっくりしたので、近代的なものも展示されていましたが、やはり見所は手作業のとこ。

おでぶな私には通れない幅の、採掘跡です。

蟻の巣みたいにうじゃうじゃしていて、迷路みたいに混在してます。

手軽に見学できるので、石見銀山よりかえって面白かったですよー。

入れてください、の狛ちゃん。
かつては二人が向き合っていたのに、本殿に覆い屋が作られてしまって悲しいことに。

風が通らなくなったせいか、狛犬さんの傷みが激しいです。

二人を中に入れてあげて欲しいです。

No title

こんばんは~ご無沙汰してすいません。
すっかりサボリ癖がついてネットから離れてました^^;

洞窟?採掘場の気温の低さは自然の涼しさと違うから骨身にきますね^^;
可愛い狛ちゃ。戯れたい^^

避暑にぽちぽちぽちーーー★

ワインの試飲あり?

つねまるさん、こんばんわー♪

信長、秀吉、家康さんもホリホリした、生野銀山ですね。
風のうわさで聞いたことがあります!

この時期、10数度の別天地、入ったら出てこれないですね。
羨ましい!!

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ネットから離れた生活って、あれ?こんなにいっぱいいろんなことが出来てたんだねーっと思うことないですか?

たまには離れるのも、息抜きと現実生活に戻るのに必要ですよね。
うんうん、私も旅の間は少し離れてたので、わかるわかる。

リアル友達とギャーギャーするのは楽しいし。

私ねー、あんなに寒いとは思ってなかったんです。
十三度ってどれくらい?涼しいの?程度で。

だんだん骨身に染みて、さぶさぶーって。

時乃★栞様が暑さにのびてしまったのが、よぉーくよぉーくわかりましたよー!!

暑い⇒寒い、は、気持ちいいけど、寒い⇒暑い、は、どっすんっと体にきますね。
ほんとに、ベンチでへたれてました。

冬は豪雪なのかなぁ。
社殿をことごとく覆ってしまう必要があるなら、狛ちゃんも入れてあげてほしかったです。

壁を作ったせいで通気がかわり、ちび狛ちゃん、苔と劣化が激しすぎて。
明治かと思ったら、昭和10年。

涙が、ほろり。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そう、起源は大同2年。清水寺のご創建と同じ年と伝わる生野のぎんぎんですよー。

多田銀山、生野銀山、明延は錫、播磨と但馬の界隈には、いいものがざっくざくです。

みんなが場所とり合戦して、大変でした。

現地はほんとに涼しくて寒くて、でも気持ちよくて楽しかったです。

石見銀山と違って、つい最近まで採掘してたので整備されており、付き添いは必要ですが、バリアフリーなんですよ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。