よふど温泉でうだうだ。兵庫県朝来市山東町。

こんにちは。

突然ですが、


お刺身についてる、これ。お花。

ちゃんとしたお料理屋さんの時限定ですが、ちょっと好き。


友人にあまりにもびっくりされて、私もびっくり。


お宿の「The・朝ごはん」

ご飯の友だらけなので、二杯食べてしまった。


ごぼうと黒豆のカレー。

細かく刻んだ野菜がカレーであえてあるような、お野菜もりもりで美味しかったです。

これを食べたのは、


兵庫県朝来市山東町の、よふど温泉。


こーんなのーんびりした所です。

山東町には、素晴らしいお社があります。


但馬国一宮の粟鹿神社。


でかい木造の狛犬さんがいます。


當勝(まさかつ)神社。


お屋根をつけてもらった狛犬さんがいて、


社殿を飾る中井権次一統の彫刻群が素晴らしいです。

でも。

・・・今日は暑いので、ずーっと温泉でうだうだしておりました。



いつも応援いただきありがとうございます。
日曜日、京阪神は大雨洪水警報頻発の大荒れでしたが、うまいこと雨雲の隙間を走り回り、日焼け止めの分厚い壁を通り越した紫外線にやられました。ただ、湿気がものすごくて、三歩進んだら滝の汗。資料館や温泉でゆっくりしました。ほほほほほ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お邪魔します。
わあー 美味しそうなお料理づくしですねーー!
お刺身の横のお酒も相当気になりますが(^^ゞ
今年は育てているシソ、花が咲かずでショボンでございます~
狛犬様、お屋根つけてもらって日焼け防げますね!

直江様、ちらっと拝見出来て嬉しかったですが、
セリフ増やして~~でゴザイマシタ(/_;)

No title

こんばんは。

私も、紫蘇の花をお醤油に入れて食べますよ~
みんなそうするもんだと思ってたけど、やらない人もいらっしゃるんですね。
それにしても、美味しそうな朝ごはん。
あーあ、こんなの食べたくなっちゃった。
≪但馬国一宮の粟鹿神社≫
あわしか神社、で良いんですかね。
さすが、一の宮ですね。
≪いっただきむぁ~す≫のこれは、怪獣?蟹さん??
目がスゴイわねぇ。

悶絶

こんばんは。いつも樂しく拜見させて頂いてをります。

氣になる、氣になる、氣になります!
「香住鶴?」「快鮮冷酒」と見えますが、これは如何に。字を見るだけで刺身に合ひさうなお酒。これは如何に。しつこいですね、すみません。
これは氣になりますね。呑んでみたい!!!

もう一つ氣になるのが「ごぼうと黒豆のカレー」。
これ、牛蒡、黒豆、カレーと橘右の好物三點盛りではないですか、これ、あゝ、喰いたい!!!!(悶絶)

あゝ、丹波!!戻りたいです(涙)

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

直江様の無言の圧力で、殿はもごもごしてしまったのでしょうか。
ぜひ、直江状の朗読をあの美声でお願いしたいですねー。

お料理、特別手が込んでいるわけではないけれど、きっちりと作られていて、とても美味しかったです。

冷や酒をいただきたかったので、こちら。
アルコール度数は14度の、パンチの効いたうまさでしたよー。

シソの花、咲くんですね。

食べておいて言うのもおかしいですが、お庭のシソでも葉っぱしか見たことないです。

もう、あちーあちーだったので、日影から一歩たりとも出られず。
小さなおやねでも、狛犬さんの老化は確実に防ぐことが出来るかと思いますの。

紫外線大敵っ。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

シソの花を入れるのって、同年代の友人はしないんです。
えー!?これ、飾りでしょー!?って。
お刺身を大葉でくるむのも、えー!?って。えーっ。

旅館の朝ごはんはほんとに美味しいですね。
あちこちが魚臭くなるから自宅で焼き魚はめったにしないので、旅先の楽しみです。

粟鹿神社は、あわがじんじゃ、と読みます。すみません。

但馬国一宮は、ここと、出石神社が名乗っています。
祭神が、片方が日本、片方が渡来系の神様という違いがあります。

いっただきまーすの子は、獅子噛。

ししがみ、しがみ、というもので、だんじりの彫り物によく見られる獅子です。

時々、社殿をかみかみしてますのよ。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

んふふふふ。

香住鶴は但馬のお酒ですが、ふつーのは熱燗になるとかふざけたことを言われたので、ちべたいの!をいただきました。

アルコール度数14度なので、なかなかパンチのあるお味でしたよ。
むろん、からっからの辛口です。
生原酒とまではいきませんが、たいへんよろしゅうございまして。

ええ、あっという間に二本。

お刺身によく合いました。うまーうまーでした。

おっ。カレーまで、ありがとうございます♪

極細のゴボウを素揚げにしてアクセント。
炊いた黒豆の優しい口当たりがほっとしました。

玉ねぎ、ニンジン、鶏肉(だと思う)を細かく刻んで、炒めずに炊いた感じなので油っこくなくて、とってもあっさりとした美味しいカレーでしたの。

ルーじゃなくて、カレー粉とトマトの風味がする、手作りの美味しさが満点で。また食べたいです。

車さえなけりゃ、ビールをぐいーーーーっと。

あ、ここは丹波じゃなくて但馬でございます。ほほ。

丹波篠山から国道で柏原、氷上へ入って、北近畿豊岡自動車道で養父市まで行くと、早いし安いです。

大阪からだと、播但道を通るのはとても遠回り&お高い。

この辺り、橘右近大夫先生のお好みのものがいっぱいなんですよー!!
ネタバレしとくと、生野の変、ですことよ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼