スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山の官省符荘と九度山の真田信繁。お腹痛いの

こんにちは。

さて。高野山と丹生都比売神社(旧・天野社)と慈尊院。


三つを結ぶものは無論、空海の高野山開山ですが、


この人もいます。

関ヶ原後に高野山へ飛ばされた信繁親子。

女人禁制の高野山を降り、麓の九度山に移り住みます。


ものすごく山の中かというと、そうでもない。

北に紀の川が流れ南に高野山があり、わりとぺたんことした地形が細長く続きます。

九度山は、高野山金剛峯寺の官省符荘、つまり荘園。

寛弘元年(1004)に、寺田としての領有と臨時雑役免除の太政官符が出された事に始まる官省符荘は、金剛峯寺が直接治めます。

広大な官省符地を管轄したのが慈尊院に置かれた政所(後に高野山山上へ移動)で、官省符荘の鎮守として置かれたのが、現在の「丹生官省符神社」。


慈尊院の多宝塔横の石段の上に


鎮座してます。

官省符荘は天正18年(1590)に豊臣政権により一時没収されますが、改めて「寺領」としてほぼ同地が与えられます。

これは、江戸時代にも残りました。

そんな九度山に暮らした真田親子。


その地に残る、通称「真田庵」。


真田地主大権現の横に、父・昌幸の墓所。


紀伊国名所図絵「九度山地蔵堂/真田の旧跡」

矢印が、昌幸の墓所。

九度山に暮らした真田信繁の書状が、真田家ゆかりの蓮華定院所蔵のものとして高野山霊宝館に保管されています。


こんなお約束をしていたようですが、


真田幸村書状「天野社詣り断り状」

内容は、お約束してた天野社(現・丹生都比売神社)への参詣について、ぽんぽん痛くて行けないの、というもの。


・・・子供かっ。


天野社が鎮座する地もまた、官省符荘。



霊宝館の展示で見たとき、あまりにかわいい内容なので、にやにやしてしまいました。

「天野社詣り断り状」は現在、真田丸の特集展示でどこかを廻っているようですが、「焼酎のふたはしっかり閉めてね」の書状と共に、高野山霊宝館での展示が多いです。


いつも応援いただきありがとうございます。
信繁が九度山へ来るのはドラマではまだ先のことですが、既に九度山は盛り上がっております。高野山開山に係わり、素晴らしい社殿が残る天野社と丹生官省符神社ですが、この機会にもっともっとたくさんの方が訪れたらいいなーっと思います。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つねまるさん、こんにちわ~♪

暑くて窒息しそうですよー。37度とか言っています( ͒˃⌂˂ ͒)

真田庵の案内板が懐かしいです。
訪問した頃は、この地に幸村がいたと疑ったこともない純粋な少年でしたけど、
諸説があるようですね。

「天野社詣り断り状」とは面白い書状です。
配流者といっても、立派な市民権をもっていたと想像できますね。

大河では、この地での生活は一話で通り過ぎてしまうのではと
思いますが、如何でなのしょう^^

こんにちは

高野山行ってきました!
満願しました~

時間がなかったので奥の院のみなのですが
時間があったらつねまるさんのようにしっかりアレコレ見たかった(^^;)

標高あるし少しは涼しいかな?なんて思いましたが
9時過ぎるとどこも暑くなっちゃいますね(><)

丹生官省符神社

こんばんわ。
去年だったか、阪神百貨店で開催されてた高野山1200年展とかなんとか言うイベントで、この神社の写真も展示されてて、その一枚に、例のあの石が写っていたのですよ。
なんかの石碑の横に。

つねまるさんの行かれたときもありました?

ゆー様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おおおっ!いらっしゃいましぃ~!(誰)
よろしゅうお参りでございます。

暑かったでしょ?暑かったでしょ?
昼間はあっちーちーなんですよね、高野山といえども。
それでも日影に入ればマシな気が、する、と、思い込むしかないです。
うう。

朝イチ、夜明け頃なら涼しいですよ♪

高野山は奥の院こそ高野山らしいというか。
歴史や信仰がぎゅぎゅっと凝縮されているので、奥の院だけでも充分な気がしますの。

度重なる落雷と火災で驚くほど古い建物がないので、かえってびっくりしてしまいます。

毎日酷暑続きなので、お互い気を付けましょね。

猫舌=・ω・=様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ぎょ。

そうなんですよ、慈尊院で見つけて弾みがついたものの、神社の本殿界隈にはなく、境内社にもなく、なーんだ、残念だわっと帰ってきたら。

らんらんらーん。

面倒になって見に行かなかった、もうひとつの高野山町石の足元に、あの石があったのだーっと。

よそ様のブログ見て、知りましてん。

きいーっ。悔しいっ。

なのでお姉さま、機会がありましたら、慈尊院と丹生官省符神社の間の外の道にある高野山町石の足元、にありますので、ぜひ。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あっちーちーですねー!あはははは。
もう、笑うしかないです。

真田庵は、尼寺ですものね。皆、微妙に間違えているかと。
まぁ、徳川にはあまりよろしくないのもあるでしょうし、ここらはあたたかい目で見るのがいいですね。

高野山霊宝館で初めて見たとき、書状ってのにもいろいろあるのねーっ、霊宝館って真面目な仏像だけじゃないのねーっと、面白かったです。

信繁はここで子沢山になるので、さらっと流すかもしれませんねぇ。
昌幸の最期はしっかり描いて欲しいですが、寂しいだろうなぁ。

No title

こんばんは。
ブログの方ではご無沙汰しています。
高野山は毎年ほど行ってるのですが、
九度山の方はまだ行けてないんです(^_^;)
実は大河始まる前に訪れたい場所調べてたけど、
行けなかったので、
大河が終わって落ち着いた頃に訪問したいな♪
暑くない季節に訪問したい(笑)

毎日、暑い日が続きますが、お身体ご自愛下さい。

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

こちらこそ、こちらではご無沙汰してます。

九度山、ものすごいことになってました。
臨時駐車場を先頭に渋滞。いやはや。

真夏に行くもんじゃないですね。あちあちで、気もそぞろ。

高野山、行きはうねうね道を走るんですが、帰りは面倒になって480号線を走りまして。
いつか立ち寄らなくてはー!っと、思っていたのでやっと念願かないました。

柿の季節にいかがでしょ?

宙海様も、暑いですので、ご自愛くださいませ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。