高野山奥の院の石塔。搬入方法と高麗陣敵味方戦死者供養碑

こんにちは。


高野山奥の院。中の橋。


「紀伊国名所図絵」で数頁に渡って同じような絵が続くほど


無数の供養塔が立ち並んでおります。

図絵でも現地でも、松平、松平、松平。

素朴な感想「松平ってほんっとに全国にいるのねー」。


肥前島原松平家。


奥の院の供養塔は、江戸期の大名家が大半。

「藩の数は徳川家、御三家を含め259ありますが、そのなかの109の大名が高野山に供養塔を建てています」(「わかやま観光情報」)



石の裏側に刻まれた石屋の名前から、大阪16、泉州3、江戸2。


紀伊国名所図絵。「大石塔を運ぶ」図。

巨石に担い棒をくくりつけ、前後36人、合計72人で運んでいます。

これはたいへん。


【慶長3年(1598)】

3月15日。醍醐の花見。


花咲か爺さん by 秀吉。

8月18日、秀吉死去。

9月7日。方広寺東方の阿弥陀ヶ峰麓に鎮守「八幡大菩薩堂」と称する社が建築開始(『義演准后日記』慶長3年9月7日条)by 木食応其上人。


異国の地では。


10月15日。秀吉の死を秘匿したまま五大老による帰国命令の発令。

同命令を受け、小西行長は明軍と無血撤退の約束を取り付けるも、海上封鎖による妨害を受け苦戦。

島津軍の引き揚げ船団の合流(露梁津の戦い)後、帰国。


【慶長4年(1599)3月】

三成、亡き母の菩提を弔うため焼失した経蔵を再建。


奥之院経蔵は弘法大師御廟に向って右(矢印部分)。

経蔵の内部に、本尊文殊菩薩騎獅像と八角形の回転式輪蔵、高麗版一切経6285帖(現存・重文)。

この頃、都では。

4月13日。秀吉の遺骸を伏見城から阿弥陀ヶ峰山頂に埋葬
4月16日「豊国大明神」の神号付与
4月18日「遷宮の儀」、八幡大菩薩堂は「豊国神社」に改称。


6月。

帰国した島津義弘・忠恒(家久)父子。

高野山奥の院へ、敵味方の双方の戦没者の霊を慰めるために供養碑を建立。


「高麗陣敵味方戦死者供養碑」

島津家墓所の一角。

石材は琉球石。
高野山にあるはずのないこの石は、島津家が運び入れたもの。


いろいろな感想があるでしょうから、碑文は各々で読んでくだされ。



戦の最中は敵味方に分かれて戦っても、死した後は敵味方の区別なく同じように極楽往生されるという「怨親平等」とは、仏教の教え。

再び注目されたのは、明治。西南戦争の頃。

明治20年(1887)発足の日本赤十字社の前身「博愛社」の設立趣旨

博愛社設立趣旨(規則第4条)
「敵人ノ傷者ト雖モ救ヒ得ヘキ者ハ之ヲ収ムへシ」

に繋がるものとして、この供養碑は、国際赤十字社に加盟する際の加入根拠として利用されました。

⇒⇒⇒敵味方供養碑と赤十字
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-248.html

「博愛精神」なる西洋的なものに、神仏分離と廃仏毀釈に苦しむ仏教界が「それなら、昔からありますよ」と光明を見出だした感じがしないでもない。


いつも応援いただきありがとうございます。
2年前に記事にした時は碑文がわからなかったので、再び書いてみました。前記事を読むと、今より素直な私がいる。はずかしー。供養碑と碑文については、まあ、いろいろな解釈があるので、私見は控えます。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~~

あぁぁ~~当時の自分のコメントが理屈っぽくて恥ずかしい!!

やっぱり素直な感想・感覚で書いたものって照れくさいけどいいもんですね^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うふふふ。そう、2年前といえども死ぬほど恥ずかしいもんですね。

自分を作っている部分があるなぁーっと、顔から火が出ます。

まあ、素直にいきましょ。
もっともこれも数年後に見たら死ぬほど恥ずかしいのでしょうけど。
おほほほほほ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼