真田丸第30話「黄昏」醍醐の花見と秀吉の負修羅扇

黄昏。


道東のたそかれ。

「誰そ彼」

あなたはだぁれ?

親から言われた一番残酷な言葉でしたが、こんにちは。

今回は秀吉の醍醐の花見等でした。

慶長3年(1598)3月15日。

今日太閤御所渡御せらる。女中御成あり、終日花御遊覧す。路次茶や以下の結構、筆舌に尽くし難し。一事の障害なく無為に環御せらる。(『義演准后日記』)


ドラマでは花咲か爺さんと化した秀吉ですが、

今回のヒットはこちら。



「なんで負修羅扇やねんっ!」

負けとるがな、あかんがな、とほほほ。

・・・なんのこと?

秀吉が手にしている扇。

実は、能で用いられる扇の図柄のひとつ、「負修羅扇」。


【能の曲目分類】

能は、シテ(主役)の性格で「神男女狂鬼」の五つに分類されます。

上から順に、一番目物、二番目物・・・五番目物。

《神》「脇能」シテ:神。
別格の「翁」の脇に演ずるから脇能。天下泰平国土安穏を寿ぐ曲。

《男》「修羅能」シテ:武将
勝修羅と負修羅がある。修羅道の苦しみを主に訴える曲。

《女》「鬘能」(かづら/かつら)シテ:女人、公達、天人等。
いわゆる「能らしい」曲。

《狂》「雑能」物狂・執心・怨霊等、他に分類出来ない雑多な曲の何でも箱。
芸尽くし『花月』、斬合『夜討曽我』、巫女『巻絹』etc.

《鬼》「切能」シテ:鬼・天狗・天神・雷神・龍神など。
一度のプログラムで数曲ある時、最後に演じられる曲。

別名、鬼畜物。←情緒のない私、お稽古は今ここ。


例えば


吉野の花見で演じられた「源氏供養」は

シテが紫式部。《女》「鬘能」三番目物。


竹生島の龍神と弁財天が現れる「竹生島」は

後シテが神様なので、《神》「脇能」一番目物。


安宅の関を通る義経一行を描いた「安宅」は

武人だけど生身なので修羅道に落ちておらず、何でも箱の雑能。四番目。


飛火野の鬼神を描く「野守」は、そのまんま。《鬼》「切能」五番目物。


【修羅物ってなんだー】

修羅物のシテ・武人が行うのは戦。

戦には勝者と敗者があり、それぞれ「勝修羅物」と「負修羅物」。


「勝修羅物」

「田村」「箙」「八島/屋島」の三曲のみ。これ以外は全て負修羅。

用いる扇は、


勝修羅扇。図柄は「老松に旭日」


「負修羅物」

能は「平家物語」を題材にした曲が多い。
するとシテは、死後に修羅道に堕ちた源平の武将となります。


修羅道の苦しみと悲しみを訴える曲です。



『朝長』『実盛』『頼政』『忠度』『俊成忠度』『清経』『通盛』『敦盛』『生田敦盛』『知章』『経政』『兼平』『巴』。

どうでしょう。皆、「平家物語」の源平双方の敗者です。

用いる扇は、


負修羅扇。図柄は「立波入り日」

屋島の戦い、壇ノ浦の戦いと続けて敗北し、海に消えた平家の公達を連想するような図柄ですね。


こんな背景があったので、今日の大河で私が突っ込んだ


と、なるのでした。


いつも応援いただきありがとうございます。
ストーリーもぶっ飛ぶツボでしたが、思うに、大河の小道具さんに能の好きな人がいるのではなかろうかと。家康が持つ扇が、観世流の仕舞扇から勝修羅扇に変化したらビンゴです。しかしまぁ、顔色がいいね、っと安心していた三成達をどん底へ落とした茶々さんの「無邪気」。これは何なのでしょうねぇ。怖いわぁ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

m(__)m

\(^o^)/
あなたはだぁれ?・・・麻呂の場合は、どこかの「親切なおっちゃん」でした・・・死ぬまでしばらくの間続きましたが。

能・狂言は、約半世紀前に教科書とかいう書物で習ったことと、10数年前に「大阪城の薪能」見たぐらいです。

テレビの小道具で判断できるって・・・凄ーい!

無責任男 拝

No title

負修羅扇
まあ、そんなことになってるんですか!!
いやあ、勉強になるわぁ。
やっぱり、秀吉と豊臣家の将来を暗示してるのかしら。
源平双方の敗者の中では、『朝長』が一番心に残るのよね。

No title

こんばんは

うちは全く話せなかったので・・・判ってくれていると信じたいのが身内の心情です・・・

さすが、つねまる様の着眼点は違います^^
自分なんか「ももすけ」だし,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!

能の観点から見ると、大河って実に細かく小物にまで気配りしてるんですね。

自分も茶々が怖かった^^;
ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんはー☆

能に詳しいつねまるさんの解説で、
大河の小道具の意味もわかってさらに面白くなりますわ(o´ω`o)

わたしは秀吉が平氏を称した時期があったので、
それで負修羅扇の扇なのかなぐらいしか考えていませんでした(ノ∀`)(笑

琵琶湖の竹生島には二度ほど訪れましたが、
龍神と弁天の神社とお寺があって興味深い島でした♪

minekazeya様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

大阪城薪能は、毎年大がかりな番組ですね。
確か、太閤能の吉野詣か何かが上演されたこともあります。

どたばたする動きが多い修羅物は、初心者の頃に習うもので、先生や諸先輩方から負修羅とはーっと説明を受けまして。

絵柄のある扇は諭吉が数人飛び去りますので、本番で先生からお借りした扇をしげしげと眺め、うふふ♪っと嬉しくなります。

なので、負修羅扇は一目でわかるものでして。ほほ。

既に負けとるがな、っと突っ込んだ次第です。えへー。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

普通なら花見の場面には、お花の扇を用いるところが負修羅扇だったもので、そそくさと記事にしてみました。

家康が持っている扇については過去記事に書きましたが、その時は、偶然かなー?っと思っていたものの、何だか面白いことに。

朝長をご存知とは、嬉しいです♪
さすが万見仙千代様です。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

百助、ももすけ。私もー(* ̄∇ ̄)ノ

ぼーっと見ていたら、あちょー!って具合に現れた扇。
小躍りしましたとも。

花見だから桜の扇、ではなく負修羅扇ってとこがすごいです。

実は家康の扇が、絵柄は同じながら黒骨のものにチェンジしてます。
これがどうなっていくのかワクワクです。

Twitterでは、百助ちゃんがパン○ースを着けているぞ、おい!っと話題に。
作る人は大変ですね。

七森様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

小道具では、謡本が昔のままの和綴本なので時代劇に頻出してます。

記事中で触れたように、残念ながら負修羅物には、源氏も平家もありますの。面白いですね。

修羅道では、矢が雨のように降ってきたり、熱かったり、とっても大変だーっとシテさんが言っています。

竹生島、いいですよね。
お船で行く風情が好きです。

能「竹生島」では、真野から竹生島までの光景が謡われていますが、今も残る景色があって、とても楽しいですよー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼