スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田丸第31話「終焉」神となった秀吉と高野山豊臣家廟所

こんにちは。



慶長3年(1598)8月18日、秀吉死去。

9月7日。木食応其上人により、方広寺東方の阿弥陀ヶ峰麓に鎮守「八幡大菩薩堂」と称する社が建築開始(『義演准后日記』慶長3年9月7日条)。

慶長4年(1599)。
4月13日。秀吉の遺骸を伏見城から阿弥陀ヶ峰山頂に埋葬
4月16日「豊国大明神」の神号付与
4月18日「遷宮の儀」、八幡大菩薩堂は「豊国神社」に改称。



木食応其上人とは、秀吉の高野山攻めの折の仲介者であり、秀吉が帰依した高野山の僧。


【秀吉、神となる】



慶長4年(1599)4月16日。
自身を八幡神(新八幡/いまはちまん)として神格化するよう遺言した秀吉に与えられた神号は、「豊国大明神」。

この理由としては、八幡神は皇祖神であるから勅許が下りなかったとする説や、吉田神道による運動の結果とする説があるそうで。

ちなみに「大明神」とは、吉田神道では最高の神格

吉田神道とは、貞観元年(859)藤原山蔭が一門の氏神として奈良の春日大社四座の神を勧請したことに始まる吉田社を中心とし、卜部氏(後の吉田家)が神職を相伝した神道。


吉田神道について詳しくはこちら

⇒⇒⇒吉田神道とは?
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-697.html

⇒⇒⇒吉田神道の戦国・桃山時代
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-698.html

⇒⇒⇒梵瞬とサルとタヌキと大僧正
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-700.html

⇒⇒⇒吉田神道の江戸時代
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-705.html

⇒⇒⇒神社商売と伊勢のリベンジ
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-695.html



「都名所図絵(天明6年(1786)版)」より、吉田社(吉田神社)。

細川幽斎の従兄弟にあたる吉田兼見は、

織田信長の推挙により堂上家(家格は半家)の家格を獲得。
近衛前久に家礼として仕えたり、明智光秀と深い親交があったり。

豊臣秀吉の庇護のもと、弟・吉田梵舜と共に豊臣家の宗教顧問としてあちこちで活躍。

ここで、キーマンとなるのは、弟の吉田梵舜(ぼんしゅん)

吉田家の次男は氏寺の「神龍院」に入る習わしに従い、梵舜も仏門に入りました。

梵舜が天正11年(1583)から最晩年の寛永9年(1632)まで綴った『梵舜日記』(別名『舜旧記』)は、豊臣から徳川へ移り変わる時代の資料として貴重。



洛中洛外図の一部。

方広寺大仏殿と豊国社(豊国神社)
大仏殿の後ろに秀吉の慰霊を祭る豊国廟と参道

※「廟」は墓ではなく神を祀るところ。
 秀吉は、「豊国大明神」になったので、ここ。

豊国社の社務職は、吉田兼見の孫で養子の萩原兼従。
豊国社の神宮寺の別当は、吉田兼見の弟・梵舜




神となった秀吉「豊国大明神」を祀る豊国社ですが、


元和元年(1600)大阪の陣により、豊臣家が滅亡。

徳川家康の意向で後水尾天皇の勅許を得て豊国大明神の神号は剥奪。
秀吉の霊は「国泰院俊山雲龍大居士」と名を変えられ以後仏式で祀ることなります。(wikipediaより引用)

そして、豊国社は、

「元和五年九月十八日梵舜、取毀を神璽に告げ、終に神社を妙法院に引き渡す。爾来荒廃して叢となる」(『豊国神社誌』青山重鑒/大正14年)

という、徹底的な迫害を受けます。

詳しくはこちら⇒⇒⇒梵瞬、天海と勝負
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-700.html


天明6年(1786)版「都名所図絵」。

方広寺大仏殿図に、豊国社の形は見えません。


大仏殿の片隅に「秀吉公塔」と記された石塔があるのみです。


【秀吉と高野山】


高野山奥の院。


右端に見えるのが、大師廟へ続く「御廟橋」。


大師廟に近い一等地です。

もう少し拡大。


「太閤秀吉」と記された五輪塔。

左から、大納言北方(?)、大光院殿、秀吉、春巌院□□、秀次公。

「大光院殿」は、弟の大納言秀長。

「春巌院□□」は、母の大政所の法名?

そして、右側に、石田三成。


現在は、「豊臣家廟所」として整備されています。


背後の大きなものは、昭和14年に京都の豊国廟から霊土を移して建立された秀吉の五輪塔。

名所図絵には「太閤秀吉」と書かれていますが、この新しい五輪塔が出来るまでは「高野山に秀吉の墓所はない」ことになっています。

何故なのかしらねぇ?


向かって右端に並ぶ2基は、弟の「大納言秀長」夫妻とか。

秀長は「大光院殿前亜相春岳紹栄大居士」

妻の供養塔に「大納言北方 慈雲院芳室紹慶 逆修 天正十九年五月七日」。

そしてなぜか、図絵では右隣にあった三成の供養塔はここにはなく。


豊臣家廟所から、大師廟と反対側へずーっとずーっと


中の橋を越えて、


石田三成の「逆修墓」です。

「天正十八庚寅/宗応逆修/三月十八日」の銘。

「宗応」とは石田三成の法名。この時三成、三十歳。

天正18年(1590)3月といえば、小田原征伐の開戦直前。


関係ないですが、すぐ近くに「伝・明智光秀墓所」

しかし、何でここ。
豊臣家と引き離されたのかしら?


可哀想に。


「都名所図絵」
国際日本文化センター/都名所図絵データベース
http://www.nichibun.ac.jp/meisyozue/kyoto/c-pg1.html

「紀伊国名所図絵」
国立国会図書館デジタルコレクション
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2563500

その他参考文献は各々の記事に明記済


いつも応援いただきありがとうございます。
吉田神道のお話を、香川県の白鳥神社のところでせっせと書いていたので、自分のブログながら行方不明。ほほ。検索しちゃった。おほほほほ。そしていつまでたっても高野山から離れられないでおりますの。奥の院の地図と名所図絵とにらめっこ。まぁ、信長の墓所も最近発見されたそうですし、時代によって隠したり表に出したりと奥の院も案外落ち着かないものなんですね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして、steinと申します。

真田丸見ております。ここのブログは初めてですが、歴史に対しての真摯さが伝わってきますね。

秀次事件ですが、あれは何故、あそこまでの惨劇になってしまったのか。駒姫が哀れでなりません。

これからも、宜しくお願いします。

No title

こんばんは、kotodayoriです。

いつもブログへの、ご訪問ありがとうございます、暑さも盛りですね、熱中症など気を付けてください。

昨夜の真田丸、見ました。一人の人間としての秀吉の最期と、いろいろな思惑が動き出すところが、うまく描かれていたと思っています。
でも豊国廟の歴史については、NHKもうまく伝えていませんでしたね、ドラマ終了後のあの短い時間では、無理なのでしょうね。

また、よろしくお願いいたします。

stein様

こんにちは。はじめまして。コメントありがとうございます。

おほめの言葉をいただき、とても嬉しいです。

あちこちへドライブするのが好きなだけで、歴史については全くの初心者なので必死に調べております。

お尻に火がついて炎上の日々です。

秀次事件の経緯は結局本人達にしかわからないでしょうが、ドラマで描かれていたように些細な行き違いが重なったことも要因な気がします。

こちらこそ、何卒よろしくお願い申し上げます。

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

毎年こんなに暑かったかなぁ?と思いつつ過ごしております。
暑いというより、「熱い」ですね。

一人の老人の最期と、身近な人達の感傷と思惑。
さりげなく描かれていることも多く、とても良かったですね。

茶々が見たくないと言っていた気持ちが自分と重なってとても悲しかったです。

豊国廟の歴史については、時間の制限で残念でした。
でもあの五百段以上の石段を上った画像があったので、ちょっとお得な気分です。

土曜日に京都国立博物館へ行ったとき、あわよくば・・・と思いましたが、あの灼熱地獄では無理でした。とほほ。

kotodayori様も熱中症等にお気をつけあそばして。

こちらこそ、またよろしくお願い申し上げます。

No title

こんばんは。

三成墓所、何故に引き離されたんでしょうね。
あれだけ、身命を賭して豊臣家に尽くしたのに。
家康さんに、追いやられたのかしら。

≪時代によって隠したり表に出したりと奥の院も案外落ち着かないものなんですね。≫
そうなんですねぇ。
高野山といえども、世俗の世界とは無関係ではいられなかったってこと?

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

紀伊国名所図絵が嘘を書いているとも思えないですし、三成の墓所周囲が新しいので、何かの意図があって移動させたのかなぁ?と、不思議です。

高野山攻めに積極的だった信長の墓所が近年まで行方不明、もしくは、ない、とされていましたし、名所図絵にははっきりと描かれていた秀吉の墓所も、ない、ことに。

いつか記事にしようと思ってますが、高野山に現在も残る徳川家廟所と併せて、東照宮が設けられていました。
家光の時代です。

奥の院の墓所名を見れば一目瞭然なように、大名達が競うように五輪塔を建てたり、各大名家の契約宿坊があったり、中世から江戸時代にかけての高野山の繁栄に徳川家は大きく関わっています。

そうねー。露骨なところでは。

春日局の供養塔は、大師廟のめっちゃ近くの一等地、とか。
お江の方の供養塔の石は一番でかい、とか。

霞を食べて生きていけるわけではないので、おや?おや?って疑問に感じますよねー。

あー、また行きたくなっちゃいます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。