丹生都比売神社(6)合祀された境内社の佐波神社

こんにちは。

さぁて。神仏分離の後に来るのは、神社合祀です。

丹生都比売神社境内にも、あります。


それが、楼門に向かって左側の佐波神社。

二つ鳥居は、高野山町石道と天野社(丹生都比売神社)との分岐点。


もしゃもしゃの中。



明治時代に、上天野地区のお社を合祀したそうです。


何柱が合祀されたのかはわかりませんが、かわいいお社です。


もし、毎日「こんにちは♪」とご挨拶している神様が、無理矢理合祀されてしまったら。

空洞になった元のお社の鎮守の杜は二束三文で売り払われて、社殿はどこかで薪になってしまったら。

悲しいな。

それが、神社合祀というものです。


あ、狛ちゃん?


こ、こ、こ、こまぶーさん?


木像のかわいい子です。


やけ酒ですか?


素朴なのに、見る角度によって表情が変わる気がします。


きゃっ。


えーっと。山犬?



狛犬さんがどこから来たのか、あるいは新しく作られたのかは不明ながら、ちゃんとお社と神様をお守りする狛犬さんがいるのは、何だか安心。


あっちこっちにセミの脱け殻、の季節です。

さて、上天野地区の合祀先がここなら、下天野地区は八幡神社。


明治41年、村内無格社5社を、当神社に合祀。


⇒⇒⇒記事はこちら→→下天野の八幡神社
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-958.html



二つ鳥居は、

慈尊院から始まる高野山町石道より丹生都比売神社へ至る分岐点。

下天野の八幡神社は、かつては本地堂・神宮寺があるお社だったようです。



明治の神仏分離で本地堂・神宮寺は廃され、仏像などは下天野延命寺に遷座し、現存するそうです。

阿弥陀如来坐像(平安前期):下天野八幡社本地堂旧仏と推定(「八幡寺旧蔵仏像仏具移転目録」、「本地堂古仏修復勧化帳」元禄17年)

十一面観音立像(平安前期):下天野八幡社神宮寺旧仏と推定(「八幡寺旧蔵仏像仏具移転目録」)

観音菩薩立像(平安前期):下天野八幡社神宮寺旧仏と推定(「八幡寺旧蔵仏像仏具移転目録」)

持国天・多門天立像(ニ躯、平安前期):下天野八幡社神宮寺旧仏と推定(「八幡寺旧蔵仏像仏具移転目録」)

「がらくた置場」minaga様より引用
http://www7b.biglobe.ne.jp/~s_minaga/sos_amanosya.htm


いつも応援いただきありがとうございます。
思いがけずかわいいちっちゃな狛犬さんに出会えて、とっても幸せ。素朴な可愛らしさが何とも言えない、味わい深い子達でした。分離前の下天野の八幡神社神宮寺にまつられていた仏様達がご無事なのは何よりです。しかし、個人で、集落で守っていく難しさは今後もっと現実的になっていくと思います。せっかく難を逃れた大切な仏様の保護を真剣に考えなくてはならないけれど具体的にどうするのか。大きな課題です。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つねまるさん、こんにちわー♪

神仏分離については、素人にも想像つく単語であり、目的も解る気がします。
しかし、神社合祀とは、その内容は解っても、目的が素人にはわかりません。

仏門の意見を通した施策だったのでしょうかネ。

No title

こんにちは。お邪魔します。
木像の狛犬様、可愛らしくて不思議なお顔されてますね。
無理やりの合祀でどれだけ大切なものが失われてしまったかと思うと悲しいですね。。
今でも、許可が降りているのでしょうが、商店街に祀られていた古いお稲荷様や道祖神がマンション建設の為撤去されたりしているのを見ると心が痛みます。

No title

こんばんは、kotodayoriです。

いつもブログへのご訪問、ありがとうございます。

丹生都比売神社は、葛城山系と大峯山系の双方の修験者達が交差する場所だったのですね、何かその要所としてのなごりがありそうですね。
そして、文保3年の大峰修験者が180名もの大集団だったとは、当時の信仰の深さを感じます。現代では考えられないですね。

また、よろしくお願いいたします。

がらくた置場

おはようございます。

「がらくた置場」は、私が廃仏毀釈を勉強するきっかけになったサイトです。たまたま私が調べていたことが、このサイトにしっかり記されていたので、それ以来何度も訪問し、時々私のブログ記事の参考にさせていただいています。

とは言いながら厖大な記録をまだまだ読み切れていないので、紀伊天野社の記事は未読でした。私もいずれ訪問したいところです。

昔の図会や古文書の原文なども多くて、「塔」を持っていた寺を調べる時の必読のサイトですね。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

明治に新しく付された「府県郷社」に各々対して公費から支出がされたため、それを削減するために行われたものです。
一方、廃された社の鎮守の杜等は売却できたため、数百年も守られた古木の森や貴重な社殿等の文化遺産が失われ、南方熊楠の反対運動へとつながります。

仏門はここでは関係なく、神仏分離で神社がうはうはだったかというと全く違う経緯をたどることになってしまいました。

三重県、和歌山県、大阪府で特に激しく行われているので、これからの神社巡りのテーマにしたいです。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

不思議なお顔の狛犬さんですよねー♪
合祀された側の子だったのかはわかりませんが、かわいいかわいい。

現在撤去されるお稲荷様や道祖神、どこへ行っちゃうんでしょうね。
せめてどこかの神社へ移されているといいのですが。

南方熊楠が「信仰心も、風習も、日本人の心も奪われた」と言っているように、神社合祀によって身の回りの祠などが失われたことで、それらを当たり前に大切に思う頭の構造が丸ごと消えてしまっているのかなぁと思います。

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

犬も歩けば山伏にあたる、程に多数の修験者がいたことは、狂言等の芸能や、神仏分離時の修験道の消失で散見されます。

紀伊山地の山奥の細い細い道が消えることなく、数百年間も維持されてきたのは、この大勢の修験者達が往来したからなのかなぁと思います。

文保3年の大峰修験者が180名もの大集団だったのは、どこかのお寺の修験者の団体が遠征してきたのかもしれませんね。

大峯山は今でも女人禁制の山なので、当時の様子を感じることができて面白い所です。

さすがに酷暑になりましたので、お互い気を付けて散策しましょうね。
こちらこそまたよろしくお願い申し上げます。

しばやん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

「がらくた置場」様は膨大な図録と、ご指摘の昔の図会や古文書の原文等、すごい量と質ですね。ありがたいなぁと思います。

神社仏閣を訪問したら「がらくた置場」様のサイトを覗くようにしておりますが、何も疑問を持たなかった場所が実は、ということが多くて、とても勉強になります。びっくりです。

紀伊天野社、慈尊院、丹生官省符神社、勝利寺などと高野山をセットに回りましたが、とても面白かったです。

根拠を調べきっていないので個人的な感覚ですが、高野山周囲の神社の本殿が皆、朱色や水色等を多用したきれいな装飾で包まれているのは、やはり仏教と深い関係があるのかなぁと感じました。

あ、丹生都比売神社へおでかけの際は、九度山方面は山道なので、笠田駅辺りから南下している480号線(高野山へのバス道)から4号線で東へ入ると、道が広いです。

質問させて下さい

こんばんは。いつも樂しく拜見させて頂いてをります。


佐波神社は神仏分離で合祀されたと言ふことですが、元々「佐波神社」と言ふ名のお社があつたと言ふことでせうか。

なぜ、このやうな質問をしたかと言ひますと、神奈川縣に「鯖」「佐婆」「左馬」「佐波」で「さば」と讀むお社が十數社ありまして、全國的に見て、この地域にしかなく、しかも集中してゐるのが大きな特徴ださうです。
こちらは、鎌倉に居を構へてゐた源義朝に關聯してゐるとされてをります。義朝が左馬頭だつたことに由來するとか。
こちらにも八幡社があると言ふことは何らかの關係があるのかなと思つた次第です。
神奈川の鯖神社へは今後お参りしてみようと考へてをりますが、駅から遠くて・・・。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お訊ねの佐波神社の件ですが、同じ内容に行き当たり、私も探しておりまして。

なにぶん、合祀されて消えた神社は跡形も残らない現状があり、郷土史の中のさらに奥底に隠れておりまして。

かえって、熊野や田辺地域ならば熊楠の研究でほいほいと出てくるものですね。

県をまたぐと図書館がとおーーーーいです。

No title

こんばんは。

いや、これはどう見ても 「狛ブタさん」 でしょ。
本当に様々な狛さんがいるもんだわ。

≪神仏分離の後に来るのは、神社合祀≫
そうなんですね・・・
ワンコと散歩をしていると、この前まであった由緒ありげな祠が綺麗さっぱり消えて、宅地になってしまったりするのを見ると、本当に悲しくなります。
その曰く因縁を聞けなかった自分も情けないし。

佐波神社
どんな神様が合祀されているのでしょうね。
可愛い狛ブタさんに護られているだけでも、嬉しくなりますね。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うふふ。狛ぶーちゃん、かわいいでしょ♪

神仏分離後は神社が「うはうは」かというと、三重県、和歌山県等では決してそれはなく、さらに一層強硬な手段で合祀が行われています。

京都府はその当時の知事が様子見を決め込んだおかげで、合祀は行われたものの、少ないです。

>ワンコと散歩をしていると、この前まであった由緒ありげな祠が綺麗さっぱり消えて、宅地になってしまったりするのを見ると、本当に悲しくなります。

クラッシャーされて結局、祠等への畏怖の感情が消え去ってしまった一例ですね。どこか他の神社へ移されていることを願うばかりです。

神社巡りは好きですが、悶々としながら巡るのはとても寂しいです。
元々好きではなかった明治が、さらに嫌いになっております。

ほんと、かわいい狛ぶーちゃんがいてくれて、救われましたのよ。

さぁて、佐波神社はどこから来たのよー!?調査は続行です。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼