下天野の八幡神社。彩飾豊かな社殿と神社合祀

こんにちは。


白黒わんこは、

密教の根本道場の地を求めていた空海の前に狩人に化身して現れ、案内した「高野御子大神」の飼い犬。


丹生都比売神社の祭神・丹生都比売大神の御子で祭神の一柱。


拝殿足元の石に、


これでもかっと穿たれた穴ぼこぼこ。

盃状穴です。


幾何学模様のように穴と穴を結ぶ溝が。

さて。

ここへ向かう道中で見かけたのが、


八幡神社です。


正面は渋い。


割拝殿の通路に、盃状穴の穿たれた石。



【由緒】

当神社の創立年月日は詳らかでないが『紀伊続風土記』の下天野に

「村中にあり、一荘の産土神にて、社壮麗なり、按ずるに天野社(丹生都比売神社)は大社にして、一荘の氏神となすべからざるにより、当神社を荘の氏神となす」と記されている。

文政6年(1833)遷宮が行われた記録がある。



なるほど、丹生都比売神社は大社で氏神とすることは出来ないので、この八幡神社を氏神とした、と。



文化12巳亥年は、1815年。



明治6年、村社。

明治41年、村内無格社5社を、当神社に合祀。



そして、やはり、神社合祀。ここは和歌山県。

これを念頭において見れば


【祭神】

(主祭神)誉田別命 
(配祀神)須佐之命 八王子命 美津波女命 市杵島姫命 丹生都比賣命


境内社 妙見神社・戎神社


【神社合祀に関する勅令】

「府県社以下神社神饌幣帛料供進ニ関スル件 (明治39年4月30日勅令第96号)」

⇒府県社、郷社、村社に対して公費で幣帛料を出す。

「神社寺院仏堂合併跡地ノ譲与ニ関スル件(明治39年8月10日勅令第220号)」

⇒一村一社にまとめた残りの神社の財産は、神林を含めて処分。
その利益を以て神職の給与の原資とする。


結果、「しょーばいしょーばい!」な怪しげな者達により神社は簒奪されることとなり、


大阪毎日の記事による、明治44年6月25日現在の状況。(「神社合祀に関する意見」南方熊楠)

和歌山県では現存神社790、滅却神社2923。1/4.7に減少。

三重県では現存神社942、滅却神社5547。1/6.8に減少。

長野県では、1/1.2、埼玉県では1/2.1。


・・・。


悪口雑言が噴出しそうなので、おうすをたてて、一息ついて、っと。



暑いわ見えないわ。


ずーむっ。


明治年間に台風が度々あり大被害を受け、大修理を行っています。

大正15年、銅板屋根に葺き替え、
昭和62年、本殿の修理彩色、社務所の屋根替大修理。



きれいねきれいねー。


素朴な鳥居が素敵。


帰宅して気付いた怪しげな石。しまった。


そして、妙見神社の祭神「天ノ御中主神」に、今度は神仏分離のアレかよっとイラッと。



あちこちに配慮したら意味不明な由緒書になってしまったのであろう氏子の皆様のことを思うと、涙が出ちゃう。


境内地は、3,715,000㎡、境内山林は5,107,000㎡。

ひろっ。

現実的な話として、地域でおまもりしていくのは、大変だと思います。

そんな、八幡神社なのでした。


由緒・祭神等は和歌山県神社庁HPを引用しました。
http://www.wakayama-jinjacho.or.jp/jdb/sys/user/GetWjtTbl.php?JinjyaNo=4036


いつも応援いただきありがとうございます。
和歌山県の神社巡りをするたびに神社合祀の事を言っていたらキリがありませんが、事実は事実。数としては少ない方ですが、合祀された側の氏子の方々の心中やいかに。また、今となっては合祀された側にはそれを残していく責任があり、それが大きな負担になっているのではなかろうかと思ってしまいます。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわ~

一度は行ってみたい高野山。
かーるく行っちゃうんですねー。

ぼっこぼこ石は、宇宙人の仕業ですねぇ~
昔から、よく飛来して来ているとか・・・。

これから高野山、九度山は真田丸効果で観光客が押し寄せますね。
きっと。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

高野山、だって近いんですもの。

ただ、時間はかかりますね。
それと、観光バスの渋滞が、すごいです。

九度山の道の駅、何の騒ぎだ?ってほど混んでました。
臨時駐車場をいくつも設置しても間に合わないほど。

ぼっこぼこ石、面白いです。

No title

つねまる様
ぼっこぼこー石は星座と関係があるのでしょうか。
不思議な石ですね。
それにしても、神社合祀では随分神社が減ってしまいましたね。
それぞれの神社を崇拝していた人々は悲しい思いをしたことでしょう。
ぷんぷんです。
 路傍学会長拝

路傍学会長様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

盃状の穴ぼこぼこは、たまーに見かけますが、丹生都比売神社のものはまるで星座のようですね。

丸がならんでいると、ぴーっと繋ぎたくなるのかしら。

本当に不思議な感じでした。

神社合祀により、南方熊楠は日本人らしい倫理観の欠如に繋がると警鐘を鳴らしています。

朝には「おはよう」、夕方には「こんばんは」、と道端の祠に挨拶するささやかな事すら出来なくなって、どれほど悲しかったでしょうね。

熊野参詣道の各王子ですら残ったのが二つなのですから、あとは推して知るべし、ですが、それにしても。

ぷんぷんですともっ。

No title

あああ~、そこにもあったのか石ぃ~。
うちの方のコメント返しに、
本殿の石段のとこに、石あってんで、と書きましたが、
末社の方にもあったのか。
本殿の石は「八幡」と書いてあったので、
それが移動したんではない、と思いたい。

1社に2石とは、まめやな、奉納した誰かさん。

No title

こんばんは~~

逆を言えば合祀できるだけ神社の数があったんですね。

地域に根付いていただろうに・・・もったいない話です。

ぽちぽちぽちーーー☆彡

猫舌=・ω・=様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

>本殿の石段のとこに、石あってんで、と書きましたが、

あああ~、そこにあったのか、石ぃ~(T_T)

社殿が見えない見えない~ばっかりが頭にあったのですわ、きっと。
それと、灼熱。

そうか、八幡って書いてあったのですね♪
ほんと、マメですね。

猫舌様の画像と見比べたら、境内社の鳥居が新調されてる気がします。
手水と一緒にリニューアルしたのかな。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

長い長い時間を重ねてきた神社が集中する地域、ってことですね。

無論、京都なんかもかなり合祀されていますが、戻した所が多いです。
つまり、戻すことができる状態を保っていたということ。

熊野は売却され、開拓され、目も当てられない状態だったそうですから。

今年の熊野巡りも忙しくなりそうですわ~♪

神社合祀

つねまるさん、こんばんは。

神社合祀に地元の人々が強硬に反対する地方はなかったのでしょうか。
地元の氏神様を祀る神社を遷された側の人々にとっては、地域の人々が代々信仰の対象としてきた社がなくなることは相当つらい出来事であったと思いますし、地方の独自の文化を失うことになりかねませんね。

しかしながら、ご指摘の通りで、残された神社をお守りすることも大変な時代になってきました。
寺や神社が地方共同体の中心であった時代には当分戻りそうにもありませんが、地域の伝統や文化はこれからも大切に承継されていってほしいものです。

しばやん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

神社合祀に強硬に反対し、鎮守の杜を守ったところもありますが、和歌山県では単発です。

日本全国を調べてはおりませんが、上に立った人に依存する面があるようです。

神社合祀はしばやん様のご指摘の通り、相当つらい出来事であり、地方の独自の文化の喪失へと繋がってしまっていますね。

野迫川村のオコナイでは観音堂で行事を納めた後、最後に神社へ参るのですが、肝心の神社が合祀されて遥か彼方となった時期があります。

各地に残る伝統行事などについては、早急に映像に残すことが必要です。
一度途絶えたものは、元に戻らないと考えるべきでしょう。

また、残された神社の維持を思うと、とても心が痛みます。

合祀・合併の形でせめて神様だけでもお守りしなくてはならない時代になっていると思います。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼