真田丸第28話「受難」。秀吉と秀次と高野山

こんにちは。


秀吉の吉野の花見は、

文禄3年(1594年)2月27日(新暦4月17日)。

秀吉の生母、天瑞院の三回忌法要を執り行う高野山への参詣途上でした。


「豊公吉野花見図屏風」(重文、細見美術館蔵)



能に夢中になった秀吉。



自分の功績を題材とした「豊公能」「太閤能」と呼ばれる作品群を創作。

有名な曲では、「吉野詣」「高野参詣」「明智討」「柴田」「北條」。

謡作詞は、法橋・大村 由己(秀吉御伽衆)。
節割り・型付けは、金春大夫安照(金春流六十二世宗家)。

その中の一曲「高野参詣」は、



母大政所の三回忌に高野に詣でた秀吉に、大政所の亡霊が現れて秀吉の孝行をたたえるというお話。


誰かの幽霊が現れて喋って舞って帰っていくのは、能の定番ですが、普通は仏の功徳を讃えたり、修羅道の苦しみを訴える(平家物語を題材にした曲)ものです。

かーちゃんが息子をほめまくるなんて、聞いたことがない。

いやまぁ、・・・だからこそ「天下人」ってとこかしら。



先週の秀次くんの勇姿。

今回は、「秀次悪くない」でしたね。よかったなぁ。

秀次が自害したのは、今の「高野山・金剛峯寺」。



秀吉は、高野山攻めの際に、秀吉と高野山を仲介した木食応其上人に帰依するようになり、寺領を寄進。


応其上人は。

天正18年(1590年)。興山寺建立。
お財布は、諸国を勧進した施財と秀吉からの一千石の寄進。

この隣に建立したのが、「青巌寺」。

「青巌寺」は、秀吉が母の菩提のための建立。

お財布は、秀吉の、米を一万石と白銀三千枚の寄付。

明治2年(1869年)3月29日。
青厳寺・興山寺の二寺を合併。

金剛峯寺と呼ばれるように。

※興山寺は、山縣玄浄僧正が稲葉氏の協力を得て大分の臼杵に寺号、寺宝を移しました。



正門は、金剛峯寺の建物の中で一番古く、文禄2年(1593年)再建。

高野山は度々の落雷による火災で、多くの堂于が焼失&再建を繰り返しています。


金剛峯寺の主殿。

文久3年(1863年)の再建。

この中に、文禄4年(1595年)、秀次が自害したと伝わる「柳の間」があります。


あれ?

・・・当時のままに復元したということで。


大玄関。

正門・大玄関は、本来は天皇・皇族や高野山重職のみ出入り可。


秀次に思いを馳せようにも、文久3年(1863年)の再建ではねぇ。

ざんねん。

「金剛峯寺」は、元来は高野山全体を指す名称でしたが、明治期以降は、高野山真言宗の管長が住むこの総本山寺院のことを「金剛峯寺」と称しているそうです。(wikipediaより)


壇上伽藍へ。


他より高い位置にあります。


高野山は「一山境内地」と称し、高野山全体がお寺の境内地。

高野山の本堂は、壇上伽藍にそびえる「金堂」。

山内に点在するお寺は、塔頭寺院。
現在では117ヶ寺が存在。(金剛峯寺HPより)


宿坊も、塔頭寺院になります。


中門は、昨年再建。

壇上伽藍は、空海が在世中に堂宇を営んだ場所なので、聖地。


・・・。


金堂を挟んで、反対側はガラリと雰囲気がかわります。


こちらにあるのが、山王院と


御社。


雰囲気がよく、人が少ないのがとてもいいです。


いつも応援いただきありがとうございます。
金剛峯寺の内部は再建ながらピカピカ、あ、いや、えーっと、見事な美しさです。あっけらかーんっとした金堂の東側と、鬱蒼とした森の残る西側の対比は、焼失したか否かの違いのようで。戦でファイヤーではなく、落雷。これほど歴史ある高野山内で国宝建造物が少ないのは、これが原因。自然って怖いなー。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~

ここで秀次が・・・と思ったら再建でしたか^^
それにしても落雷とは自然って怖いですね

秀次が好きなので「いい人」で終わったのはドラマ的には良いけど、
政治的に大きな影響があった部分がスコーンと抜けてたので目玉ドコー( Д )  ゚  ゚

つねまる様の記事は、このまま紀行に使えそうですね^^
ぽちぽちぽちーーー☆彡

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

先ほど大阪へ戻りましたが、山を下るごとに気温がぐんぐん急上昇。
涼しいとこから灼熱地獄は辛いですね。

秀次の残したものまで描くのは、無理でしょうね。
いい人ぶりに、あざといしつこさがなくて、三谷さんってすごいなーっと思ってました。
これはこれで今後の新しい秀次になるのかな、と。

松本幸四郎再登場があったので、紀行はそっちやろなーっと諦めてました。

壇上伽藍の真っ赤な塔が映っていたとこだけ、うおーっと萌えましたが、でもやっぱりざんねん。

No title

こんばんは。

秀次卿の自害。
あれは、自ら進んでの自害だったのか、自害させられたのか、どっちだったんでしょう?
私、何となく秀吉の命によってだと思ってたんですけど。
凄惨な妻子たちの処刑をサラッと流してくれて、ホッとしました。
時乃★栞さんと同じく、え?ここで秀次が・・・と思ったんだけど、再建だったのね。
高野山内に国宝建築物が無いのも知らなかったし、その原因が落雷だなんて、まあ!ですね。
秀次が亡くなったせいで、豊臣家の将来も無くなったんじゃないでしょうかね。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

高野山は山上のためしばしば落雷による火災が発生し、創建当時の建物は数少なくて、寺院建築物の国宝指定件数は2件、重文は8件。

国宝2件は、金剛三昧院多宝塔と、壇上伽藍の不動堂です。

何度か高野山で夕立に遭遇してますが、そらもう、こわっこわっこっわー!でした。

鉄筋コンクリートの建物はどこ!?あ、金堂!っと駆け込んで。


秀次自害のお部屋。

何も知らずに見ていたときは素直に感動していたので、歴史を調べるのもよし悪しかもしれません。

秀長、秀次を失ったことは大きかったでしょうね。

豊臣家が続かなかったことは気の毒な気もしますが、秀吉の自業自得な気もします。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼