高野山。神前で行う山王院月次問講と謎の石

こんにちは。


こうやくん、立体になりました。


えっほえっほとお坊さんを追いかけて


山王院へ。


山王院の奥には、御社(みやしろ)。

御社には、空海を高野山へ導いた狩場明神と、地主神の丹生都比売明神が勧請されています。


山王院は、御社の拝殿のようなもの。

この山王院で、僧侶達は毎月16日に「月次問講(山王院月並門徒問講)」という法楽論議を神様に奉納します。

高野山では空海から現在まで、狩場明神や丹生都比売明神を大切にしており、その神前で行われる「月次問講」は大変重要な行事だそうで。



第一部の通常のおつとめと、第二部の問講(Q&Aみたいだった)、合計三時間ほどですが、初めて全て拝見しました。

よかったですわぁ。


神様に拝礼する僧侶。

神仏分離が行われるまでは、日本のどこででも見られたのかな。

さぁて。


壇上伽藍から西へ進んだGSのある交差点。

バス停と高野山町石が並び立つ場所。

ぼーっと きりりっと正面に立ってるのが、町石。


画像に落書きしてから気付いた。

鳥居には湯谷弁財天、となってた。


じー。


おおおっ。これはもしかしてっ。

「鳥居をくぐって」様のところで話題、和歌山の神社「謎の石」。


手書きっぽい字で「鎮座社」。

あったー。姉さん、あったよー!初めて見たー!

で。

高野山近くの温泉宿で、お泊まり。(龍神温泉じゃない)


夜ご飯には、あまご定食。


塩焼き。

はい、頭からがぶり♪です。


とってもきれいなあまご様。


美味しくいただきました。


夏の友。

山の中のお宿では、虫除けが欠かせません。


いつも応援いただきありがとうございます。
三連休は混むに違いないっと早起きして、7時過ぎに高野山へ到着。早すぎたー。しかし、お昼頃にはものすんごい人出で、人疲れしそうでした。正直、今夜は寒いです。温泉に入ったのに、冷え込みの方が勝っております。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

あまご定食とっても美味しそう(*´艸`*)
茗荷もあって夏の味と言う感じですね♪

丹生都比売といいますと寺社で使う朱色を作るための、
水銀を守護する神様ですね。

三重の多気というところに、
丹生都比売の神社と空海の開いた女人高野というお寺がありまして、
お参りしたことがあります(人*´∀`*)


No title

おー、おおー。
謎の石ー。
高野山にもあったんだー。
社名ではなく鎮守の杜タイプ!
奉納した人は、こんな石を持ち歩いてるのかしら?
見ればみるほど、謎が深まる不思議石!

たぶん、個人の趣味、願掛けあたりでオチが付くんでしょうけど、謎ですよね。

No title

こんばんは~
昨日は映画(インディペンデスディ)を見に行ったんで、これなくてすいません^^

高野山、やっぱ連休は混むんですね^^
今日の真田○でも出てたからタイムリーな記事に^^

やはり旅の楽しみは料理!
お酒も進んだかな(*´pq`)

ぽちぽちぽちーーー☆彡

七森様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

それがー。

あほーな私は思いっきり「あなご定食ください」っと。

「あなごさんは、海のお魚ですよー」と笑われ。きゃー。

帰りに「あゆ、美味しかったです」。

もー、何にもあってませんでした・・・。

茗荷がとてもよく合っていて、こういう味もあるんだなーっと。
ひとつ大人になりました。

>丹生都比売の神社と空海の開いた女人高野というお寺がありまして、
>お参りしたことがあります(人*´∀`*)

さすがです、七森様。

多気の二つ、行ってみたいなぁ。
昔々は勢和多気までしか高速がなかったんですよねぇ。

帰り道に九度山の丹生都比売神社などに立ち寄るつもりです。

猫舌=・ω・=様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

和歌山の神社に数多く訪れながら、猫舌様のとこで見るまで知らなかった、謎の石。

私も探してみました。

が、よもやの高野山。

ほんとに、ぺたんっとして持ち運びやすそうな大きさでした。
字の形もそっくり。

狛犬だけでなく、謎の石探しも楽しそうです。
また和歌山・・・の、南のはしっこに行きたくなります。
ってか、行くんだろうな。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お返事が遅れてごめんなさい。

おー、映画!いいですね。

高野山は混んでますの。冬以外は、かなり。
でっかい観光バスが山道を上ってくるんで、そいつを先頭に大渋滞。
金剛峯寺前の駐車場は、9時の時点で満車。

高野山だけが目的なら、ケーブルとバスが一番です。

こそこそっと、実は7時半には到着。ほほ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼