スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田丸第27回「不信」(2)秀吉の金春贔屓と手猿楽

こんにちは。


このお稽古風景、鼻血が出るほど懐かしくて。

たいへんツボった真田丸第27回「不信」。


特にこの面の持ち方にも、感動。

金春流シテ方の山井綱雄先生のご指導の賜物かと。


シテは曲を終えて舞台より幕に入ったら、一度我が姿を幕と楽屋の間の鏡の間の鏡に映す。

下を向いたら汗が落ちるから、上向き加減にして、面を外す。

このとき、

手の脂が付くので、決して決してべちょんっと持ってはいけないのです。


【能楽の歴史】


(福知山市一宮神社の能舞台)

猿楽を元にする能楽は、足利義満、豊臣秀吉、徳川家康など、時の権力者の庇護の下で発展し、江戸幕府において「武家の式楽」となり最盛期を迎えます。


(福知山市一宮神社の能舞台)

その前に。

まず勢力を伸ばしたのが、興福寺等に属し、祭礼に奉仕した大和猿楽四座。

外山座 →宝生座
坂戸座 →金剛座
円満井座→金春座
結崎座 →観世座

これに元和年間に金剛座から分かれた喜多流を加えた「四座一流」が現在の能楽シテ方五流です。


応仁の乱から戦国時代にもなると、能の最大の庇護者であった足利幕府の威光が失われ、各座は一座を維持するために新たなパトロンを求め右往左往。

・小田原の北條氏 ← 宝生座の宝生家
・浜松の徳川家康 ← 観世座の観世元忠 など
・大坂本願寺 ←各座(最大のパトロン化)


そんな中に現れたのが、「手猿楽」。

手猿楽の「手」は、手料理の「手」。

いわゆる座付きの猿楽師ではない、「素人役者」です。

これが戦国期に流行し、権力者に限らず一般の人々による猿楽の流行をもたらします。

さ、そこで、秀吉です。


【秀吉の能好き、金春贔屓】

秀吉は、肥前名護屋に金春安照はじめ四座の役者や手猿楽(素人役者)を呼び寄せて演能させたり、

文禄2年(1594)に「禁中能」を催しています。



(高野山奥の院。豊臣家墓所)

秀吉の能好きの発端は、手猿楽との出会い。


手猿楽の有名人としては、この二人。共に金春座系。


①下間少進仲孝

金春大夫喜勝に師事。

大坂本願寺坊官の下間少進家の一人で、対信長戦では本願寺側の軍事責任者。

天正16年(1588 )頃から活発な演能を展開。

山科に存在した頃より芸能と繋がりの深かった本願寺では、財政的な豊かさも手伝って猿楽が盛ん。

本願寺内での演能記録、大坂寺内町での勧進猿楽が細かく『天文日記』に記されています。

挨拶に来た猿楽大夫が本願寺証如に請われて演能するなど、面白いです。

また、少進は演能記録「能之留帳」を、天正16年(1588)2月24日(摂津天満の舞台)より、以後元和元年(1615)11月2日まで、実に293回もの演能の場所・曲目・シテや三役・観客が誰か、を克明に記しています。

そして、この下間少進仲孝の舞台が、秀吉の能好きのきっかけに。


②暮松新九郎

金春座系。師匠不詳。秀吉の師匠となった人物です。


こんなお稽古じゃなくて


こうにちがいない。お上手お上手。

暮松新九郎(金春系)に能の手ほどきを受けた秀吉。

彼は、金春大夫喜勝の後継者である
「金春大夫安照(金春流六十二世宗家)」に師事します。


(金春流の5つの丸紋が描かれた「五星」の扇)

金春流は、豊臣政権公認の流儀として各地の武将たちが追随。

秀吉、猿楽に没頭。


さるはおだてりゃ調子にのる。

既存の作品を演じるだけでは飽き足らなくなり。

10番におよぶ新作能を創作。

それが新作能「豊公能」「太閤能」と呼ばれる作品群。

自分の功績を題材とした曲で、秀吉58歳のころに作られたと言われています。

有名な曲では、「吉野詣」「高野参詣」「明智討」「柴田」「北條」。

謡作詞は、法橋・大村 由己(秀吉御伽衆)。
節割り・型付けは、金春大夫安照(金春流六十二世宗家)。



「吉野詣」

吉野に参詣した秀吉に蔵王権現が現れ、秀吉の治世を寿ぐ祝言もの。



「高野参詣」

母大政所の三回忌に高野に詣でた秀吉に、大政所の亡霊が現れて秀吉の孝行を称える曲。


「明智討(討伐)」「柴田(退治)」「北條(征伐)」は、
題名のまんま。秀吉の戦功を称えたものです。


秀吉のえらいところは、謡って舞って、しゃららら~♪だけではなかった点。


猿楽の歴史において秀吉晩年のこの時期は、まさに、革命期。

つづく。


参考文献

『能楽談叢』(横井春野著/サイレン社/昭和11)
国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1257024

『能楽全史』(横井春野著/檜書店/昭和5)

『能に憑かれた権力者―秀吉能楽愛好記』(天野文雄著/講談社)


いつも応援いただきありがとうございます。
秀吉の能好きは、没頭して他がなにも見えなくなる、というより、無邪気に楽しんでいる感じがします。せっかく天下人になったのですから、自分を主役にした武勇伝を創作してみたかったんだろうなー。おのぼりさんだなーっと暖かい目で見てあげましょう。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
ご無沙汰しています。

真田丸は毎回楽しんで見ています。
能がわからない私にも、
つねまるさんの解説は分かりやすかったです。
ありがとうございます。
わからず見ていても面白いのに、
わかって見ると、もっと面白いんでしょうね(*´ω`*)

No title

こんばんは~

自分で自分を褒めるところが秀吉らしいですね^^

細かい所作も つねまる様が得心するレベルとは流石、大河ですね^^

宇喜多・男闘呼組(←一発で変換できた)言われてみれば~~どおりで見たことある人だと思った^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

こちらこそご無沙汰しております。

真田丸、信濃でのお話も面白かったですが、せっかく秀吉の近くにいるのだから、たまには能をしてくれないと飢餓状態に。

今回の能の場面は、しっかりした舞台だったので、とっても楽しかったです。

この装束は金春先生のとこのものかー!?すげー!っとか。

何度も何度も見ております。えへ。

宙海様にも楽しんでいただけたら、幸いです。

うちのエアコンの室外機、ものすごい音がするんですが。
やばいなーやばいなー。

No title

こんばんは。

≪宇喜多・男闘呼組≫
そうだそうだそうだ!!
道理でどこかで見たと思ったんだけど、思い出せなかったのよね。
ああ、スッキリした。
お能なんて、私の生活から一番遠いものだと思ってたけど、そこは大河ね。
当時の武将たちの生活に、深く根付いていたって、良くわかりました。
つねまるさんの解説もgoodです。
これからも宜しく。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

男闘呼組っていうと、こっちでは海原ともこの旦那の前田耕陽の顔しか
浮かばずー!!

びっくりしたー。

高橋宇喜多氏は、昔、NHKの「寺子屋ゆめ芝居」て時代劇とか、ちょこちょこといい役で出てるイメージが。

なので余計にびっくりしたー。

サスペンスものだと、面の裏に毒が塗られててそれを舐めたから死んだとか、ありえへん事態が発生したり、

「能の家元御花畑家の跡目争い」殺人事件、とか。

家元はそんなぽこぽこおらんし。ぶう。

ほんとに大河の底力を感じるとても素晴らしい回でした。
私の真田丸はこれでゴールな気がします。

あとは、そうですね、パパ幸が縁側でおみかん食べるかな?てことぐらい?

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あははは。お姉さまも、≪宇喜多・男闘呼組≫にスッキリされましたのねー。

能も昔は≪宇喜多・男闘呼組≫のようなエンターテイメントだったかもしれません。

式楽だと定められたのは江戸時代ですから、それ以前の猿楽はもっと身近なものだったはず。

謡だけならば、江戸時代には一般教養。
歴史や名所を知るのには一番いい本だったと思います。

豪勢な吉野の花見を、能舞台の場面だけに集約して生かしていくお話の妙にどっぷり浸かっております。

解説と言うほどのものではありませんが、能もちょっとは面白いかも?と感じていただければ幸甚に存じます。

朝になったら、また特大の元気玉飛ばしますね!
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。