東大寺二月堂。お水を送る若狭の鵜の瀬と神宮寺の閼伽井戸

こんにちは。


二月堂。

ここで行われるのは、「修二会」。

(以下、東大寺修二会HPより引用)

「東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)は、天平勝宝4年(752)、大仏開眼の年より、東大寺開山良弁僧正(ろうべんそうじょう)の高弟、実忠和尚(じっちゅうかしょう)によって始められたと伝えられます。

この法会は、現在では3月1日より2週間にわたって行われていますが、もとは旧暦の2月1日から行われていましたので、二月に修する法会という意味をこめて「修二会」と呼ばれるようになりました。また二月堂の名もこのことに由来しています。

『修二会』の法要は、正しくは『十一面悔過(けか)』といい、十一面観世音菩薩を本尊とし、

『天下泰平』『五穀豊穣』『万民快楽』などを願って祈りを捧げ、人々に代わって懺悔の行を勤めるものです。前行、本行をあわせてほぼ1ヶ月、準備期間を加えれば3ヶ月にも及ぶ大きな法要となります。」

「行中の3月12日深夜(13日の午前1時半頃)には、「お水取り」といって、若狭井という井戸から観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式が行われます。また、この行を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)の道明かりとして、夜毎、大きな松明に火がともされ、参集した人々をわかせます。このため「修二会」は「お水取り」・「お松明」とも呼ばれるようになりました。
(以上引用終わり)


752年の大仏開眼の年より綿々と続き一度も絶えたことがないといいます。

3月2日。in若狭。

お水取りの10日前の3月2日にお水送り神事が執り行われます。

(現地案内板より)

根来八幡の神人と、神宮寺の僧が執り行う神仏混合の行事です。


若狭。鵜の瀬。

ここから奈良の東大寺まで水脈が続き、10日後に二月堂の若狭井へ到着。

若狭から地下を通って遥々奈良まで届けられた閼伽水。
東大寺二月堂のご本尊様にはこのお水をお供え。


若狭から見れば、お水を送るから、お水送り。


【お水送りのはじまり】

時は大仏開眼の年。

まず、行が無事に納められるよう、願います。


2月初日から「神名帳」を読み上げ日本全国の神々を招待。

行の加護と成就を願います。

しかし、皆が参列したのに、若狭遠敷明神が来ない。


2月12日午前1時ようやく参列。修二会はあと2日で終わるってのに。

何をしてたかというと、釣り。


修二会行事に遅れたお詫びに

毎年、二月堂の本尊の十一面観音に供える閼伽水(あかすい)を送ると約束。


そのとき、二月堂の地下から白黒の鵜が飛び出て

その穴から泉が湧きました。

その送る側の場所が若狭の水中洞穴。
よって、東大寺二月堂の井戸は「若狭井」と名付けられました。


この岩の下。


この穴から鵜が潜っていったので、この川淵は「鵜の瀬」と呼ばれるようになりました。


【送るお水はどこの水?】

東大寺へ送る水は特別な水。




若狭神宮寺の閼伽井戸から汲まれるお水。


山号霊応山。天台宗。
若狭一の宮の神願寺として成立。

神願寺とは神仏習合が許されていた江戸時代以前、神社に付属しこれを管理した寺のこと。(神宮寺または別当寺と同じ意味)


寺伝によれば

元正天皇の勅命により和銅7年(714)に泰澄大師の弟子沙門滑元が創建。

鎌倉初期、若狭彦神社別当寺神宮寺と改名。

七堂伽藍二十五坊を誇りましたが、豊臣時代に寺領を没収され。
さらに明治初期の廃仏毀釈によって衰微。

本堂は、室町時代末期、天文22年(1553)越前守護朝倉義景が再建。
建築様式は、和様を主体の折衷様。国の重文。


お寺の本堂に注連縄。


若狭彦大神の本地仏として薬師如来様がご本尊。

本地仏とは、若狭彦大神はほんとは薬師如来様でしたーってこと。


本堂の背後には広大な森。


こんなとこのお水はさぞかし美味しいだろうなー。


で、ここ。


こぽこぽと水が涌く、閼伽井戸。

3月2日のお水送りの際は、このお水を汲みます。

汲まれた「閼伽水」は、修二会(薬師悔過法)により「香水」に変身。


お水送り当日夜、大護摩法要を行います。


【お水送りの場所・鵜の瀬】


川原の聖地。鵜が潜って行ったから、鵜の瀬。







3月2日当日はこんな光景。

(現地案内板より)


ちゃぽん、っと注がれたお香水。




水中洞窟の入口


かっちり10日後に、奈良へ到着。

鵜の瀬の横には、東大寺修二会に遅刻した若狭遠敷明神が降臨した場所である白石神社が鎮座。




覆屋の中に本殿。


天保拾年。1839年生まれの狛犬。


苔むした神社の境内で、今日ものんきに過ごす狛犬さんでした。


若狭の鵜の瀬から「お水送り」し、地下を通って奈良にたどり着いた閼伽水を「お水取り」してご本尊にお供えする儀式。

それが「東大寺二月堂のお水取り」なのでした。

※過去記事に加筆しました



いつも応援いただきありがとうございます。
お水を送る若狭の鵜の瀬と閼伽井戸のある神宮寺。どちらもとても清々しい場所でした。ここから東大寺二月堂までかっちり10日間。潜った白と黒の鵜ちゃんは真っ暗な地下を通って、さぞかしビクビクしたことでしょうね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~

お水送りって、こういう意味だったんですね^^
画像として見たのも初めてです

>神願寺

こういう呼び方もあるのか・・・il||li _| ̄|○ il||l

寺社仏閣って一括りにするけど、本当に奥が深いですね。
一つ一つに行事にもキチンと由来や意味がある。

面白く勉強になります^^
ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。お邪魔します。
お水送りの神事 画像からもどんなに荘厳かが
伝わってくるような気がします。
さぞ美しくて美味しいお水なのでしょうね~など
下世話な想像をついついしてしまいました~(^^ゞ

直江様の朗読、、お教え下さり有難うございました!! 
もうもう\(^o^)/~~でございました!! 
あろうことか今日マヌケなことに、、1時間早まっていたのに気づかず見過ごしてしまいました~~ 録画頼みでございます~💦 

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そーなんです。

お水を取るとこがあれば、送るとこあり。

若狭の鵜の瀬、とっても清々しいところでしたよ。

お寺や神社は、長い長い歴史の中にあったものなので、いわゆる「法則」や「定義」に当てはめるのは違うと思います。

というより、当てはまらないものが多数ですね。

奥が深い、と感じるのはきっと、そういうことなのかと。

由来や意味のないものは、ないはずなのですよね。
わからなくなっているだけで。

神願寺。

そー。こういう呼び方もあるんですってよ、奥さん。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

真っ暗な中で行われるお水送り、いいですよねぇ。

ぞわぞわします。

美しくて美味しいお水があれば、さぞかし美味しいお酒ができ・・・こほん。

直江様のお知らせだけして駆け抜けてしまって、失礼しました。
七夕限定、と書かれていたので、早く言わないとー!きゃー!で。

うはうはでした?うはうはー。

喜んでいただけて何よりですわっ。

今日は、能の場面が楽しみで、テレビの前で、ちゃんと7時頃から待機してましたの。うふふふふ。

いつものお時間に見たら、さぞかしショックだったのでは?
録画があれば、だいじょぶですね♪

神宮寺

いつもお世話になっています。

神宮寺は5年前に行きましたが、とても印象に残っています。生まれて初めて、二拍一礼で仏像に向かってお参りをしたことが忘れられません。

明治の廃仏毀釈で、「神宮寺」という名の寺がここだけ残されたのは奇跡的ですね。「お水送り」の行事があるので、住職や地域の人々が抵抗したのではないでしょうか。

しばやん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

しばやん様のその時の記事を拝見して、「二拍一礼」をすることを知らなかったことがとても恥ずかしかったのでした。

春に再訪問した際、同行の友人に大いばりで教えてきましたよー。

本堂裏の森の中に、奥の院のような不思議なお社の建物がありました。
minaga様の記事によると、ここともうひとつの建物の間に、中世の再興前の塔があったようです。

こちらの場合は、遠敷明神社を分けることで乗りきったようですね。
神像を差し出す時に、偽物を出したとかなんとか。

住職の方と地域の方々のおかげで、仏様のまえで「二拍一礼」をするという、得難い経験が出来ることに感謝です。

なぜか暑くなると神社へ行っております。
今年もまた、虫と戦いながらあちこち訪問することになりそうです。

とりあえず連休は、野迫川村で温泉三昧です。うふふ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼