東大寺南大門の石獅子と青岸渡寺山門の狛犬。うりふたご

こんにちは。


東大寺南大門の内側にいる、


石獅子くん。

そういえば、よく似た子達がいたなー。


大阪府箕面市の勝尾寺の山門の


とっても奥まったところに、いた。あはははは。


那智山の、やた殿&やた姫ちゃん。

お久しぶりの、


熊野那智大社。

隣接するのは、


西国第一番札所の青岸渡寺。


床下の基礎。節がそのままの材木が荒々しいです。


本堂正面のこまちゃん。


かわいそうに。そっちが風下だねー。


・・・風上。こら。


だれ。あなた、だれ。


青岸渡寺の防災道路(誰でも通行可。有料)で上まで来てしまったので


山門が眼下に。ありゃ。

青岸渡寺の山門自体は昭和8年の再建。

元は、大門坂のてっぺんにあり、「大門」と称していました。


きゃ。こーまちゃん♪


おしゃれちゃーん。


縦ロールな髪、素敵な首飾り、四角いお口、体にくっついた尻尾。


東大寺南大門。同じ「向かって右側」の、石獅子くん。

あら。そっくり。


派手な子だったのねー。


笑いすぎです。


お鼻の穴がどすこいっ。


東大寺南大門「左側くん」の口元が欠けていたので、代打・右側くん。


いいお顔してます。


東大寺南大門。同じ「向かって左側」の、石獅子くん。

姿もアクセサリーも、あらやだ、そっくり。

唯一、この子は男の子ですが、


ふんわりストレートな髪がお似合いなこの子は、ついてないようで。


今でもとてもきれいな子です。


南大門。石獅子くんの背後には、かの有名な仁王様ズ。


青岸渡寺の山門も、狛犬さんの背後に仁王様。

参道を進んでくるとまず、仁王様に会い、その奥に狛犬。

相違点は、仁王様が向かい合っていない事ぐらいでしょうか。


仁王様右。


仁王様左。



那智山青岸渡寺の山門の狛犬は、東大寺南大門の石獅子を模した、と言われています。

こうして並べると一目瞭然なのでした。


いつも応援いただきありがとうございます。
そういえば、青岸渡寺によく似た子達がいたと思い出して見比べてみましたら、まぁ、そっくり。南大門の石獅子には彩色の形跡は見られなかったのですが、青岸渡寺山門では鮮やかな色が残っていました。南大門の石獅子が素晴らしいので、真似したのかな。類似形は他にも見られるようです。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~
一昨日は雨でストーブつけるほど寒く、今日は晴れて24度。
寒暖差にやられて昨日はバテ寝してました^^;

>那智山青岸渡寺の山門の狛犬は、東大寺南大門の石獅子を模した

ほわぁ~ほんとだソックリですね^^

こういうの見つけると嬉しくなっちゃいますね^^
狛ちゃんラブ♪

ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。

青岸渡寺の門は、仁王様と狛ちゃんズが隣り合わせになっているんだ。
狛ちゃんがこんな立派な門の中にはいってるなんて、面白いわね。
おまけに、きれいな彩色を施されていたのね。
昔は見事だったでしょうね。
胸を張って高笑いが微笑ましいわ。

No title

おはようございます。

青岸渡寺と東大寺の狛犬が双子だなんて!
両方の寺に行ったのに・・・

視点が変わると気が付かないことに気が付いて?
勉強になりますし、面白いですね~。

また勉強させてください。

( ..)φメモメモ

\(^o^)/ こんにちは

本当に瓜二つですね。
彩色やり直したら・・・歴史の重みは飛んじゃうでしょうね。


Re 能面の場合
能では、葵上や道成寺、黒塚などで般若の面が使われると聞きました。
般若の名は、般若坊という僧侶が作ったからとか、『源氏物語』の葵の上が六条御息所の嫉妬心に悩まされ、その生怨霊にとりつかれた時、般若経を読んで御修法(みずほう)を行い、怨霊を退治したから般若が面の名になったとか・・・。
今では本来の仏教の意味ではなく「嫉妬や恨みのこもる女性」の意味で使われているように思います。

流派によって、「若女」とか「小面」とかいわれますが、「髪の毛のスジが違うだけやん」と思っています。本当はどうかわかりませんが・・・。
般若も流派によって違うのかな?

能には手を出しません。これ以上手を広げたら、脳が膿になってしまいそうですから・・・。

無責任男 拝

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

す、す、すとーぶー!?

ストーブからの、24度!?

それは辛いですね。佐賀旅みたいな感じだったのかな。
寒暖差は、体にこたえますね。

こんな時は寝るのがいちばん。

私は会社が冷やしすぎで、外は灼熱。毎日帰宅してシャワシャワーしたらそのままコテン寝です。ご飯も食べずに。こほ。

ふたつのお寺の狛犬、すごいですよね。
宗派も場所も全然違うけど、狛犬つながり。

想像すらしてなかった出来事って、見つけたときはほんとに嬉しいですね。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

仁王様の裏が空室になっているところを見ると、もしや昔は狛ちゃんが?っと思ってしまいます。

立派な山門に住んでいるうちに、外敵に立ち向かう神獣さんの役目を忘れてしまうんじゃないかと思うほど。

枯れた色彩も好きですが、残った色からいろいろと想像するのは楽しいですね。

緑や青の狛犬さんって、派手♪

東大寺南大門の石獅子さんは、なにしろ門が巨大過ぎて実感がわかないのですが、青岸渡寺の山門の子達はほんとに高笑い。

とっても幸せな気分にしてくれるいい子達でした♪

市良右衛門様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうでしたね。青岸渡寺、美味しそうなお弁当を食べておいででしたね。(←そこ?そう、そこ)

死に物狂いで運転して往復していたので、あ、これ、いいなーっと。
帰り道ならお酒飲んでも叱られなさそうですし。

那智勝浦だけなら、周参見まで延伸したので楽になりましたよ。
くれぐれも私のように169で熊野へ出たり、168を南下なさいませぬよう。

熊野那智大社の狛犬さんは、かわいそうにトイレの横。
吽ちゃんを愛でると、同時に男子トイレを愛でる変な人になってしまうのが悲しい限り。

狛犬さんを見つめていると、お社だけではわからなかったものに気付くことが多いです。

市良右衛門様には、出雲や但馬のいろいろなものを教えて戴いて感謝です。

グルメな話題も、こっそり好きです。

これからもよろしくお願い申し上げます。

minekazeya様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

すみません。悩ませてしまいまして。

どちらかというと、べしむ、方のお顔が似てるなぁーっと思っただけで。

能では(も?)、女性の方が情念が強いようですね。
男性から見るとこうなのかな?と思いました。
女目線では、そっちだってもにゃもにゃ、と感じることもありますが。
ほほ。

髪の毛の筋は、お上品なお年の召され方を表したり、髪を振り乱して狂ったり、を、表しているようですが、髪が違うだけなのは、その通り。

狛犬さんの、阿ちゃんはカールで吽ちゃんはストレート、などを愛でているのが一番幸せなひとときです。

時々、修復事業として彩色をやり直された社殿や狛犬さんを見ると、嬉しい反面、少し残念な気持ちにもなります。

枯れ具合もまた、その子の個性かなーっと。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼