スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大寺境内「子安神社」。初代別当・良弁と、かーちゃん

こんにちは。

鎌倉時代は重源、江戸時代は公慶が東大寺再興に尽力。


再興の寺務所であった、東大寺勧進所。

この向かいに、公慶が図面(指図という)を展示した


指図堂。

寛政3年(1791)倒壊、嘉永5年(1852)頃再建。


指図堂から見た大仏殿。

ちろっと見えているのが、白壁の土塀に囲まれた子安宮・子安明神と呼ばれる小社。


スロープ側を歩いたもので、えびぞりして撮影。

子安神社というと、安産や子授け・子育てを神仏に祈願する子安信仰。

それがなぜ東大寺に?


(以下、現地説明書を引用)

東大寺の古図には、この子安宮の位置に神社が描かれていて「富貴社」と注記され、「フキのやしろ」と呼ばれていたらしい。

平成元年に当社の解体修理が行われた際、社殿内より寛文11年(1671)9月24日と文久2年(1862)の日付の還宮の棟札2枚が発見された。

そこから中門堂衆の文殊院によって既に改築されていたことが明らかになり、子安宮の称号が17世紀に遡ることも判明した。

二月堂神名帳には、「子安大明神・穴師大明神」と子安明神の名がみえるが、この子安神は他国の明神である。


(引用終わり)


ひとつ目の棟札の「寛文11年(1671)」の頃とは?


寛文の頃は、丁度二月堂の焼失と再建が江戸幕府の尽力で行われ、二月堂観音信仰を通じて、良弁・実忠2人の祖徳が顕揚された時期でもある。(現地説明書)

良弁は、開山・初代別当。
実忠は、二月堂の修二会(お水取り)を始めたとされる人。


二月堂の焼失とは。


東大寺ファイヤーは、


治承4年(1180)平重衡の兵火


永禄10年(1567)三好・松永の乱

二月堂はこれらの兵火では類焼をまぬがれています。

が。

寛文7年(1667)、修二会の最中の2月13日に失火で焼失。


あーあ。


二月堂は、その直後の寛文9年(1669)、江戸幕府の援助を得て、従前の規模・形式を踏襲して再建。これが現存建物。

子安神社のひとつ目の棟札の「寛文11年(1671)」は、ちょうどこの頃。


二月堂再建時の将軍は、家綱。延宝8年(1680)没。

継いだのが、綱吉 with 桂昌院。

東大寺大仏殿再興に対してははじめはケンモホロロ。


貞享元年(1684)の公慶の陳情には、「勧進は勝手次第」

それが


となり、

宝永6年(1709)3月21日から18日間の「落慶法要」



このあとも、18世紀後半まで東大寺伽藍は順次復興されました。


ところで。

東大寺の開山・初代別当の良弁にはこんな伝承があります。


野良作業中の母が目を離した隙に鷲にさらわれて、


二月堂前の杉の木に引っかかっているのを義淵(元正・聖武期の高僧)に助けられ、

僧として育てられて東大寺の前身に当たる金鐘寺に住みました。


後に全国を探し歩いた母とは、30年後、再会。


(以下、現地説明書を引用)

享保年間(1716-1735)の「東大寺諸伽藍略録」によると、良弁(開山・初代別当)僧正の母を祭祀したと言い、「相模国からこられた母がここに住し、良弁は孝養を尽くした」旨の説明がなされ、「孝養社」と言ったとも記されている。

寛文の頃は、丁度二月堂の焼失と再建が江戸幕府の尽力で行われ、二月堂観音信仰を通じて、良弁・実忠(修二会を始めた人)2人の祖徳が顕揚された時期でもある。

安産と子孫繁栄を願う社として「富貴社」より改称されたものらしい。
(以上、引用終わり)




鷲にさらわれた良弁のかーちゃんが住み、祀られた子安神社なのでした。


いつも応援いただきありがとうございます。
いやぁ、暑くなりましたねー。東大寺は6月下旬に訪れましたがこの時は涼しくて、てくてくするのが苦にならず。まるで幻のようです。小さな祠のような子安神社ですが、実はこっそり二月堂等と同じ時代のもの。あらびっくり。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お邪魔します。
鷲にさらわれ杉の木の上~~💦
恐ろしい体験された良弁様 30年後に母上と再会果たされ良かったですね。
今日はこちらは昨日から10℃近く気温が下がりましたが つねまる様のところはかなりお暑いのかと。。 お身体お気をつけてお過ごし下さいませ。

真田丸 前回も出演者のところ見てああ~~⤵⤵
でゴザイマシタ(>_<)

No title

こんばんは~

鷲にさらわれるなんて凄いアンビリバボーな話ですね。
親子再会できて良かった^^

東大寺の意外なエピソードですね。
ぽちぽちぽちーーー☆彡

m(_ _)m

\(^o^)/

こういう話を読むと、今昔物語や、扶桑略記、水鏡にも良弁上人の話が・・・読み返したくなります。

いかんイカン、麻呂には時間がなかったことを忘れていました。

狛ちゃんや鬼瓦さんと話をするのが先じゃ先じゃ!

無責任男 拝

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

暑いですわよー!!酷暑キター!ですわよー!

でも夜はエアコンなしでも何とか眠ることができるので、まだまだ。
ふっふっふ。ふぅー。

鷲にさらわれ、杉の木の上。

何でしょう。美味しくなさそうだったのか、うっかり落としてしまったのか。

開山者の母が後に訪れてくるのは、空海の高野山でも同じで。

信仰の道へ入っても「俗世とは縁を切ったもん」っとかーちゃんを追い返すのではなく、近くに住んでもらって大切にするところが、なんかいいなぁーっと思いました。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

美味しそうだったのでしょうか。
でもよく見たらそうでもなさそうで、落っことした、とか。

聖武天皇とか鎮護国家とか、教科書レベルのエピソード満載の東大寺ですが、母子対面のお話は、ほっとしますね。

minekazeya様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

("⌒∇⌒")

以前、若狭側からの修二会のお話を書いた折りに、良弁上人と実忠を調べたのですが、「今昔物語や、扶桑略記、水鏡」には至らず。

なるほど。ちょっと調べてみたいです。

ここ数日、狛ちゃん不足で悶々としております。

鬼瓦のお話、とても面白いですね。さすがでございます。

そろそろ狛ちゃんのお顔にセミのぬけがらがくっつく季節になりますね。

ただでさえ酷暑が体にこたえる季節です。
どうかご無理なさいませぬよう。

No title

公慶は、知足院隆光の取持ちで、桂昌院、
側用人柳沢出羽守保明を通じて、将軍綱吉に拝謁。これは強いですね!
了弁は福井県小浜市からさらわれた場所が小浜市のお水取りの近くにあります!

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

公慶は、最強コンビに筋を通してお願いしたのがよかったのですね。

良弁のお話、面白いです。

小浜のお水送りの鵜の瀬、今ならとても気持ちがいいでしょうね。
夏は暑さがこたえますが、なぜかおでかけしたくなるのが不思議です。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。