スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大寺再興。幕府主導の国家事業。ついに落慶法要

こんにちは。


東大寺、江戸時代の再興話続き。


大仏殿の再建に必要な莫大な費用。


諸大名からも集金することで、何とか調達。


次に困難を極めたのは、材木確保。

いくら縮小したとはいえ、あの大仏殿に用いる材木です。
特に、大仏殿の大屋根を支える2本の大虹梁用松材が、ない。

元禄初年より探し続け、薩摩の請負人により、霧島山系白鳥山で発見。

・・・白鳥神社の境内。

薩摩藩と奈良奉行を通して公慶に報告があり、


公慶は現場へ飛んで、確認。

元禄17年(宝永元年/1704)正月に切り出し。

鹿児島津(鹿児島港)を出港し、兵庫津(神戸港)まで7日間。


船頭も驚く順風満帆、でした。(『興隆日記』)

鹿児島から兵庫までは船に乗せた虹梁材は、
兵庫津で下ろし、以降は船で引きます。

大阪の伝法川口で幕府の見分。

淀川と木津川を上り、8月10日木津で上陸。



8月19日より、台車にのせた虹梁材は陸路を東大寺へ。

9月2日と5日にようやく東大寺普請所へ搬入。

これが、「大仏殿虹梁木曳」

8月19日から9月5日までの木曳には、

地元奈良町から延べ1万7963名、
奈良周辺からは、木津村1400名を筆頭に延べ2601名が参加(『大仏殿再建記』)。

この間、幕府役人もそれぞれの地でそれぞれの役目の人間が警固。

公慶は、鹿児島から東大寺までずっと付き添っていました。



棟梁・塀内満政(正利)の指揮により大綱で上げられたのは、宝永2年(1705)3月。


宝永2年(1705)閏4月10日。「大仏殿上棟式」

大仏殿の棟札中央には

「卍奉再造東大寺大仏殿 大勧進沙門龍松院上人公慶敬阿弥陀仏」

南大門前で能六番、狂言五番が催されるなど、盛大に行われました。


上棟式を済ませた公慶はすぐに江戸へ。


宝永2年(1705)6月22日。

大仏殿再興を支えた桂昌院、逝去。

続いて。

宝永2年(1705)7月12日。

公慶上人、逝去。享年58。



大仏殿の完成を見ることなく、江戸の地で。

・・・。

遺骸は幕府の特別許可を得て箱根の関所を越え、東大寺まで運ばれ、近在の五劫院に埋葬。

翌年、遺弟公盛は勧進所内に御影堂を建立し、仏師性慶と公慶の弟子即念が製作した御影像を安置。

現在の公慶堂と公慶上人坐像です。


大仏殿再興は、次の大勧進・公盛が引き継ぎ、いよいよかんせ・・・

宝永6年(1709)1月10日。

五代将軍綱吉、逝去。


大仏殿再興に尽力した公慶、桂昌院、綱吉が皆この世を去り。

ようやく。

宝永6年(1709)3月21日から18日間、「落慶法要」



初日(3/21)華厳会。導師道恕前大僧正/勅使万里小路尚房
2日目(3/22)仏餉。公盛上人
3日目(3/23)三論宗論義(東大寺)
4日目(3/24)東本願寺派
5日目(3/25)鴎1霊 山正法寺
6日目(3/26)西本願寺派・南都三か寺・丸山安養寺・東山長楽寺・南都郡山四か寺并末寺14人出仕

以降、河内太子無量寿院、 梵網会/唐招提寺、薬師寺、拈香/智積院ほか、知恩院代如来寺、法隆寺、知恩院派大坂衆僧、百万遍知恩寺派、西大寺、融通念仏宗河州平野大通上人、黒谷金戒光明寺

18日目(4/8)東大寺最勝会

この時の受斎僧は9500名、受斎俗は1万1200名。
盛大な法会でした。(『大仏殿再建記』)


しかしこの場に、公慶の姿はなく。


一目でいいから、見て欲しかったですね。


以降も細かな復興は続き、

18世紀後半までには、中門・東西廻廊・東西楽門・両脇侍などの巨像も造立され、現存の寺観が整います。



永禄10年(1567)三好・松永の乱で焼失してから
宝永6年(1709)大仏殿落慶法要まで、

実に142年もの月日を要したのでした。


現在は費用も木材も集まらないでしょうから、火気厳禁。


勧進所付近から見た大仏殿。

公慶が最後に見たのは上棟の頃。まだ骨組み。


貞享3年(1686)。公慶が復興の拠点とした勧進所。

勧進所内には、同年建立の阿弥陀堂のほか、国宝僧形八幡神像を祀り、八幡殿や公慶上人を祀る公慶堂があります。

通常は中には入れませんが、10月5日の転害会の折には、国宝僧形八幡神像が開扉され、五刧思惟阿弥陀如来像、公慶堂公慶上人像と共に、拝観することができるそうです。


以上、江戸時代の東大寺大仏殿の再興話でした。


いつも応援いただきありがとうございます。
資金調達に目処が着いた後は、用材探し。鹿児島まで飛んでいって、一緒に奈良まで帰ってきた公慶。ほんとに嬉しかったのでしょうね。戦禍による焼失はとても残念なことですが、重源(鎌倉時代)と公慶(江戸時代)の尽力による再興の過程もまた、東大寺の長い歴史のひとつなのでしょうね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~~

>公慶上人

・゜・(PД`q。)・゜・今までの苦労が実るとなってガクっと来てしまったんでしょうか。
まだ高齢ってわけでもないのに・・・(´;ω;`)ウッ

霧島山系の白鳥神社からとは( ゚д゚)ンマッ!!
確かにあのあたりなら大木があっただろうなぁ

船旅で7日でついたのにもビックリ!
凄い早いですね(@@)
船泊は何泊だったんだろう~凄いなぁ

壮大なドラマを見ているようでした。
ぽちぽちぽちーーー☆彡

こんばんは!

今日も暑い一日でしたね。
早くも夏バテしそうです(-_-;)

>諸大名からも集金することで、何とか調達。
次に困難を極めたのは、材木確保。

そうですよね~
あんなに大きな建築物ですもの。
当時の負担、大変だったのがわかります。

m(__)m

\(^o^)/ 
凄いですね。

今、吉野で300年ぐらいの木がたくさんあります(売れないから切らない)が、根元の幹回りは3人ぐらい必要です。
宝永6年(1709)大仏殿落慶法要から307年・・・。
そのころに植林されたものだったのですね。

吉野で切り出して運びだす大変さ・・・霧島山系なら、なおさらだったでしょう。

やはり信仰心があったのでしょうね。

無責任男 拝

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

後少しだったんですよねぇ。

桂昌院のお見舞いに無理して江戸へ下ったのかなぁ。

鎌倉時代の再興と大きく違うのは、秀吉などの建設ラッシュで、畿内にめぼしい材木が不足していたことがあるようです。

薩摩がお手柄でしたね。

大阪と志布志は今なら一晩ですが、瀬戸内海から足摺岬経由で外海へ出た途端に海の色が変わります。揺れるし。

7日間も何事もなかったのは、仏のご加護だと興略日記に記載があります。

細かく記録が残るので、江戸時代の再興がいかに大事業だったかよくわかりますね。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

週末から急に暑くなりましたねー。
さすがにバテてしまいました。

資金調達の困難さに加え、木材不足が背景にあったこと。
これは興味深かったです。
この時代になると、秀吉などの建設ラッシュ後なので、他の物件でもかなり遠くまで探しに出掛けています。

ほんと、あんな大きな建物の材木は、見てびっくりですものね。

minekazeya様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

吉野杉、いい材木なのですよねぇ。もったいないなぁ。

あ、そうか。大仏殿再建の頃に植林されたものなのですね。
せっかく植えたのに、ああ、ほんとにもったいないです。

霧島山系から鹿児島港への運搬にも困難を極めたようで、切り出して曳いた道が近年発見されています。

発掘したら出てくるほどの、道中だったんだなーっと驚きました。

木津から東大寺までは見学者が殺到するお祭り騒ぎだったようですが、公慶を生き仏と拝む人々もおり(大仏再建日記)、彼にとってはとても嬉しい時だっただろうと思います。

この原動力を現代の感覚で推し量ることは、あまりしたくないですね。

素朴な信仰心が、とても豊かな方向へ向いたのだと思いました。

No title

おはようございます、kotodayoriです。

いつもブログへのご訪問、ありがとうございます。

東大寺再興の歴史、またまた初めて知りました。現代でも国立競技場のような巨大な建物には何年もかけているわけですから、東大寺再興の時の費用・労力はその時の権力者の命令がなければ集められないですよね。

でも、大仏殿の大屋根を支える2本の大虹梁用松材が、奈良の山からでなく、鹿児島から運ばれていたとは驚きです、技術者の執念を感じますね。

また、よろしくお願いいたします。

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あ、国立競技場。

そうですね、資金調達から計画、建設、運営。
どれも年単位のプロジェクトですね。

気の遠くなるようなお話です。

公慶の努力は大仏殿再興のきっかけになったものの、あまりに巨大プロジェクトであるため、やはり時の権力者が動かなければ無理でした。

鎌倉時代の再興と大きく異なり、畿内での建設ラッシュによりいい用材が不足していたようです。

大きいだけでは駄目なのでしょうね、大虹梁用松材。

私も奈良ではなく和歌山でもなく、鹿児島とは驚きました。
よくまぁ、霧島山系まで目が届いたものです。

さすが、幕府の一大事業。

それにしても急に酷暑になりましたね。

kotodayori様も、ご無理なさらず。

今日もありがとうございました。
またよろしくお願い申し上げます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。