スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大寺講堂跡。延喜元年「解除会」と夏越の祓

こんにちは。


大仏殿の北側、です。


土塁と堀かよっとぶうぶうしつつよじ登る。


まぁ、素敵な日本庭園ねー。


今は礎石だけが残る、東大寺の講堂跡です。

講堂跡を、東から西へ移動しまーす。


「大仏殿北方地区の調査現地説明会資料」より(奈良市教育委員会/2011)

かつて、大仏殿(東大寺金堂)の北側は、講堂を中心に東西・北を僧房(三面僧房)が囲んでいました。


《講堂の履歴》

講堂は、僧侶たちが集まり説法や講義を行う場所。

延喜17年(917) 失火で焼失→再建
治承4年(1180)平重衡の兵火(南都焼討)で焼失→再建
永正5年(1508)焼失→再建されず


現在は講堂の礎石のみ露出。

僧房は、平成23年7月に公共下水道築造工事の事前調査で初めて遺構を確認。

その際に

「大仏殿と講堂の間には東大寺造営以前からある深い谷が平安時代まで残っていたことも確認できました。

この谷の底には、奈良時代の大仏鋳造時の遺物を含む層が堆積しており、木炭、鞴(ふいご)の羽口、溶銅、銅滴、銅滓、木簡、檜扇・転用 硯などが出土しました。出土木簡には(表面)「 □守 受韊侖 一口 」・(裏面)「九月九日」 と記された大仏の銅を溶かす鞴(ふいご)に関わるものもあります。」(「大仏殿北方地区の調査報告」奈良市教育委員会/2011)


今は車道が通り平地になっていますが、谷があったとはびっくり。


礎石の大きさは、鹿さんと比較下さい。

ずっと「ぽー」と言ってます。ふふ。


つん、しないでー(T_T)

ところで。


六月晦日は「夏越の祓」があちこちの神社で行われますね。


夏越の祓、即ち「大祓」の初見は、『古事記』仲哀天皇の段。

延喜式に定められた「天つ罪」「国つ罪」を祓う宮中の年中行事でした。

応仁の乱による都の退廃で400年以上中断しましたが、明治4年(1871)、明治天皇が宮中三殿賢所の前庭にて大祓を復活。
翌年の太政官布告により「大宝律令」以来の旧儀の再興を命じます。


一方、東大寺で行われる「解除会(けじょえ)」。


かつては、講堂で行われた仏会です。


【東大寺「解除会」と夏越の祓】

(以下、東大寺HP「解除会」より引用)
http://www.todaiji.or.jp/contents/function/07kezyoe.html)

「解除会」は、わが国で古来より行われていた六月の晦(みそか)の「夏越の祓」や「水無月祓」と深い閑係がある仏会。

延喜元年(901)3月。

東大寺別当律師道義が秋の始めに毎年流行する疫病を防ぐため、奈良の諸大寺に呼びかけ

同年6月28日より法会開始。

七大寺(※南都七大寺/興福寺・東大寺・西大寺・薬師寺・元興寺・大安寺・法隆寺)の僧240~50人、楽人60余人を講堂に集めて行われたと伝えられる。

当初は観音の画像を新写して除疫を祈願し、解除と大書した御幣を二本作って講堂の前庭に立てたといわれる。



東大寺の講堂が焼失してからは、一時は食堂(じきどう)で、或いは大仏殿内の如意輪観音を本尊として勤められてきた。

この解除会は、応仁・文明の乱以後一時中絶したものの、江戸時代に再興。
今日では毎年7月28日、大仏殿で盧舎那仏(大仏さま)を本尊として勤められている。

(以上引用終わり)


ここ、講堂で行われた「解除会」。

大祓と表裏一体のような仏会ですね。


ぽっちん、したらどうなるかしら。ふふふふふ。


礎石の大きさ、どうでしょう。


気を付けないと、落ちます。


大仏殿へは向かわず、お散歩続行。


いつも応援いただきありがとうございます。
神社で行われる茅の輪くぐりを見慣れているので、お坊さんが茅の輪くぐりをしている光景にちょいとびっくり。しかし、東大寺において綿々と受け継がれてきた仏会です。講堂の礎石、この辺りでランチをした青春時代が懐かしいです。きれいな芝生ですが、鹿さんの落とし物がてんてんてんてん。要注意です。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~♪
もう半年が済んで今日から7月です。
今月もよろしく(^_-)-☆

応援ポチ

No title

こんばんは。

「夏越の祓」
日本語の美しさを感じる言葉ですねぇ。
幽玄な感じ。

「茅の輪くぐり」
私たった一度、新海神社でこれを見て、もちろんくぐったんだけど、あれが初めてなのよね。
6月30日にしか、やっていないの?

No title

茅の輪くぐりはしたことがありますが、お坊さんがしている光景は珍しいですね!

鹿さんの落し物・・・踏まないように歩くの大変(^_^;)
雨の日は勘弁して欲しいです(笑)
奈良に行く日は、なぜか雨が多いのですが・・・

まり姫様

いつもご丁寧にありがとう。今月もよろしくお願いします。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

夏越の祓。そうですね。言葉の響きがいいですね。

能には、「水無月祓」ってのがあります。夏越の祓の別の呼び方で。

神社の祭礼なので日付が決まっていますが、神社によって前後の数日を含んだり、まるっきり日付が違ったり、案外まちまちです。

当日突然に輪っかがわいて出るわけでなく、氏子さんや宮司さんが数日前から作っていますので、行けるときにくぐる、こともありますし。

名古屋の実家近くの神社では、8月1日でした。
輪っかはバスが通れるぐらい大きくて、小さい頃は怖くて怖くて。
なんというか、食べられてしまうような気がしたんですよー。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そーなんですよ。お坊さんがしてるのは、ここでしか見たことがなくて。

とても面白いなーっと。

鹿さんの落とし物、だいじょぶです。
草がこなれてるだけですから、においませんっ。

むにむに踏んづけて、その足でお寺や神社へ行く奈良公園って、なかなかシュールですよねー。

あ、そうそう。

雨の日は、ずるっと滑るんです。

・・・何の話をわたくしってば。おほほほほ。

No title

お坊様の茅の輪潜りに目を丸くしてしまいました。
ほんと珍しいなぁ。
こちらで茅の輪見ると車も通れる茅の輪思い出しちゃうw

奈良の鹿画像見る度に台風にぶち当たったことを思い出しいつリベンジかまそうか悩むのでした。
でも鹿かわいい。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

車の茅輪くぐり、覚えていて下さってとても嬉しいです。
これで今日からまた頑張れるわ~(゜∇^d)!!

お坊様の輪くぐり、びっくりですよね。

そうでしたよね、えー!?こんなときに、奈良!?でしたね。

ちびちゃんは、飛火野や二月堂、講堂跡など少し静かな辺りにいますよ。鹿苑で餌やりイベントもあります。

大きい鹿さんは、観光客のいるとこに。
おせんべ持ってると来る、じゃなくて、持ってないと来ない、なんだなーっと遠目に眺めておりました。

こんばんは

夏越の祓い、東京は、どこも30日を挟んで何日かありますので、
都合のいい日に祓いしたり。

あ、お坊さんの輪潜り、やはり奈良ではの風物!?
明治政府が、神仏分けてから別々になったかな。
江戸時代は、お寺と神社は同じお坊さんが、
取り仕切っていたとも聞いていますから。

私の市内の神社は、全て神主不在になっています。
必要な時はと、連絡先が掲示されていて、
電話すると、その時に駆けつけるような・・・・

と、変な愚痴になってしまいました。

one0522様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

なるほど。好きなときに訪れることができていいですね。

輪くぐりしないと、何となく落ち着きません。

ざくーっと調べた中では、神社側の「大祓」は中断していたようですね。
民俗としての夏越の祓は風物詩のように続いていますが。

神仏分けて以来、初詣のように「神社のもの」っと刷り込まれているかもしれません。
神社では祓い、お寺では祈る、と言っているのが面白いです。

神職さんが常駐しているお社は、確かに少ないですね。
別のお仕事をされている方も多いです。

明治の分け分け直後と反転して、今は神社の方が青息吐息の印象がありますね。

社務所に人がいると、ものすごくびっくりします。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。