東大寺転害門。天平時代唯一の遺構門と盃状穴

こんにちは。


奈良公園の鹿 on 自分の落とし物。


東大寺てくてく。

大仏殿の北西に向かって、てくてくてくてくてくて。


大仏殿北側の講堂跡や


大仏池を通りすぎ


正倉院の森を曲がって、西向きにてくてく。

そして。


境内西北にある転害門。内側。

天平時代は、東大寺と平城宮を結ぶ最も重要な一条南大路の東端の基点にあたる転害門です。

往時は偉い人達の別荘が建ち並んだ一条南大路の別名は、景勝地を意味する「佐保路」。

佐保路の終点なので、佐保路門、とも呼ばれた門。

「東大寺山堺四至図」(756年創建直後か)に佐保路門の名で存在。


「東大寺山堺四至図(江戸期模写本)」

創建直後にはまだ南大門はありません。



どーん。

三間一戸八脚門の形式をもつ堂々とした門。
平重衡の兵火(1180年)、三好・松永の戦い(1567年)の2回の戦火にも焼け残った寺内で数少ない建物のひとつで、天平時代の東大寺の伽藍建築を想像できる唯一の遺構である。

(東大寺公式サイトより)
http://www.todaiji.or.jp/contents/guidance/guidance9.html


このななめの屋根が翼みたいでお気に入り。


大門地蔵講。


「転害門」とは、吉祥の位置で害を転ずる意味から。


鎌倉時代の改変はあるものの、基本的には奈良時代の建物。

この転害門は、


手向山八幡宮の祭礼である転害会(てがいえ・10月5日)の御旅所。

東大寺建立の際に宇佐八幡宮から勧請。
平重衡の兵火後に北条時頼により現在地へ移った東大寺の鎮守社。

八幡神は一条通から、この転害門を通って東大寺に入ったといわれ、それが「転害会」の由来。


その際に神輿を置く基壇。基壇 on 基壇。

転害門の基壇は、鎌倉時代の大改修時に創建時の奈良・二上山の松香石(凝灰岩)から、強固な花崗岩に取り替えられています。
(『国宝東大寺転害門調査報告書』/2003)


柱の礎石は、花崗岩。


転害門の基壇最上部に面白いもの、あります。


盃状穴。はいじょうけつ。

古墳等にも見られるこの盃状のあなぼこ。
名称こそ近年の研究により名付けられたものですが、あなぼこ自体は全国、さらには海外でも見られるもの。


但馬の酒垂神社では、本殿下のここに


ぽこぽこ。


舞鶴のお寺でも


いっぱいぽこぽこ。

この穴を穿って、何かをお祈りしたのかな。

転害門に戻り


無数にぽこぽこ。

浅いものも含めて、数十箇所ありましたのよ。


東大寺の門にこんなに。今なら捕まる。

面白いのは、東大寺の中ではこの転害門でしか見られないこと。
どうして本殿や本堂、他の建物じゃなくて、門なんだろう。

東大寺の二度の戦禍を生き延びた事に関連するのかしら。


なんで、柱の礎石にもあるんだー。

と。

まぁ、ここまでは外から内へ向いているので、あー、転害門と東大寺を拝んだのかしら?と思うのですが。

ががが。


なんで門の内側にまであるんだー。

やはり、転害門が信仰の対象なのか?

・・・うーむ。こんなときは、


笑っておこう。へへ。


いつも応援いただきありがとうございます。
転害門まで来ると観光客は皆無で、静かに静かに拝見出来ました。ほっとしましたー。東大寺の西隣が平城京になるので、この転害門が往時は一番近い玄関になります。東大寺の境内には、それこそ神も仏も神社もお寺もわんさかとあるのに、なぜ転害門だけに盃状穴があるのか。とても不思議で面白いなと思います。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

( ..)φメモメモ

\(^o^)/

あ゛ー! せ、背中が遠くに・・・なっていく~。

無責任男 拝

No title

青森県の神社ですが、リンク先の神社でポコポコを見つけて少しだけ調べたことがあります。

説が多過ぎて結局のところ、真実はわからなかったんですけどね(笑)

minekazeya様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

だいじょぶです。

母をおんぶした時に「あなたの背中は大きいねぇ」と言われたほど、私の背中はとても丸くておっきいですから。

いやいや。

幸いなことに大阪で大学生活を送りましたので、奈良公園はオリエンテーリングしたり、でぇとしたり、せっせと通いましたもの。

その時に転害門のあなぼこには気づいていたものの、屋根からの雨つぶが穿ったものだと思っていました。

ブログを始めて記録に残すようになって、また、ブログを通じてお知り合いになった先輩の記事から、これはそうではないのよーっと気付き。

どーしても、改めて訪れてみたくなった次第でございます。

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おおお。青森県にも同じぽこぽこが。

すてき。

踊っちゃう。いやっほーい♪

そう、説が多すぎるわ。

江戸時代に大流行したらしいのはわかったけど、だからそもそもこれは何やねん?な。

笑ってごまかす。それしかできませんでした。えへへへへ。

No title

こんばんは~

知識の引き出しゼロなので、自分も笑って誤魔化します
あははは・・il||li _| ̄|○ il||l

ぽちぽちぽちーーー☆彡

はじめまして

懐かしい奈良の、珍しいものを拝見しました。
これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうねー。こんなときは、一緒に笑ってごまか・・・

させませんわよっ。

旅は道連れ、死なばもろとも、毒を食らわば皿までぺろり。

民間信仰は文献に残りにくい反面、こうして形を残してくれるので不思議だったり楽しかったり。

盃状穴だけを目指してめぐるより、あれれ?こんなとこにもあるよー?な方が面白いです。

狛ちゃんに穿たれたら、暴れますが。こほ。

ヨリック様

はじめまして。お名前と記事だけは存じておりましたが、コメントいただきとても嬉しいです。ありがとうございます。

数年ぶりにゆっくりと東大寺や奈良公園などを歩きましたが、やはり奈良はいいですね。

国宝が手の届くところにあるのがとてもありがたいです。

こちらこそ、何卒よろしくお願い申し上げます。

No title

こんばんは。

あれ?
何だかデジャヴ感が。
あわてて、あるブログ様を見てみると、群馬県妙義神社の随身門の階段に、同じような穴が!!
両側の同じような位置に一個ずつ。
これは一体何でしょうね?

このたびはぬさもとりあへずたむけ山 紅葉の錦神のまに/\(古今420:菅原朝臣)

こんばんは。いつも樂しく拜見させて頂いてをります。

さうですね、転害門のはうはなか/\足を運ばなかつたですね。奈良公園周邊は、東大寺、興福寺、春日大社に博物館と見どころ滿載で一日では廻りきれなかつたですね。
若草燃ゆる時季の奈良をまた訪ねて見たくなりました。

盃状穴、實に面白いですね。やはり、重衡と久秀に燒かれなかつたから、こゝだけにあるのかな。興味深いですね、寝られなくなりさうです。

No title

つねまるさん、こんばんは。

しばらく沈黙していたら、違うブログを訪問しているような光景です!

鹿の狛さんだと思ったら、生もののようですね(^o^)ノ

柿食えば、お腹の調子が悪くなる~

「鹿さんもトイレがおうち」といっています。
柿、食べちゃった?

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お?群馬県の神社にもありまして?

何なのかしらと聞かれたら、あなぼこです、なのですが、面白いですよね。

穴に油を差して火を灯したとか、いろいろ言われておりますがよくわかりませんの。

気になり出すと、止まりません。
社殿ではなく下を見てしまい、いろいろな事を忘れて帰ってくるはめに陥ります。きけん。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

手向山の風情、今も静かにお詣りできましたよー。

奈良公園界隈は、今日は春日大社の日、今日は博物館、とテーマを絞らないとヘトヘトになって途中から記憶が曖昧になってしまいますね。

今の季節、緑がとても若々しくてきれいです。

東大寺もまた、焼失と再建を繰り返していますので、転害門が残った点は今よりもずっと注目されていた気がします。

不死の門、なのかなぁー。

面白いですよね。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

たまには、なまもの。えへへ。

三成のようにお腹が弱いと柿はあまりよくないのかしら?

落とし物、コロコロとまぁ、たくさん落ちてましたよー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼