春日大社「御出現!春日大社の神獣展」獅子と狛犬

こんにちは。


今はバンビちゃんの季節。


いっちょまえにかきかきしてます。

鹿といえば、


あんにゅいな鹿さんの水口ぴゅーがあるのは、

・・・春日大社。


必死。


いつ見ても、うぷぷっとなります。

突然奈良へ来たのはこちら。


今月末までの「春日大社の神獣展」へ駆け込みましたー。


本殿として武甕槌命(たけみかづちのみこと)など4柱の祭神をまつる四つの社殿がある春日大社。

それぞれに獅子・狛犬が置かれていますが、社殿は皇族や神職しか立ち入れないため、非公開でした。

今回の式年造替(ぞうたい)を機に約800年ぶりに新調されることになり、
宝物庫へ移動する前に、初めて一般に披露されました。


すきっぷする勢いで突入。


四柱の祭神を祀る四つの本殿。

第一殿・第二殿の獅子と狛犬、第三殿・第四殿の獅子が、鎌倉時代。

くぼんだお目目と広い胸元、がっちり体型がこの時代の特徴。

第三殿・第四殿の狛犬は、室町時代。


第一殿の獅子と狛犬。

鎌倉時代生まれ。はっぴゃくちゃい。


どっちりおすわり。

州浜(おすわりする台座)が岩場のようなごつごつ。


第二殿。ぶたっぱなのおちゃめさん。


この子達も鎌倉時代。はっぴゃくちゃい。

首をかしげたり、強がったり、かわいいぞ。


第三殿。強烈な個性。

獅子くん、写真写りがお気の毒。あおーんってしててかわいかったのに。


ワレワレハコマイヌナノダ。パンダじゃないノダ。


第四殿。怖い狛犬とかわいい獅子。


獅子がわんこ。よーしよしよし。


詳しくは、⇒⇒⇒春日大社式年造替サイト
http://www.kasuga-houshuku.jp/special/koma/
※期間限定サイトかもしれません。


この子達がいたのは、


こんな場所ですから、(画像は手向山神社)

屋根があるとはいえ長年の風雨にさらされ彩色が落ちてしまいました。

元は金色+緑のたてがみ等、とても色鮮やかな姿。
それは数々の絵巻等に描かれています。



春日大社では、獅子と狛犬について、式年造替の度に寸法・色・形を記録に残しており、今回それに基づいたものが新調されるとのこと。

我々が直接見ることはかないませんが、
新しい子達も何百年の長い年月、神様とお社を守っていくんですね。


聞いてる?


これこれ。あなた、春日大社の神の使いですよー。


いつも応援いただきありがとうございます。
とてもとても見ごたえのある展示でした。8体のポストカードを買ってきたので、うっとりと眺めています。みんなそれぞれとても個性的で、生き生きとしていました。名のある仏師の作ではないかと説明を受けましたが、宇宙から来たような狛犬さんをどんな顔で生み出したのやら。うふふふ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

修学旅行で春日大社に行きました^^
鹿・・・ついてきて怖かった(´;ω;`)ウッ

色んな時代の狛ちゃん、時代によって宇宙犬?だったりワンコだったり楽しいですね^^

パラダイスにスキップする つねまる様がイメージできました^^
ぽちぽちぽちーーー☆彡

\(^o^)/

\(^o^)/ こんにちは

お師匠さんのブログ見て、麻呂も慌てて行ってきました。

麻呂もポストカード8枚、ブログに載せようかなと買っちゃいました。

若宮15社の第一に鎮座している獅子狛ちゃんは写真を撮らせてくれないので隠し撮り。おめめのあたりだけでした。

手向山神社も行ってきました。

大仏殿の日本一古い石造りの狛ちゃんも見てきました。

ブログに載せても良いでしょうか?

疑問点や違った角度からにしたいと思います。

おっしょさんに追い付け追い越せが・・・背中がどんどん遠ざかる・・・。

無責任男 拝


時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おおおっ。遠路はるばる!?

私も小学校の修学旅行で京都&奈良でしたが、春日大社にはお参りしてないです。
鹿さんはおせんべ持ってないと無視されるのですが、きっと時乃★栞様と遊びたかったのね~♪

展示の狛犬さんは鎌倉時代のおすわりさんが主体でしたが、室町の子はおしりを上げて動きが出ていて面白いです。

パラダイスにスキップどころか、猪突猛進だったかも。へへ。

minekazeya様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

(゜∇^d)!!

あ、間に合ってよかったです!!

ポストカード8枚と、クリアファイルを2冊。ひとつは使って、もうひとつは大事に飾る用です。うふふ。

行きつ戻りつ、あの中で40分。何度見ても、いい子達でしたー。

おお、若宮巡りもされたのですね。
私はもう、展示ばかりが頭にあって、前しか見ておりませんでした。
おほほほ。

手向山神社、東大寺の日本最古の石獅子、ゆっくりご覧あそばして?
どちらも素晴らしいですね。

特に手向山神社界隈の雰囲気と三月堂の仏像がとても好きです。

麻呂様の記事を楽しみにしてますー("⌒∇⌒")
どんなお話になるのかな。考察とか、すごいな。

おっしょさんではございませぬが、私の大学時代の称号は

ノーバックカンガルー

・・・推して知るべし知るべし。

えへ。

No title

おはようございます。

神獣展行かれたのですね。

つねまるさんはどの狛犬さんがお好みですか?
個性的で甲乙つけがたいですが、私は第一殿の吽が好きですね。(と、東大寺でも大仏を見ず、南大門の狛犬さんを撮るオジサンは思います。)

たっつん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

やっと行ってきましたー!たっつん様の呟きをよだれを垂らしながら拝見して、知恵熱出して、悶々としておりましたの。

第一殿の吽さん、いいですねぇ。渋いですよね。

私は第二殿の吽ちゃんです~♪
ん?ってお顔が何ともいえなくて。

と、東大寺でも大仏を(以下同文)のオバサンは思います。えへ。

No title

こんばんは。

「御出現!春日大社の神獣展」
これは面白そう!
春日大社、こんな展示会を催すなんて、なかなかですね。
神獣の中には山犬さんなんていないのでしょうか。
そもそも、山犬と狛犬は別物なんでしょうか。
私、山犬さまが何とも好きなんですが。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

おかえりなさーい。

そおぉぉぉなんです。春日大社、粋な催しをしてくださいました。

山犬さんのお話ですが、私見を申しますと。


【外見】

角があるのが狛犬。ないのが、獅子。

春日大社の展示を見る限りでは、獅子も狛犬もわんこに近かったです。

これに対し南大門はわんことは言いがたい。

春日大社は仏師が、南大門は南宗の人が作り上げた事に由来するのかなぁ?と思います。

全国の狛犬を見ていると、地域ごとの傾向が強く、次に石工さんの個性が顕著です。中には山犬もいるし、狆(ちん)やお化けちゃん風もいます。


【存在の由来】

神様と仏様をあらゆるものからお護りする「神獣」。

春日大社の鹿は神の使い「神使」。
なので、春日大社系列のお社で狛犬の位置に鹿さんがいても、厳密には「狛犬」とは違います。


【結論】

外見が山犬に似ていても、神様をお護りしているなら狛犬。
神獣です。

何かの伝承があって、山犬が神の使いと位置付けられているなら、神獣である狛犬ではなく神使。

よって、神社によって異なると思います。

ご無沙汰してます

いつも拙ブログへのご訪問、ありがとうございます!

東京国立博物館の春日大社展で先日、こちらの狛犬・獅子ちゃんたちを見てきました。
もー、めちゃくちゃ可愛いんですね(*´∀`*)!

「うん、うん。そうなの? よかったねぇ。よーしよしよし」
と会話をし、ムツゴロウさんばりにわしわししたりしましたよ(もちろん心の中で 笑)。

狛ちゃんたちの可愛さに目覚めました。
これから神社などに行ったら必ずチェックしたいと思っています♪

カオリ丸様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問ありがとうございます。

こちらこそご無沙汰しております。
東寺百合文書の情報、ありがとうございました。
おかげで「あ、しまった」と思うことなく拝見出来そうです。

あ、そうそう!春日神社の狛犬ズ、東京へ出張してましたね!

かわいいでしょ。ふふふ。

あんな子達がけなげにずぅーっと神様をおまもりしてきたんですよー。

「ねーねー、東京は何がおいしいの?」とか、「あのねー、富士山、はじめて見たのよー♪」とか、言ってました?

ほんとに、よーしよしよしよしよし、したくなりますよね♪

狛ちゃん達の可愛さに目覚めてしまったのですな。

ふっふっふ。

ようこそお越し~\(^o^)/

きっとそのうち、狛ちゃんの前で「にたぁ」とすること間違いなしですわよ。おほほほほ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼