スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐野町の天神社(1)丹波佐吉の麗し狛犬

こんにちは。


ほんとにお邪魔なわたし。

大勢の氏子さん方がきれいにきれいに掃き清めておいでです。

ここは、滋賀県東近江市佐野町の天神社。


狛ちゃん、おはよー。


ラジオ体操♪


起きてー。


そうよー。一緒に歌ってあげようよー。


あれれ?

なんか、麗しい狛犬さんじゃありませんこと?


気のせいかしら。


この「しゅたっ」のあんよ・・・


いたいた!

「作師照信」

丹波佐吉の狛犬さんです。


ちょっとー!おすましあそばしっ。


そうそう。えっへん。

この二人は


京都府南丹市園部町に鎮座する摩氣神社の狛犬さんです。


豊かな髪の流れ、ふんわり美しい尻尾に細かい細工。


摩氣神社の狛犬さんはこちら

⇒⇒⇒「摩氣神社の丹波佐吉狛犬『阿』」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-193.html

⇒⇒⇒「摩氣神社の丹波佐吉狛犬『吽』」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-194.html



佐野の天神社。


摩氣神社。


ほんと、そっくり。



こちらは兵庫県丹波市柏原町の柏原八幡神社。

故郷に戻った佐吉が恩人の依頼で生み出した渾身の作です。

⇒⇒⇒「柏原八幡神社。佐吉渾身の狛犬物語」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-404.html



徳島県美馬市脇町の八幡神社のちびちゃん。

手元でかわいがるならこちら。うふふふ。

さて。


佐野の天神社の狛犬さんが丹波佐吉の作と確認されたのは、

ほんの数年前。


まだまだどこかにいるのかもしれません。

つづく。


天神社
《住所》滋賀県東近江市佐野町



いつも応援いただきありがとうございます。
孝明天皇より「日本一」の称号を賜った丹波佐吉。故郷を離れワタリの石工として各地にその足跡を残しながらも、哀愁漂う人生を送った彼の狛犬さんを求めて、滋賀県東近江市。実にあっけらかーんっとおすわりしていました。あああ、幸せなりぃー♪

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

\(^o^)/

\(^o^)/ こんにちは お師匠さま

丹波佐吉の記事読ませていただきました。

狛ちゃん・・・いや、狛犬様は奥が深いですね。

狛犬辞典・上杉千郷著を図書館で借りてきて読んでいます。

漠然と狛犬と鬼瓦の顔は似ているなと思っていましたが・・・これに関しても掲載されていましたので、じっくり吟味・・・っていうか勝手な解釈してみたいなと思います。

無責任男 拝

No title

こんばんは~

素敵です。麗しい~~~
目の前で見れたら、ウットリ見惚れちゃいますね^^

足先も尾も足の太さも全部好き^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

minekazeya様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

("⌒∇⌒")

おおお。かの狛犬辞典を!

さすが麻呂様。

体系的、いや、体型的に分類すると、古の物流のルートなどが影響していたり、とても面白いですね。

関西地区の中でも地域性があって、今日はでかい狛犬さんシリーズになるぞーとか、笑う狛犬さんいるかなー?とか、楽しいです。

屋根の上の飛び狛さんも、かわいいですよねー。
鬼瓦考察、楽しみです♪

丹波佐吉の道しるべや「奉納」などの文字は、ラガールカードがすっぽり入るほどの深さまで彫りこんであり、一目でわかります。

佐吉のこだわり、すごいです。

春日大社で月末まで鎌倉時代の狛犬さんの初展示があるので、週末に駆け込んできます~\(^o^)/

No title

さすが、名人丹波佐吉の狛犬‼

いいなぁ、見たいなぁ。

いつか見に行く日を楽しみにしよう。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

丹波佐吉と知らなくても、とても素敵な狛犬さんですよね~♪

足先や太さ、尻尾の形、惚れ惚れとしました。

ちびちゃんずとはまた趣の違う、大人の狛犬ですね。

たっつん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

丹波佐吉狛犬が滋賀県にもいたので、ぜひまたお立ち寄りくださいませ。

地元の方もびっくりの発見で、正直戸惑っておいでのようです。

もみじ饅頭・佐吉作、とても立体的な尻尾で、これも味わい深いです。

ぜひぜひ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。