大森神社(3)大森藩と最上騒動

こんにちは。


滋賀県東近江市の大森神社。

むかしの名前は、近江国蒲生郡大森。

元和8年(1622)大森藩が立藩、寛永9年(1632)廃藩。


本殿。

朝廷から許された菊花の紋と、足利二つ引紋。

この付近を治めた大森藩藩主は、


そうね、ちびちゃん、


最上氏ねーっ。


最上氏といえば。

足利氏(清和源氏)の支流・斯波氏(三管領)の分家。

最上氏全盛期は、第11代当主で出羽山形藩初代藩主の、最上義光

関ヶ原の功績により、57万石の大きなおうち。

出羽山形藩とは、


・・・どこなんだ。

置賜郡を除く現在の山形県全土と秋田県由利本荘市周辺(1602)の計57万石。

なぜそんな大藩が、1万石で大森藩に?

原因は、最上家内のお家騒動。いわゆる「最上騒動」です。


【最上騒動】

《発端。義光の後継》

長男・義康 × (家督を逃した頃、変死。アヤシイ)
次男・家親 ○ ←江戸へ差し出され徳川秀忠に仕えていた。

慶長19年(1614)義光死去。

6年後、家親急死(37歳)。アヤシイ。

「猿楽を見ている途中に頓死。皆が怪しんだ」(『徳川実記』)
「加藤惣内の娘・おひさが湯殿で刺殺した」(『羽陽軍記』)


《山形藩第3代藩主》

第3代藩主は、義俊(家親の一人息子)。

12歳。

頼りない。

そもそも第2代家親は、ずっと江戸暮らしで、家臣にも地元にも馴染みがなく。


☆派閥その1☆第3代藩主・義俊派

☆派閥その2☆義光五男・山野辺義忠派

両者対立。




《幕府の介入》

元和8年(1622)。

義俊支持派の松根光広(義光の甥)が、幕府老中・酒井忠世と本多正純にチクる。(証拠なく騒いだとして柳川藩立花氏へ預りの処分となる)

幕府、説得。和解案。

「ひとまず藩の領地を幕府が預かり、代わりに、新たな6万石を与える。現在の重臣共は、力を合わせて現藩主の義俊を盛りたてて補佐せよ。義俊が成長したあかつきに本領を返す」

義光五男・山野辺義忠派、反発。

やめとけー。


ほらみぃー。


《騒動の結末》

元和8年(1622)8月18日。

最上氏の出羽山形藩。幕命により、改易

山野辺義忠は備前岡山藩に追放(後に水戸藩家老)、山野辺義忠派家臣達は、佐倉藩主・土井利勝、豊前細川家に預りとなります。


しかし。

宗家の斯波武衛家は既に滅亡。

斯波氏の流れを汲む最上氏は断絶を惜しまれ、近江国蒲生郡に1万石の知行を改めて与えられます。

これが、大森藩。


ふっかーつ、だよー。

元和8年(1622)。

最上騒動により改易された最上義俊。

改めて、蒲生郡・愛知郡・甲賀郡、三河国内、1万石で大森藩立藩。


お家騒動のツケはえらく高くつきました。



しかし。

義俊の死後、子の義智が幼少であったために5000石に減知され(参勤交代等で財政が逼迫し、藩からの願いもあった)、廃藩。

子孫は旗本交代寄合として明治維新まで存続。

代々の最上家当主が崇敬したのが、ここ、大森神社。


ちびちゃん、ひとこと多い。


参考サイト
「最上騒動」wikipedia、他


いつも応援いただきありがとうございます。
お待たせ致しました。ようやくネタバレ解禁です。静かな静かなお社を散歩しながら、そうかぁ、ここへ来たのかぁ・・・と感慨無量。最上義光というとんでもない巨星の跡は、誰が継いでも物足りないでしょうが、よっぽど江戸暮らしの家親が鼻にツイタんかなぁ?幕府の思うつぼに嵌まった感じが抜けない東北の雄・最上氏の改易、ほんとに惜しい事ですね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~
国元と江戸との軋轢を執成す人物が最上家にいなかったんでしょうかね。
このころは戦国の気風が残ってて若すぎる当主に大藩を預けるのは(・A・)イクナイ!!
っていうのもあったみたい。
(そのわりに徳川御三家の初代は若いけど^^;)

交代寄合って確か準大名格(参勤交代が義務じゃない)だから、武家として残っただけでも結果オーライだと思います。

最上氏は長いこと、地元山形で不人気だったんですが、近年は研究が見直され始めてますよ^^

子狛の「もなみぃ~」がツボ^^
ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。いつも樂しく拜見させて頂いてをります。

なるほど、最上氏でしたか。
で、改易になつた最上氏が近江にゐたのは知りませんでした。勉強になりました。
最上と言へば、何と言つても伊達政宗や上杉景勝と鎬を削つた義光ですね。
近江に所縁の地があつたなんて。

No title

そうですか。
最上義光の末裔は、こんな所に来たんですか。
義光だけが有名で、その子孫がどうなったかなんて、考えたこともなかったわ。
本当に「思えば遠くにきたもんだ~」ですね。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

えっ。最上氏って、地元で不人気だったんですかっ。
あらやだー。知りませんでした。
昔々訪ねた最上義光歴史館がとても良かったので、てっきり・・・。

うーん。記憶が定かでない。

関西を拠点にしてるので、最上氏が滋賀へ「来た」なのですよー。
だから、いらっしゃいませ、の気持ちが強くて。

稲田さんちと逆。(←行っちゃった感じ。)

えーっと。最上さんちの話、続きます。
今度は私の好きな分野。よいものを残してくれました。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

すみません、ゆっくりゆっくりでございます。

最上義光が巨大過ぎたのでしょうかねぇ。
家臣達は誰が跡を継いでも不満だった気がします。

最上さんの周りが派手過ぎて、いまいち地味な感じがしないでもないですが、頑張った人ですよねぇー。

好みは、もっともっと前の時代ですが。
阿弖流為なんかも気になるところ。また東北縦断したいなぁー。

近江は何が現れるやらわからないところが面白いですね。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そーぉなんですぅー。最上義光の末裔どころか、お孫ちゃんが来たんですー!

確かに最上義光の後は、すかーっとなかったことになっている感じですね。

地元山形からしたら、改易になって去っていった、ですから、あまり関心がないのかな。

でもこちらからしたら、最上さんが来たよー♪です。

いやぁ、でも、ほんと、遠いですわね。
また山形へ行きたいですが、飛行機、嫌い・・・。

No title

こんにちわー!
籠彫も素敵だし、子供狛犬の振り向き加減もいいですね(笑)

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うふふふ。おちゃらけた内容のせいでボケてしまいましたが、落ち着いた中に気品あるたたずまいのお社でございます。

子狛のエクソシスト的な振り向き加減は、見る角度によって様々な表情を見せる石工さんの技の巧みさを表しておりますね。

・・・誰。

あはは、うふふ、っと眺めるだけでも笑いが止まらない狛ちゃんに足止めされて、ちーっとも前へ進まなかったです。ぴゃ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼