大森神社(1)かわいい子狛と、スパルタかーちゃん

こんにちは。


社格が削り取られた社標柱。

ここは、大森神社。


緑豊かな参道です。


神社の宝箱。


参道の先に鳥居と、狛犬さん。

今日は狛犬の日。


春の日差しはきっついねー。


くるくる巻き毛の凛々しいとーちゃんに対し


さらっさらのストレートヘアーな、子狛ちゃん。

若いっていいねぇ。


子狛、とーちゃんの真似をして吠えてみる。


甘え上手。


かゆいとこに手が届く男。それは、とーちゃん。


気持ちいいねー。


してへんしてへんっ。


かーちゃん・・・。


しぃーっ。


スパルタかーちゃん。


でも、乙女なボール in ボール。素敵な彫刻。


しぃーっ。しぃーっ。


かーちゃん、素晴らしい尻尾です。


かーちゃん、つの、はえた。


とーちゃん、子狛を売る。


大安売り。

しかし、子狛は思う。


子供は案外、おとなだったりする。

さて。

この神社、ある人が関わります。


だーれだ。

といいつつ、ネタバレはご容赦。


大森神社
《住所》滋賀県東近江市大森町 大森神社


県道46号線が社頭と鳥居の間の参道を横断しています。

いつも応援いただきありがとうございます。
ふっかーつ。のんきに寝込んでいる場合じゃないので、時代遅れであろうとも気合一発。いや、お薬のおかげです。この狛犬親子は昭和10年の奉納ですがとてもいい姿でした。赤ちゃんから少し成長した子狛ちゃんというのが珍しかったです。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~~♪
平野部では猛暑のようで暑い日になりましたね(。^p〇q^。)プッ
私はエアコンの前から動けません(。_゚)〃ドテッ!
水分補給をして楽しい週末をお過ごしくださいね(*^_^*)

No title

こんにちは。いつも樂しく拜見させて頂いてをります。

菊花と二つ引きの紋ですね。誰だらう、足利將軍關系かな。嘉吉の亂後、色々ありますし。

續きを樂しみにしてをります。

No title

こんばんは。

この神社は・・・・ なんて素敵な参道なの。
きっと由緒深い神社さんなんでしょうね。
何故、社格が削り取られてるんだろう。
曰く因縁があるんでしょうね。
狛ちゃん親子の会話、特に 「もちょこい(くすぐったい)」 所を掻き掻きしてもらってるのが、私的にはツボですわ。

No title

こんばんは~もう大丈夫ですか?^^

子狛のサラサラなキューティクルヘア羨ましい^^
ママンのボール、凄い細工が細かい彫りですね。
どうやって彫ったのか見てみたいわぁ^^

家紋・・・続き楽しみです。
ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

いつもながら、目の付け所がパナソニック(?)

勉強になります。

まり姫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

日差しが強いですが湿度が低かったので、おうちでは窓を開けていたらやり過ごせました。

こんなの、まだまだ春の気温さー。

大阪の真夏の暑さは、殺人的です。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そぉーなんです。足利系の人達がここへ来ました。
続きをすぐに書きたかったものの寝落ちまして、先伸ばしになっておりますがすみません。

琵琶湖周辺のこの地域、何だかんだと様々な時代の様々な人達の足跡が残り、面白い地域ですね。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

長い長い緑の中の参道でした。素敵ですよねー。

狛ちゃん親子の回りをぐるぐるしていたら、子狛ちゃんの「きゅー」って声が聞こえて。

うふふ。

もちょこい、かわいい言葉ですね。
ほんとにくすぐったい感じがします。

こちょこちょ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

子供の頃は何もしなくてもさらさら。天使の輪。
羨ましい話ですわー。

かーちゃんのボールの細工、手が込んでますよね。
昭和10年という時でも、こんな素敵な狛犬さんを奉納することが出来たんだなーっとちょろちょろ考えました。

まあ、お察しのあの人んちが来たわけなんですが、なかなか素晴らしいものを残してくれています。

たっつん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

子狛ちゃんが、「きゅーきゅー」言うので。

ついついこちょこちょしたくなりました。

私は森のなかで何をしているのでしょう。おほほ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼