大森神社(6)大森における最上家最後の当主と社格

こんにちは。


戦国の雄・最上氏が改易後1万石(後に5千石)で陣屋を構えた、

近江国蒲生郡大森の地。


祭礼用の注連縄かしら。かわいいなー。



天智天皇の御代、布引山麓に誉田別尊を勧請(社伝)したことに始まる大森神社。

境内に比叡山の僧・徳珍が薬師如来を祀り「玉尾山長福寺」が並立。

⇒⇒⇒「大森神社・由緒」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-888.html


江戸時代前期より、領主最上氏の崇敬を受けましたが、


明治13年、大森神社と改称。
「村社」に列し、同41年神饌幣帛料供進指定。

これは、

「官社以下定額・神官職制等規則」(太政官布告・明治4年5月公布)による新たな「社格制度」に基づくもの。

「村社」とは、村から神饌・幣帛を供される神社。


社頭の社号標。

社名の上が削られていますが、ここには社格を示す「村社」の文字があったはず。

※「社格制度」⇒⇒⇒「社格制度。式内社から現代まで」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-447.html


昭和21年2月2日。連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の神道指令による神社の国家管理の廃止に伴い、社格制度も廃止。

基本的に「じんじゃ、みな、びょーどー」(伊勢神宮と別表神社を除く)


鳥居横の社号標。

社格を削ったり埋めたりしたのは、GHQからの干渉を防ぐためでした。



えっ。


本殿前の土壁には、足利二つ引紋。

本殿周囲には、摂社・末社。


はい、何でしょう。


はーい。

八幡社・津島社・外宮・内宮・愛宕社・八坂社・行者社・御沢社。


行者社って、なんだろう・・・。

この正面には


最上氏寄進の梵鐘。


同じく、最上氏助成の舞殿。


江戸時代最後の当主は、最上義連(よしつら)

老中井上正春の五男で、最上家には養子。

勤皇家。

特に戊辰戦争時には、朝廷に献金し尊皇の真情を示し。

一方、山形の農民に対し、官軍のために食糧を提供するよう働きかけたといいます。
(最上義光歴史館「最上家をめぐる人々♯36 【最上義連】」より)

新政府がスタートすると、大森に明道館を設けて領民教育に尽力。

明治2年(1869)12月、士族編入。

同3年(1870)正月、版籍奉還。永世禄150石。
同年10月、京都府貫属士族。

※京都府貫属士族とは、「京都に居住する士族」
士族などの戸籍制度の一環で、居住する土地をもって「貫属」としたもの。

つまり。

最上義連は、京都府に在する士族。

最上家が200年以上治めてきた近江国大森から、

さようなら。


ま、あっさりしたもんですな。


それでも、ここ、大森神社では今も領主最上氏を慕い、



最上義智が元禄8年(1695)に「高家」、従五位下侍従・駿河守に叙任したことを領民が踊って祝ったことに始まる「最上踊り」が


数百年の長きに渡り続いています。


大森神社、歴史を感じる素敵なお社でした。


ちびちゃん、お手伝いありがとー。


よーしよしよしよし。


大森神社
《住所》滋賀県東近江市大森町 大森神社


県道46号線を北へ向かうと、玉緒小学校。
そこが、大森の最上家陣屋跡地。


いつも応援いただきありがとうございます。
かわいいちび狛ちゃんに助けてもらった大森神社のお話は今回でおしまい。また長々とお付き合いいただきありがとうございました。滋賀県の神社は、地理的に様々な時代のいろんな人が関わっているので、とても面白いです。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~舞殿が素敵(*´pq`)


ん~と司馬遼太郎作品で読んだんですけど、各藩の藩主は明治政府が意図的に東京や京都に集めたんだそうです。
地元に残すと不満分子に利用されたり担ぎ出されたりするのを防ぐためだとか。
それを頑として拒んで地元・鹿児島から動かなかったのが島津当主だそうで^^;コマッタ

慕われた領主さま、きっと涙の別れだったんじゃないでしょうか (゜-Å) ホロリ
今日もキュートな「もなみぃ子狛♪」

ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは、kotodayoriです。

いつもブログへのご訪問、ありがとうございます。

東北の名家の最上家(最上川にゆかりがありそうですね)が、滋賀で藩を興して、すぐに廃藩していたのですね、また知らない歴史の紹介ありがとうございます。その時代の権力者の思惑で、ずいぶんいろいろな出来事が起こっていたことが、大変興味深いです。

また、よろしくお願いいたします。

\(^o^)/

\(^o^)/ こんばんは  お師匠様

お社の由緒書や社標を見て「式内社だ」「県社か」とそのまま受け入れていましたが、歴史を考える上において欠かすことの出来ない重要な基礎知識でしたね。

改めて、知っているつもり、分かっているつもりのことが変に記憶していたりして・・・麻呂は、今年の後半は基礎知識の見直し・おさらいしたほうがよさそうです。

古事記・日本書記・続日本紀から読み直してみようと思います。

無責任男 拝

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうですねぇ。皆さんせっせと集められてしまいましたね。

その後領地へ戻った殿様の町と、戻らなかった町とでは、これは全くの個人的な感覚ですが、史跡の状態や印象が正反対。

柳川などがいい例ですね。ここは、いいですわぁ。

薩摩については暴走するので自主規制。

あ、最上さんは京都で商売されて悠々自適の晩年だったそうで。
これはこれで、なんかほっとしますね。

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

新緑の中の競馬(くらべうま)、素晴らしいですね。
確かに境内が広々としているので、人が多くても余裕がありそう。
私も見たいです。

大森神社付近も、古くから様々な人が滞在していますが、はるか遠い出羽山形から最上氏がここで立藩したとは、驚きました。

おっしゃる通り、時の権力者の思惑によりいろいろな人達が右往左往。
興味深くもあり、たまにイラッとしたり、ですね。

こちらこそ、またよろしくお願い申し上げます。

minekazeya様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

\(^◇^)/

大阪弁の狛ちゃん、さいこーです♪
さすがねいてぃぶは違いますね!

それにしても。

麻呂様ったら、鷹さんなのに爪を隠し過ぎですわよー。

人生の先輩として、見習わなくちゃ。


式内社は、編纂時に「存在」していた事の指標に過ぎないこと、明治にわいてでた式内社があること、等に留意すべきだなぁーっと思います。

但馬の名草神社と日光院で、じっくり考えてみたことがありまして。

記事はこちらから延々とスタート
⇒⇒http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-438.html

調べるのに必死でしたが、いい経験になりました。

ないしょのお話ですが、私、「古事記・日本書記・続日本紀」は絵本レベルしか読んでおりませず。えへ。

読もういつか読もう、とりあえず積んでおこう、です。

ダメですねぇ。本を開く前に足が動いてしまいます。

かわいい狛犬さんがいればそれで幸せ、にて。こほん。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼