川島城(1)上桜城の戦いの功績で造りました

こんにちは。


篠原長房の最期を偲びつつ、上桜城から下山。

目指すは、


あれ。


川島城です。

あや。立派なものが建っております。

えーっと、何て言うんだっけ?


はい、狛ちゃん。



・・・。


もぎてん、です。


こらこら。


おーい。



川島城。

「築城年代は定かではないが天正年間(1573年~1592年)初期に川島兵衛進惟忠によって築かれたと云われる。」(『城郭放浪記』様様より引用)

http://www.hb.pei.jp/shiro/awa/kawashima-jyo/


川島兵衛進惟忠とは、三好長慶の一族。

ふむ。


上桜城の戦いは、元亀3年(1572)。


城主・篠原長房は討死、上桜城は廃城。


川島城の築城時期は、天正年間(1573年~1592年)初期。

そう。

川島兵衛進惟忠が、上桜城の戦いの功績により与えられた土地に、上桜城の代わりに作ったのが、川島城。


上桜城から見下ろす時は、こんな気分。


模擬天守が目立ちますが、本丸は模擬天守の西の小山。


しかし、兵衛之進は天正7年(1579)、長宗我部元親との脇城外の戦いで、三好方の諸将と共に討死。



あらまぁ。


 天正13年(1585)、秀吉の四国征討により四国が平定された後。

阿波国に蜂須賀家政が入封。

川島城は徳島城の重要な支城として、蜂須賀家の家臣・林能勝が兵300、5500石で入城。

阿波九城の一つとされました。



阿波九城とは、既存の、一宮城・撫養城・西条城・川島城・大西城・海部城・牛岐城・脇城・仁宇城。

元和元年(1615)の一国一城令によって廃城となります。


林能勝(道感)とは、尾張国上林村出身の人。
(木曽義仲の子孫といいますが、ほんとかなー。)

主君は今倉左馬助→織田信長→蜂須賀正勝。


徳島市南部の丈六寺。


観音堂周囲には、蜂須賀家の重臣達の墓所が並びます。

その一角に、阿波九城の城主となった二人が。


脇城(稲田植元)、川島城(林道感=能勝)。


初代川島城主・林能勝の供養塔。

何でも、「大坂冬の陣には81歳の高齢で従軍、戦功があり黄金百両を賜った」(wikipediaより)そうな。

おじいちゃま、すごいなー。



これは、昭和56年に勤労野外活動施設として建てられた模擬天守。

展望台として、地域のシンボルとして、とても目立っています。


いつも応援いただきありがとうございます。
見ての通り、山の上にたつ上桜城と比べ川島城は、吉野川に近い平地にある小山に建てられています。三好家重臣・篠原長房の上桜城から、上桜城の戦いの功績により上桜城の代わりに作られた川島城へ。複雑な心地です。そんな川島城、現在は、展望台代わりの模擬天守と、川島神社、公園等が並ぶ憩いの場。ここから眺める吉野川もまた素晴らしいです。つづく。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

81歳で現役従軍~一時流行した「老人力」を思い出した。

悲しい経緯はあったけど、狛ちゃに和みます~

ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。

「もぎもぎ言うな~」
思わず言っちゃう、「もーぎー!!」

こんな平地の、しかも川の傍ってどうなんだろ??
そっかー、本来の本丸は、少し高い所にあったんですね。
上桜城を使わなかったのは、あまりに凄惨な場所になったからかしら。


時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ほんとにねぇ、狛犬さんのおかげで記事が書けるというか、先へ進めるというか。

ずーっと三好さんちのお話を書いていたので、蜂須賀さんちが新鮮に感じました。
丈六寺を訪れたのは昨年1月ですが、この頃ははっちーを追いかけていたんですよねぇ。

大阪、淡路島、徳島、の黄金ラインは何度も訪れたくなります。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

もーぎもぎもぎ、もぎてんしゅぅ~♪

もーぎー!!

うふふ。

この辺りの吉野川は深く、また、現地に立つと思いの外高くてがちがちの岩場でした。

上桜城、縄張り図の通り単純な作りですし、拠点とするには少々不便だったのかもしれません。

おっしゃる通り、ちょっと縁起がよろしくなさそうですよね。

川島城の城山からは銅鐸が出土しており、古くから何らかの構築物があったのかもしれませんね。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼