上桜城(3)登城口から郭まで。阿波国一望

こんにちは。

幼少の三好長治、十河存保を支えた「堅実で軍事的にも政治的にも優れた重臣」、篠原長房。

おうちは、上桜城。

上桜城(1)三好長慶後の三好ファミリー
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-870.html

上桜城(2)篠原長房と上桜城の戦いまで
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-871.html


吉野川南岸の標高142.2mの山頂付近に築かれた城です。

が。

城域まで車で登ることが出来るので、とってもらくちん。


いざ、上桜城へ。


注意されずとも、


車両は入れないと思う。


緑のもっさもさの中の一本道。


上桜城

「余湖くんのホームページ」様よりお借りしています。無断転載厳禁。
http://yogokun.my.coocan.jp


なんで手水鉢がこんなところに。


ひたすら、てくてく。


道の先に現れた、土のもこもこ。


意外と傾斜があるもんで。


登り詰めて、余湖図の(1)の郭。


上と同じに見えますが、違う方角向いてます。


郭(1)から一段高い場所に、祠。

ふむ。


これとセットなのかなぁ?


ご子孫が建てた石碑のようです。


南側には、別の山。


東に膨らむとこを見ようとしましたが、やーめた。

枯れ木に埋もれるのは、刺さるし、痛いし。


北東方向。

ずーっとずーっと行くと、三好家の勝瑞城館。


じぃー。


川島城の模擬天守も見えます。


川島城は、元亀3年(1572)、三好長慶の一族川島惟忠によって築かれたという城。

天正13年(1585)、秀吉の四国征討による四国が平定後、川島城は徳島城の重要な支城として、蜂須賀家の家臣林能勝が5500石で入城。

一国一城令により川島城は廃城へ。



北西方向。

延々と連なる讃岐山脈と吉野川。

ずーっとずーっと川沿いに上ると、美馬市。

三好氏は、こっちから来た。


電車がいたー。


三角点もあったー。


信長が台頭し、長宗我部元親が虎視眈々と阿波を狙う中で起きた三好家内の争乱。

元亀3年(1572)5月。

幼い頃より支えた三好長治の命により、讃岐国十河城主十河存保、切幡城主森飛騨守、伊沢城主伊沢右近らを大将とする七千の軍勢に囲まれた篠原長房。



長房の目には、こう見えたのではなかろうか。

この上桜城の戦いは、両軍合わせて三千余人の戦死者を出し、長房父子も討死して落城。

家内で三千人もの人数を失い、重臣・篠原長房をも失った三好氏は、このあと衰退への坂を転がり落ちていくことになります。

そんな事をつらつらと思いながら見る景色は、ちょっと違う。


ベンチ、あります。

おやつ♪おやつ♪


つづく。


参考サイト

◎上桜城鳥瞰図◎

「余湖くんのホームページ」様よりお借りしています。無断転載厳禁。
http://yogokun.my.coocan.jp

◎上桜城概略◎

「余湖くんのホームページ」様
http://yogokun.my.coocan.jp

「城郭放浪記」様より『上桜城』
http://www.hb.pei.jp/shiro/awa/uezakura-jyo/


いつも応援いただきありがとうございます。
若干細目の林道ながらきれいに舗装され、城域まで車で登ることが出来る、私に優しい上桜城。いやぁー、景色は最高でした。篠原長房の最期の場所へ来ることができて、とっても満足。しかしまぁ、信長台頭のこの時期にいったい何をしてるんだか。長房はきっとむなしくて悲しくて、戦う気力も萎えていたのではないかしら。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~

もしゃもしゃ林道、でも一本道だから迷わなくてすみますね。

>これとセットなのかなぁ?

祠もあったので狛ちゃの出番を期待してしまった^^

いい眺め~おやつは何だろう^^
ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

つねまるさん、こんばんわ~

篠原長房さんは、よく働いた人なんですよね。

それにしても上桜城からの眺望は凄いです。
こんな場所で、月見酒は最高だったでしょうね。

こんな場所で、戦ってはダメです。

No title

こんばんは~☆

上桜城から見る街は、
なんだかミニチュア見たいで良いですね(o´ω`o)
見渡すのにちょうど良い高さのお城って感じがします♪

上桜城というぐらいですから、
春になると桜が咲くのでしょうか?
城下と桜を眺めながらのお花見も良さそうですね(-_☆)b

No title

こんばんは。お邪魔します。
もしゃもしゃわさわさの道~を登りながら、謎?の手水鉢の先にある上桜城、
すごい見晴らしですね。
長房様、、最期はやはり ため息、、と思うと何とも~。。 
ご次男が帰国後建てた供養塔というのがこちらなのでしょうか。 
せめても、、ですね。。


やはり今週も直江様ロス~~でございました~
来週多分北条様攻め、、
しばらくは・・ (/_;)

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

林道というか、城内の道になるのかな。
とってもシンプルでわかりやすい縄張りの城でした。

ここは美馬市以西の三好氏麾下の拠点と、本拠地の勝瑞城館の中間で、重要な所です。

これだけすっぽりと眺めが良いと、気分は城主。
うふふふ。

ここにちび狛ちゃんがいたら、ほっとしたでしょうねー。うん。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

篠原長房と三好家の本を読みはじめていったい何ヵ月経つやら。
面白いのと、未知の話が多いのとで、全然進みません。

いやぁ、眺め、すごかったです。

どこから誰が来ても、一目瞭然。

でも、来るのがわかっていても数で押されては、どうしようもない時もあるんですわねぇ。

しくしく。

当時なら、満点の星空だったでしょうね。
天の川も見えたのかなー。

しくしくしくしく。

七森様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうですね、景色を楽しむにはちょうどいい高さでした。
電車が通る音も遠くに聞こえるし。のんびり。

城域に、桜がたくさんあったようです。
今も、桜が数本あるようですので、桜の季節は景色と併せてきれいだろうなーと思います。

ここから眺める徳島平野はほんとに、素晴らしかったです。

讃岐山脈、吉野川、しっかり堪能しましたー。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そう。謎の手水鉢。

うーむ。おうちに帰ったらまず手を洗いなさーい、っとか?
いやこれでは、篠原長房がおかーちゃんになってしまふ。

郭に城主を祀るお社でもあったのかと思いましたが、祠がそれに該当するようでした。

見晴らしはほんとに最高でした。

吉野川と共にこれほどすっかーんっと眺めることが出来るとは、隠れた名所かもー。

お城に立つときは、いろいろ思うことがありますねぇ。
特に、長房については、あれこれと。

今週も直江ロス~~(T_T)

きっと今頃は、殿と一緒にいちゃいちゃ。
はよ出てこんかーい!とテレビに向かってぶつぶつ祈る日曜日。

しばらくは、みつにゃんの悪戦苦闘を楽しみましょか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 相互リンクのお願い

そちらへお返事致しました。

当方、好きなもの興味のあるものに対して、自分で調べて自分で考えて、自分の言葉で記事にする方とのお付き合いをしております。

皆様それぞれが、各々の分野で頑張っておいでです。

アクセスアップだけが当方の目的ではありませんので、あしからず。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼