上桜城(1)三好長慶亡き後の三好ファミリー

こんにちは。

阿波国の覇権を握ったのは、阿波国守護小笠原氏→細川氏→三好氏。


三好長慶。


芝生城跡。

芝生城で生まれ育った長慶は、父・元長の死を受けて12歳で畿内へ進出。

天文19年(1550)。
京畿一円と、中・四国の9か国を支配する実力者に。

しかし。

永禄7年(1564)7月4日、河内国飯盛城で病死。享年43歳。

嗣子の義継が若年のため、松永久秀・篠原長房・三好三人衆らはその死を秘し、長慶の葬儀が営まれたのは、二年後。

永禄9年(1566)6月24日でした。


瀧寺の長慶の墓所。


長慶を支えたのは、良くできた弟達。


三好実休、安宅冬康、十河一存


長兄の長慶@摂津・河内・和泉

次兄の三好実休@阿波衆、安宅冬康@淡路衆、十河一存@讃岐衆。

しかし皆、長慶より先に他界。


《十河一存》

讃岐十河城主の十河景滋(存春)に養子に入り家督相続。

大阪の岸和田城主となり、讃岐に加え畿内においても、軍事的に長慶を補佐。

永禄4年(1561)3月18日。和泉国で病死。享年30。

実子・義継が長慶の家督を継いだため、兄・実休の次男の存保が養子となり十河氏の家督を継ぎます。


十河の末裔さんは、おしゃれカフェを経営。


遺構のど真ん中です。


十河様お手製のクリームソーダは美味でした。

隣に、


十河親子の墓所。左から一保、存保の子・千松丸、存保。


さてその十河存保(そごうまさやす/ながやす)、天文23年(1554)生まれ。

存保の時代になると、畿内では、信長が暴れん坊。

四国では、讃岐国人達が三好氏に敵対し始め、土佐から長宗我部元親が北上。


頑張れ、存保!


【三好家を支えた篠原長房】

三好実休の実子である長治と、十河一存の跡を継いだ弟・十河存保。



二人が家督を継いだ時はまだちびちゃん。

三好実休の重臣・篠原長房が二人を支えます。


実は、こうだった二人。


この篠原長房が、まー、政治的にも軍事的にもよく出来た人で。

「この頃、彼ら(三好三人衆)以上に勢力を有し、彼らを管轄せんばかりであったのは篠原殿で、彼は阿波国において絶対的(権力を有する)執政であった」と記されるほど。(『フロイス日本史』wikipediaより)


長慶亡き後、篠原長房は三好実休(義賢)に仕え、永禄5年(1562)、和泉国久米田の戦いで先鋒を務めたものの、肝心の三好実休(義賢)が討死して大敗。

実休(義賢)亡き後、長房は紫雲と号して剃髪。

長治を補佐して「新加制式」という法令を制定して領内を治めます。


しかし。


こらこら。


理由は諸説ありますが、

元亀4年(1573)5月。

篠原長房は居城の上桜城を攻撃され、抗戦の後7月に自害。

三好家内の戦いながら、両軍合わせて三千余人の戦死者を出すこととなりました。



舞台となった上桜城。


三好氏にとって、大きなターニングポイントとなる場所です。

つづく。


《キャスト》

三好実休、安宅冬康、十河一存

⇒徳島県藍住町の住吉神社の狛犬ズ。

住吉神社は、十河存保が永禄年間(1558-1569)に祀官を務めた三好氏本拠地の勝瑞城近くのお社。


三好長治・十河存保

⇒徳島県藍住町の諏訪神社(境内社)の狛犬ズ。
諏訪神社は、勝瑞城館を作った三好氏が自らの祖・小笠原氏本拠地の信濃国より勧請。


《関連史跡》

勝瑞城と三好氏墓所
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-733.html

芝生城と三好長慶
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-796.html

瀧寺。小笠原氏と三好氏の菩提寺
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-805.html

重清城。長宗我部軍と十河存保の攻防
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-819.html

住吉神社。三好氏と社家
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-738.html

諏訪神社。三好氏と小笠原氏
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-735.html


いつも応援いただきありがとうございます。
三好長慶と弟達も、次の世代の十河存保達も、若いイメージの三好ファミリー。それを支えた重臣・篠原長房。このおじさまの存在があったからこそ三好家中はひとつにまとまっていたのかもしれません。草ぼーぼーの上桜城ですが、景色は素晴らしいです。うふふ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわ!
遺構のど真ん中で墓所を見ながらのカフェ・・・末裔にしかできない特別なカフェですね

三好さんやっと出た!

いつも楽しい写真記事、面白いです。三好氏は関西でも、信長以前ではもっと注目されていい一族なのに、なぜか大河ドラマにも出ませんねえ。地味すぎるんでしょうか? 真田十勇士の三好青海入道だって三好氏なのに・・。

No title

こんばんは~fc2だけネットが繋がらず難儀してました。

子孫の作ったソーダを飲むとは、世が世なら・・と思っちゃう自分は俗人です^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

yuki様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そーなんです。遺構の外やろと思ったら、バリバリのど真ん中。
テラスで「この空堀にはね」等とお上品な末裔様に説明していただきながら、のーんびり。

長男は墓守をしろというお母様からの厳命で、早期退職してカフェをオープン。

関東からもネットを見て訪ねてくる人がいるそうで。
とっても素敵なカフェなのですわ。

乱読F様

こんにちは。はじめまして。コメントありがとうございます。

うふふ。楽しんでいただけて、コメントまでいただいて、とても嬉しいです。

せめてチョロ役でもいいから、出てほしいですね、三好さん。
全国区の信長が来た以降は、さしてどんちゃん騒ぎがあったわけでもなく、その前こそが戦国の面白さ満載なのになー。

マイナーなのかしら、やはり。

コツコツと地味に追いかけておりますが、キャラ立ちしてる人ばかりなのになーっと残念至極です。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

世が世でなくても、やはり十河の末裔様は品のある素敵な紳士で。

私なんかにお手製のクリームソーダを出していただけるなんて、おそれ多いです!っとあたふたしました。

おほほほ。美味しかったー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼