大麻比古神社(7)阿波国一宮はどこだ?一宮城と一宮神社

こんにちは。

吉野川市(元の麻植《おえ》郡)を拠点として、麻や楮(かじ・椿の一種)の種を播いて麻布や木綿を作り、郷土の産業の基を開いた阿波忌部氏。



その祖、天太玉命を祭神・大麻比古大神として祀る大麻比古神社。

この阿波国を開拓した忌部氏の祖ですから、阿波国一宮と称されるのも納得。


宝暦年間の狛犬さんが元気にお出迎え。

が。

これは中世以降のことで、古くは上一宮大粟神社(名西郡神山町)が阿波国一宮であったといいます。

祭神は、大宜都比売命(おおげつひめのみこと)

阿波国に粟を広めた神様。


しかし、参拝に不便なため平安時代後期に国府の近くに分祠。

それが、


徳島市西部の一宮町に鎮座する一宮神社。

背後の山には、


一宮城。


阿波国守護である小笠原長房の四男小笠原長宗。

一宮宗成を滅ぼし1338年(南朝:延元3年、北朝:暦応元年)にこの地に城郭を築いて移り住み、一宮神社の分霊を城内に奉祀。

その後小笠原長宗は一宮氏を称し、一宮城は一宮氏が代々居城とし、神職も兼ねていたようである。
(wikipediaより)


はい。お久しぶりの小笠原氏。


小笠原長房は文永4年(1267)に鎌倉幕府の命により、三好郡郡領・平盛隆を討ち、褒賞として美馬郡と三好郡に2万6千町余りの所領が与えられ、阿波岩倉城を拠点に。




芝生城を築いた小笠原家11代義長は、細川氏の被官となり三好を名乗ります。


一宮氏も細川氏の被官となり、永正の錯乱以降、細川家の内乱で度々畿内に出軍した国人衆の中に一宮氏の名前があり。

阿波国を細川氏に代わって三好氏が支配すると、一宮氏は三好氏と姻戚関係を結び。

三好長慶の妹を妻にもつ第12代一宮城主・一宮成祐の時には、三好家臣団の中でも重要な地位を占める事になります。



比高120mの山に作られた一宮城。


徳島県最大の山城です。


※讃岐山脈はうっすらととおーくに見える山です。


長慶亡き後、三好長治が当主となった頃には。

一宮成祐は長宗我部氏側に寝返り、勝瑞城を十河存保と争奪戦。



次に織田方に寝返り、中富川の戦いの後で再び長宗我部側に降りるも、長宗我部元親に咎められ、切腹。

まぁ、そりゃそうか。

讃岐国へ逃亡した一宮成祐の弟の子・光信の代には。

阿波徳島へ入封した蜂須賀氏に仕え、一宮神社の神職として存続。



そんな背景をもつ一宮神社。


上一宮大粟神社の分祀だから、「粟」なのかなー。


渋い狛犬さんがご挨拶。


ちっちゃくても古参の大麻比古神社の狛さん。


結局、大麻比古神社・上一宮大粟神社 ・一宮神社 ・八倉比売神社が阿波国一宮を称している状態。

まぁ、よくある話。



一宮神社には、まぁるくなりつつある狛犬さんもいます。


大麻比古神社の狛ちゃんの言う通り。


平和がいちばん。


一宮神社の由緒と祭神

⇒⇒⇒「一宮神社。一宮城主が大宮司」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-338.html


一宮城登城記

⇒⇒⇒「一宮城登城記(1)神宮寺跡と貯蔵庫」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-339.html

⇒⇒⇒「一宮城登城記(2)南の曲輪群」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-340.html

⇒⇒⇒「一宮城登城記(3)本丸の石積と蜂須賀入封」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-341.html

⇒⇒⇒「一宮城登城記(4)堀切と櫓台とお花畑
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-342.html


いつも応援いただきありがとうございます。
一宮城を訪れたのは、昨年の1月。この頃は三好長慶を追いかけて右往左往するとは思いもよらず。えへへ。山登りはしんどかったですが、とても見応えのある山城でした。また行きたいなー。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

を、真田丸ネタぶっこんできたw
狛ちゃんのひらべったい頭に何か置きたい衝動に駆られてます、このシリーズが始まってから。ウズウズ

No title

つねまるさん、こんばんわー♪

今日は登場狛さんが多彩ですね!

ちびっこに負けない狛さんは、風格あるし。
馬も狛さん?
仲良くしたいのは、まさかのサルさんですか。

三好家も最後は悲惨な状況だったようですね。
がんばれ!ハッチ~!!

内緒様

はーい。ごめんなさい、いつもお世話になっておりまして。

それはとても不便で困りましたね。
落ち着いて、ゆっくりと、ねー。

さかした様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ふふふふ。私もいつかぶっこみたくて、でもそんな機会がなくてー。

ひらべったい頭に何か置きたくなるとなー?

「きゃっしゅが好きなの♪」from狛(阿)

「なでて(はぁと)」from狛(吽)

おみかんなどを置かないようにあそばして。うふふ。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

画像フォルダが神社と狛犬さん満載なのですが、社殿はどこだっけ?と迷っても狛犬さんだけは鮮明に覚えているものですねー。

おんまさんも、二頭、狛犬さんの横に控えていましたの。

仲良くしたいのは、狛犬さんですー(泣)

三好長慶をはじめとする三好ファミリーを追っかけしてると、ハッチーが漁夫の利的な人に思えてきてしまって。

三好元長はじめ皆短命だったのが悔やまれますわ。

ハッチーも頑張ったけど、統治面などでは初期の頃は無理した感じがします。
数百年にも及ぶ細川・三好氏の領地から、いきなりハッチーですからねぇ。むむむ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼