大麻比古神社(6)阿波忌部氏と大嘗祭の麁服(あらたえ)

こんにちは。



『古事記』『日本書紀』の天岩戸の神話において、祭祀関係に携わった事が記される天太玉命(あめのふとだまのみこと)と天児屋命(あめのこやねのみこと)。

そんな天太玉命を祖とする忌部氏。ふたつの流れがあります。

(1)中臣氏と並んで朝廷の祭祀を担当した忌部氏

(2)忌部氏に従属して王権に奉仕した職能集団である地方忌部


【職能集団である地方忌部】

『古語拾遺』では、天太玉命に従った5柱の神を「忌部五部神」として、各忌部の祖としています。

出雲忌部氏(玉を納める)
櫛明玉命

紀伊忌部氏(木を納める)※材木の貢納、宮殿・社殿造営
彦狭知命

阿波忌部氏(木綿・麻を納める)
天日鷲命 

讃岐忌部氏(盾を納める)
手置帆負命


大和国高市郡金橋村忌部(現 奈良県橿原市忌部町)を本貫とする忌部氏は、(2)を掌握して物資を徴収し、祭具の作製、神殿・宮殿造営に携わります。

※橿原市には祖神の天太玉命を祀る天太玉命神社(式内社名神大)あり。

しかし、(1)は次第に中臣氏に押され弱体化。
これに比べ(2)は専門的な職能集団としてそれぞれ名を残します。

そのひとつが、阿波忌部氏。


狛ちゃーん、それはボールですよー。


【阿波忌部氏】

平安時代の『古語拾遺』や『延喜式』には、阿波忌部の役割などが詳しく記されます。

阿波忌部が天皇の即位儀礼である大嘗祭に奉仕したことや、本拠地である麻植郡に、祖神である天日鷲命を祭った忌部神社があったことなど。


阿波忌部氏のお仕事とは。


どれよ?・・・木綿?


天日鷲命(あめのひわし・阿波忌部氏の祖)が肥沃な地を求めてやって来て、穀(カジノキ:楮の一種)や麻・木綿の種を植えます。(阿波の農耕の歴史のはじまり)


吉野川市となった今は消えてしまった「麻植(おえ)郡」の名の由来。

子孫が代々、「木綿・麻布」などを朝廷に貢上。

献上された木綿・麻布などは、天皇の即位儀礼である大嘗会の用に供されました。


「大嘗会」とは?

大嘗祭とは、天皇が即位の礼の後、初めて行う新嘗祭。

律令ではこれを「践祚大嘗祭」と呼びました。

天皇が行う祭司の中で最も重要。


この時用いる麁服(あらたえ)を古代以来、歴代の践祚大嘗祭に貢進したのが、阿波忌部氏。

麁服(あたらえ)は、悠紀殿・主基殿の大嘗宮の儀で、天皇が神座に神御衣(かむみそ)として祀るもの。 

阿波忌部直系氏人の御殿人(みあらかんど) が、践祚大嘗祭の時にのみ調製・ 貢進する「麻の織物」。


この阿波忌部氏の末裔の三木氏は、in美馬市。



旧麻植郡木屋平村(美馬市小屋平)の標高552mの場所に、1650年頃に建てられた県内最古の民家である三木家住宅が現存。

高地は、麻の栽培に適した土地。


遠かったもので。

歴代の践祚大嘗祭における御衣御殿人は当初阿波忌部氏直系の氏人達が卜定により選定指名していたものが、鎌倉時代に三木家等に固定化。


近いところでは。

平成2年。

今上天皇の大嘗祭の時にも、古来からの慣習に則り、麻植郡木屋平村貢の三木家で栽培された麻が、山川町忌部山で麁服として織られ、天皇に献上されました。


すごいねー。


おまけ。

実は忌部氏は、ちょこまかとブログの中に登場してます。

『延喜式』について、
藤原時平・忠平兄弟が編纂に当たったので、中臣氏(※藤原氏)と共に宮中祭祀を掌ってきた忌部氏の裔・忌部広成は「官社は中臣氏が欲しいままに選定した」(『古語拾遺』)と、愚痴る。

⇒⇒社格制度。平安時代から現代までの変遷
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-447.html


神像に姿を変え今も祭神を護る白人神社の75人の宮人(みょうど)は忌部氏の子孫とも言われる皆様。

75の宮人が護る白人大明神。源為朝、矢を落とす
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-793.html


三木家住宅へ向かう道中に鎮座。


京都府綾部市の愛宕神社で、地方忌部氏の祖神に遭遇。

⇒⇒愛宕神社。建物をまもる神様四柱に会いました
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-387.html



参考資料

美馬市HP「忌部一族の末裔 三木家の住宅」
http://www.city.mima.lg.jp/kankou/kankouannai/shiru/0034.html

阿波世界農業遺産「国重要文化財・三木家住宅」
http://www.awa-nougyoisan.jp

http://www.awa-nougyoisan.jp/阿波世界農業遺産[写真展]/阿波の農業に纏わる神々と文化編-写真展2/

↑↑平成2年の大嘗祭の際の画像があります。


いつも応援いただきありがとうございます。
神社を巡れば忌部氏にあたる。そんな阿波の国。三木家住宅と隣接する資料館や忌部神社等はまたいつか訪問したいです。それにしても、諸々事情があるとはいえ、市町村合併により歴史ある地名が失われるのは寂しいものですねぇ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

四国は忌部氏の土地柄だったんですか。
三木氏は、かつての政治家三木さんも同族なのかしら。
玉、木、木綿・麻、盾
そんな風に分かれていたなんて、本当に初めて知りました。
≪吉野川市となった今は消えてしまった「麻植(おえ)郡≫
これ、残念ですねぇ。
どうしてこんなに簡単に、土地の名を捨てるかな。
大昔からの歴史ある名前なのに。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ちょっとwikipediaで見た限りでは、記事の三木家ではないようですが、あー、徳島県の方なんですね。

忌部氏は、神社を調べていても出てきますし、阿波国の古代には欠かせない一族です。

面白いですねー。

麻植郡が消滅してしまったのは、ほんとに残念。
読み方が難しいからなのかなー。
ちょっと読めないですよね。

古い地名を使い続けていくことは不便もあるでしょうけど、歴史や由緒も名前と共に消えてしまうのはほんとに残念です。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼