大麻比古神社(5)祭神の大麻比古大神ってどちら様?

こんにちは。


お茶目な狛犬さんがお迎えしてくれる、大麻比古神社。


すーはーするアレを連想させますが、アレじゃない。

おおあさひこじんじゃ。

式内社(名神大社)。阿波国の一宮。

延長5年(927)に完成した延喜式神名帳に名前があるということは、その時に既に存在していたということ。



【祭神】大麻比古大神と猿田彦大神


猿田彦大神は、昔、大麻比古神社の裏に聳えている大麻山(おおあさやま)の峯に鎮座していたものが、いつの時代か大麻比古神社に合祀されたと伝えられています。

(大麻比古神社公式HP「Q&A」より)
http://www.ooasahikojinja.jp/qa/


【大麻比古大神とはどちら様?】

(社伝と大麻比古神社によれば)

大麻比古大神とは、大昔阿波国を開拓した阿波の忌部氏(いんべし)の大祖先の神様です。

神武天皇の御代。

忌部氏の子孫が阿波国に入り国土を開拓して麻や楮(かじ・椿の一種)の種を播いて麻布や木綿を作り、郷土の産業の基を開いて人々の福利を進めます。



その氏族は今の吉野川市(元の麻植《おえ》郡)を拠点として開拓。

国土開発の事業が漸く成った後。


御先祖の神様「天日鷲命(あめのひわしのみこと)」をお祀り。

これが今、徳島市に「忌部神社」として祀られるお社。
天日鷲命の御神徳を讃え、「麻植の神」として崇敬を集めてきました。

忌部神社の祭神「天日鷲命」の大先祖が「天太玉命(あめのふとたまのみこと)」



この「天太玉命(あめのふとたまのみこと)」を大麻比古大神と称し、「郷土の守り神」として祀ったのが「大麻比古神社」と伝えられています。

(以上、大麻比古神社公式HP「Q&A」より)
http://www.ooasahikojinja.jp/qa/



忌部神社(徳島市)※論社については省略
【祭神】天日鷲命(あめのひわしのみこと)←忌部氏の祖。

大麻比古神社
【祭神】大麻比古大神(天太玉命)←天日鷲命の祖。


【天太玉命(あめのふとたまのみこと)とはどちら様?】

『古事記』では布刀玉命、『日本書紀』では太玉命、『古語拾遺』では天太玉命と表記。(wikipediaより引用)

『古事記』や『日本書紀』では、天岩戸の神話において天太玉命と天児屋命が祭祀関係に携わったことが記されています。

天安河の河原に集まった八十万を数える神々。
思兼神の深遠な謀により、天照大神に出てきてもらうべく体制を整えます。


「中臣の連の遠い祖先である天児屋命と、忌部の遠い祖先である太玉命とが、天香山に生える、青々と葉の茂った榊の木を、根こそぎ掘り起こして、その上枝には、五百箇の玉を緒に貫いた長い玉飾を取って懸け、その中枝には、八咫鏡、別名は真経津鏡(まふつかがみ)を取って懸け、その下枝には、青い麻の和弊(にぎて)、白い木綿(ゆう)の和弊(にぎて)を取って垂らし、そこで神々が天照大神の現われ出ることを願って、共に祷(いの)った。」
(現代語訳「日本書紀」二二 天岩屋戸(本文)P.64~65)


「思兼神の謀について、アメノコヤネ(天児屋命)とフトダマ(太玉命)は、雄鹿の肩の骨とははかの木で占い(太占)を行う。
賢木(さかき)を根ごと掘り起こし、枝に八尺瓊勾玉と八咫鏡と布帛をかけ、フトダマが御幣として奉げ持ち、アメノコヤネが祝詞を唱えた。」
(『古事記』wikipediaより抜粋)



天太玉命と天児屋命、頑張る。

・・・力持ち大会じゃないよ。


両神は天孫降臨においても、共に付き従っています。


ところでこの二柱の神様。

『日本書紀』にあるように、記紀編纂当時の朝廷の祭祀を司っていた二氏、中臣氏と忌部氏の祖とされています。

天児屋命→中臣氏
天太玉命→忌部氏(のちに斎部)

この二氏、記紀編纂時に既にその兆候はありましたが(『古事記』で天児屋命の方が重要な役割)、後に中臣氏だけが栄えるようになります。

このため自家の衰運を嘆いた斎部広成が、祖先以来の経歴を述べて平城天皇に奉ったのが『古語拾遺』。(社家の姓氏「忌部氏」より)
http://www.harimaya.com/o_kamon1/syake/south/s_inbe.html

忌部氏。

阿波の古代史を語る上で重要な氏です。


しまった。ドツボへ踏み出しちゃったー!

麗しいあんよは、丹波佐吉@摩気神社。

忌部氏の話へ、つづく。


大麻比古神社
《住所》徳島県鳴門市大麻町板東字広塚13




いつも応援いただきありがとうございます。
大麻比古神社の祭神については、時代によって、あるいは立場によって解釈が異なるようですが、ここでは大麻比古神社の公式見解を引用しています。狛ちゃんの出番がないので、お絵描きしてみました。えへへ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

一番下の踏み出したおみ足が気になります^^

>天太玉命

物凄く超大雑把に端折ると、アマテラスを岩戸から出てもらうためのパーティの準備をしたってことになるのかな?

わかってなかったらごめなさい^^;
一応、二度読み返したんだけど・・・(;´・ω・)

踏み出したつねまる様にぽちぽちぽちーーー☆彡

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

コメントしにくい記事へ、ようこそー( ノД`)…
すみません、読み返していただいて。

そうですねぇ。パーティー前の占い(なんだそりゃ)とBGM?

細かく追うと何がなんやらの世界なので、神社の公式見解だけを見たつもりが、やっぱりごちゃごちゃに。

ふふふふ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼