スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大麻比古神社(4)メガネ橋と板東俘虜収容所

こんにちは。


満面の笑みの狛犬さんと


樹齢1000年になるという大楠がお迎えしてくれるのは、

大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)。

本殿背後の森の中に


ドイツ橋。

なぜドイツ?


大麻比古神社の約2km南にあったのは、板東俘虜収容所。

1914年。日本軍は、ドイツの租借地であり極東根拠地であった中国の山東半島にある青島(チンタオ)を攻撃。

敗れたドイツ兵4715人が俘虜に。

このドイツ兵4715人のうち約1000人が「板東俘虜収容所」に1917年から1920年まで収容されていました。

⇒⇒⇒板東俘虜収容所を知っていますか
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-314.html




2006年公開の映画「バルトの楽園」は、「板東俘虜収容所」における収容所所長・松江豊寿の葛藤や、俘虜となったドイツ兵と地元の住民の交流などを史実に基づいて描いた作品。主演は松平健。


撮影のため再現したセットが残る「バルトの庭」。


当時の配置図。


板東俘虜収容所の所長は、松江豊寿大佐。

1872(明治5)年。会津藩士・松江久平の長男として誕生。

ドイツ人俘虜達が職業軍人ではなく、手に職を持つ義勇兵であると知っていた松江豊寿は、彼等の知識や技術を生かした収容所にすべく心を砕きます。

仕立屋、理髪店、靴屋、写真館、製本屋、家具店、パン屋。
音楽教室、楽器修理、金属加工、配管工事の店などを敷地内に作ります。その数実に80件。

⇒⇒⇒板東俘虜収容所所長・松江豊寿。会津の心と武士の情け。
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-315.html



板東俘虜収容所跡地。


「バルトの庭」で再現したパン屋さん。

ヴェルサイユ条約の締結によりドイツ人達は本国へ送還となりますが、約170人が日本に残ります。

その中に、カール・ユーハイム、アウグスト・ローマイヤー。

お菓子のユーハイム、ソーセージ等のローマイヤー、有名店ですね。


同上、酒場。


・・・の、お手洗い(跡地の遺構)。


水回りはまとめるのが基本?


板東俘虜収容所跡地。


「バルトの庭」で再現した兵舎(バラッケ)。四人部屋。


再現セットの一部は当時の部材。


「へルマン・ハウゼン楽団」も結成され、


日本最初の「第九全曲演奏」は、板東俘虜収容所で行われたささやかな演奏会。

ソプラノも、男声で。


さて。大麻比古神社へ戻り。


本殿背後の森の中に、丸山公園。


メガネ橋。



1919年4月初旬。ドイツ人俘虜たちが地域住民との親交の記念として建築。2ヶ月で完成。

川床の土台を強固にして、セメントを一切使わずに寸分の狂いなく積み上げられた石橋は、100年程が経過しても微動だにせず。

地元から出す相応の建築費を、ドイツ人俘虜達は固辞。

「松江大佐が、我々俘虜に創造の喜びと働く意欲を駆り立ててくれたことこそが最大の報酬です。」



 1919年8月。収容所で亡くなった11名の仲間を弔うため、帰国前にドイツ人俘虜達が建立。

「自分達が帰国した後は慰霊碑が放置され死者を傷つけるかもしれない」とドイツ人俘虜達が危惧した通り、1920年4月の収容所閉鎖後は放置。

1947年。第二次世界大戦終戦。

1948年。高橋春枝さん夫妻が、草むらの中の慰霊碑を発見。

夫妻とご近所さんは定期的にこの慰霊碑を清掃し、献花。

1960年、徳島新聞でこの事が紹介されたことをきっかけに、坂東俘虜収容所で収容生活をした人々で結成された「バンドー会」等との交流に結び付きます。


道の駅に隣接する資料館。


【松江所長が収容所の部下に語った言葉】

「実は、私は会津人だ。(中略)戊辰戦争のみぎり、鶴ヶ城に拠って官軍に抗し、朝敵の汚名を被った会津藩士の子として、この世に生をうけた。

私の父祖たちは、鶴ヶ城落城と同時に俘虜となって、会津降伏人とよばれ、屈辱と惨苦の境涯におちいったのである。(中略)

降伏人、すなわち俘虜というものがどんなに悲しいものであるかを、私は幼心に深く刻み込まれ、それはいまも忘れることができない。

『薩長人ら官軍にせめて一片の武士の情けありせば』
とは、あのみぎり大人たちがよく口にしていた言葉であった。

これも、今もなお私の耳底に残って忘れることのできぬものである。

さて、明日は第1次俘虜が当所にやって来る。そこで諸官へ、所長としての私の俘虜に対する方針を述べておきたい。

『武士の情け』これを根幹として俘虜を取り扱いたい。

わかってくれるかね。」




蜂須賀桜が咲いていました。


「板東俘虜収容所」

⇒⇒⇒板東俘虜収容所を知っていますか
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-314.html

⇒⇒⇒板東俘虜収容所所長・松江豊寿。会津の心と武士の情け。
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-315.html

⇒⇒⇒四方の海と日本初の「第九」全曲演奏。板東俘虜収容所。
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-316.html

⇒⇒⇒きっかけは一通の手紙。忘れない事が大切。板東俘虜収容所。
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-318.html


いつも応援いただきありがとうございます。
板東俘虜収容所と大麻比古神社は2km程の距離。日々のお散歩コースだったそうです。ドイツ橋は彼等が石橋を造るまでは木造でした。きっと危なっかしい橋だったのでしょうね。板東俘虜収容所の記事は昨年の訪問時に必死に調べて書きましたが、ぼろぼろ泣きながら本を読んだ日がよみがえります。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

はじめまして。
何時も楽しく拝見しています。

今回の話は、映画を見た以上に、感動しました。
それに、戊辰戦争のあくどさを嫌っている者としても、
嬉しい話ですからね。

狛犬さん、今回はあまり出番が無かったですね。
何時もは小生も狛犬好きなので、楽しませてもらっています。

以前からコメントをと思っていましたが、
延び延びに・・・
何時も楽しい狛犬さんとの会話で癒されています。

No title

(号泣)映画、これ観たんです!!
色々思い出しながら読んでたら、ほんとに目から汗がボタボタ・・・お恥ずかしい^^;

会津人が言う「俘虜に対して武士の情けで接して欲しい」
これにはもう何も言えません。
彼が言うからこその重みと真実の言葉だと感じます。

ちょっと本気で泣いちゃったんで恥ずかしいから(  )後ろ向こうっと。

狛ちゃんは色々見てたんですね。
ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。

板東俘虜収容所
TVでも盛んに取り上げられていましたね。
第九を初めて演奏したとか。
所長さん、会津の方だったんですか。
武士の情け、人格高潔な方だったんですね。
他人に親切にすると、いつか必ず良いことがある。
うまく言えないけれど、これって真理じゃないかと思ってるんですよ。
見返りを望むわけじゃなくて、神様だけはご存じ、みたいな。
もちろん、逆もまた真なりだけどね。

one0522様

こんにちは。

はじめまして。コメントありがとうございます。

こちらのお話は、松井所長の人柄と気概に尽きる気がしました。

以前この収容所の記事を書いた際に、薩か長にご関係の方からいささかご不快のようなご意見をいただきましたが、事実は事実なので、何ともお答えのしようがなく。

少し困りました。

狛犬さん、いろいろな子がいて興味が尽きないですね。
はじめの頃は黙っていた狛犬さんですが、いつのまにやら喋りだしました。

狛犬さんがいると、書いている私もとても楽しいです。

one0522様、とてもわんこさんを大切に思われていて、また、コメントを拝見していても、素敵な方だなぁと思っておりました。

昔飼っていた子がシェルティー雑種でしたのでいろいろと思い出したりしながら。

なかなか先へ進みませんが、いい狛犬さん達が控えております。
お気に召すといいのですが。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
コメント、嬉しいです。ありがとうございました。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

映画、お父様とご覧になったのでしたね。
またいろいろ思い出させてしまいましたね。

会津と薩長の事が念頭にないと松井所長の言葉はわからないでしょうが、当時はまだ「ついこないだのこと」だったんだなぁと。

本当に言葉というものは、言うべき人が言うと重みが違います。

狛犬さんは二組とも、全部見つめていたんですよねぇ。
・・・話してくれないかなぁ。

ドイツの人達にも、かわいいねーって言ってもらったかなー。


おーい、狛ちゃーん。時乃★栞さんが泣いてるよー。

狛「いないいない、ばー♪」(一枚目の画像をどうぞっ)

No title

つねまるさん、こんばんわー♪

板東俘虜収容所は、この地にあったのですか。
当時は里からずいぶんと離れた場所だったのでしょうね。

ドイツ館は相当に立派ですねー。
道の駅に隣接であれば、来館者も多いでしょう☆

ハッチーに似合わず、桜の方は綺麗すぎです!

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

板東俘虜収容所での第九演奏がすごいのは、全て収容所の人間で、かつ、男性で全曲演奏した点でしょうか。

映画ではご近所さんが大勢来ていましたが、実際はほんとにささやかなものだったそうです。

松井所長は、会津若松市の市長に就任し、約3年間の任期のうちに、白虎隊の慰霊碑を整備するなど地元会津のために尽力されています。

今のご時世、こんな人物はいないでしょうね。

神様だけはご存じ、が、神様しか見てないからいいや、な感じなのかなぁ。

お年寄りとわんこにはとっても親切な私ですが、これじゃダメですね。
えへへへへ。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうですね。町の中心部からは少し離れているのかな。
近すぎず遠すぎず、な距離感でした。

ドイツ館、びっくりするほど大きな建物でした。
映画の影響力ってすごいですね。皆様よくご存じでしたよ。

あー、これから大阪へ戻らないといかーんと思いながら、ぼーっとしていたら、目の前にハッチー桜が。

山桜の一種なのかなー。可憐なお花でしたよー。

No title

こんにちは、kotodayoriです。

いつもブログへのご訪問ありがとうございます。

板東俘虜収容所は、大麻比古神社の約2km南だったのですね、収容所に関するブログの記事を読ませていただきました。徳島とドイツの関係がよくわかりました。不幸な歴史を経て、前を向いて良好な関係を築いている方々に頭が下がります。

なかなか機会がありませんが、一度ぜひ訪れてみたい場所ですね。

また、よろしくお願いいたします。

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

拙い記事をご覧いただきありがとうございます。
とても嬉しいです。

板東俘虜収容所のあった場所には当時の地図のままに建物の基礎や給水施設がそのまま残っており、とても驚きました。(ドイツ村公園がその場所で慰霊碑もここ)

バルトの庭や道の駅に併設されたドイツ館と併せて訪れるととてもよくわかります。

一番札所の霊山寺も近く、いろいろなものに触れる事ができる地域です。

高速で結ばれてはいますが、何しろ縦長の淡路島を抜けるのがなかなかの距離で。途中で気絶しそうになりました。

機会がありましたら、ぜひ。

No title

こんばんは!

映画「バルトの楽園」・・・知らなかったです。

松健さんが主演ですか。

それはいつか観てみたいです。

久し振りにレンタルしてこようかな。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

マツケンさんが主演の映画、とてもよかったですよー。

松井所長の根底にある会津の方の思いが忘れられません。

こちらの地域は、板東俘虜収容所、四国八十八箇所一番札所霊山寺、忌部氏に関係する神社などミドコロ満載です。

ぜひー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。