野村八幡古墳。段の塚穴型古墳の特徴

こんにちは。

本日より徳島県美馬市に戻りまして、続き。


発掘調査により、白鳳時代の寺院の存在が発見された郡里廃寺(こうざとはいじ)跡。


塔基壇跡と礎石が残ります。

郡里廃寺跡付近には現在も、
郡を治める役所である郡衙を示唆する地名である「郡里」や、
交通の要衝である駅屋の存在を示唆する「駅」「馬次」という地名が存在。

ここから約2kmほど北東にあるのが、


段の塚穴古墳は、太鼓塚古墳と棚塚古墳の総称。

古墳時代末期の6~7世紀に作られた古墳。


円墳、横穴式石室。

左の細い部分が「羨道(えんどう/せんどう)」。通路。
右の丸い部分が「玄室」。棺(遺体)を納める部屋。

特徴は、


1.玄室正面の棚


2.ドーム式の玄室(この太鼓塚古墳の高さは10m)と


3.ほぼ旧美馬郡の吉野川流域に限られる特徴的な分布。

「郡里廃寺跡は、太鼓塚古墳の被葬者の子孫が一族の氏寺として建立したものであり、郡里廃寺跡を建立した一族が美馬郡を統括した郡司であったことが想像されます。」(美馬市HP史跡観光案内より引用)

http://www.city.mima.lg.jp/kankou/kankouannai/miru/0014.html


と、ここまでがおさらい。

二つの古墳は巨大すぎて全体像が把握しにくいので、まずは、
同じ「段の塚穴型石室」を持つ野村八幡古墳をご紹介。

「段の塚穴型石室」を持つ古墳としては段の塚穴の太鼓塚古墳に次ぐ規模の古墳。


これに乗ってきたわけでは。

見ての通り、吉野川の河岸段丘上に鎮座する野村八幡神社。


こっちにいるよー。


お詣りして、いざ。



社殿により墳丘南西部が削られているが、本来は径約30m、高さ約6mの円墳であったと思われる。
石室は全長約9m、玄室長3.9m、最大幅2.4m、最大高3m、奥壁に石棚、羨道部には排水溝が露出する。

石室を構成する石材は、両側壁が砂岩、天井石や奥壁などの大きい石材は結晶片岩であり、ほぼ全てが結晶片岩で構成される段の塚穴の両古墳とは石材の使用法が大きく異なる。


美馬市HP「文化財・野村八幡古墳」より引用)

http://www.city.mima.lg.jp/kankou/bunka/kenshitei/0003.html


長方形の大きな石は、羨道(えんどう/せんどう)の天井石?


面白いなー。


本来はもっと長かったはずの、羨道(えんどう/せんどう)。

正面奥に見える石門のようなものが、羨道と玄室を分ける玄門。

左右の柱が見えます。


おうちの玄関先みたい。お水対策かしら?


玄室の奥壁に、石棚。棚の上下はそれぞれ一枚石。

ずいっと連続して撮影。


石棚の奥壁は、大きな一枚石(結晶片岩)。


中央の青いのが天井石(結晶片岩)。


玄室内から見上げてみます。

ドーム型になってるの、伝わります?


きれいなカーブを描く奥壁の一枚石が、素敵なの。


側面壁は、砂岩。右側に見えるのが石棚と奥壁。


側面壁の砂岩の石積と、奥壁と玄門側から持ち送られた一枚石(結晶片岩)との違い。

結晶片岩、現地で眺めていると、キラキラしますのよ。


おなかいっぱい。


うふふふ。


野村八幡神社
《住所》徳島県美馬市脇町字野村4144




いつも応援いただきありがとうございます。
野村八幡古墳は羨道の一部が失われており、玄室の中まで光が差し込み、見学しやすい状態でした。あくまでも葬送施設なので、古墳を訪れる際はそれなりの心づもりが必要ですね。この段の塚穴型古墳のある野村八幡神社、河岸段丘上に鎮座する姿はとても威厳に満ちていました。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

凄いですね。どうやって作ったんだろう(@@)

羨ましい道?通路なんですね^^

なんか写真で見てても緊張しちゃうなぁ
厳かな気分です。

ぽちぽちぽちーーー☆彡

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

大阪へ来てすぐの頃、とにかく古墳ばかりを巡った時期がありまして。
スーパーの駐車場に、植栽じゃなくて、古墳。
公園にあるのは、人工の山じゃなくて、古墳。
すごいなーっとびっくりしました。

一歩踏み入れると、空気が変わるというか。

いつ訪問しても、厳かな気持ちになります。

道東のポー川史跡公園や、常呂遺跡でも同じ感じでしたよ。
不思議な空間ですね、すごく。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼