スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史跡を見る、と、守る、は違うということ…連休によせて

皆様、連休は如何お過ごしですか?

私はおうちで腐ってます。生ゴミのかほりがするでせう。ぷーん。


ただ、歴史や史跡、お寺に神社、古典芸能、日本の文化、ありとあらゆるものをお好きな方々にこの連休に寄せてお願いがあります。

あなたが今見ている場所、対象は、誰の所有地ですか?誰の指定史跡ですか?
誰のご支援とご厚意により成り立っていますか?


んなあほーな土地や文化がこの日本にあるはずはありません。

今、あなたが見ているその史跡が、実は心ない者により破壊される寸前かもしれません。
いや、現実に我々は昔日の某かに破壊されたもののカケラを、残っていてくれてありがたやーっといって見ているだけかもしれません。

ただ、あなたが見ているその史跡。今のまま保管されるか破壊されるかは、ただひたすら所有者の胸三寸。
各自治体が指定したからといって、開発されまいというのは夢のまた、夢。

現実に起きたことなのです。長野県の三日市場城址の破壊。
なんてこったい。(す、すみません…このくそ大事な時にリンクの仕方がわからんもんで、ちょー有名サイト様の「らんまる攻城戦記」様へリンク欄から、いい日旅立ち…あわわわわ)


歴史と史跡がお好きな皆様。忘れないで。
この連休中にも破壊されるかもしれないものがあるということ。

特に、土で形成された山城。
数百年も守ってきたものを、数秒で踏みにじることのできる現実。


歴史を愛する諸先輩には、観光地と化した史跡のみならず、私だけの宝物♪と大切にしているものは多々あるはず。

どうか、お休みの間に見聞きした大切な文化を後世に繋ぐことができるよう、頑張ろうではありませんか。危ういぞ、っと思ったら、即日その自治体の窓口(主に教育委員会だと思いますが、ご確認下さい)に訴える気迫で、思う存分堪能しようではありませんか。



…って、わたしが言うな。

せやねん。でも、ええねん。困ってはんねん。
困ってる方々が、すごぉーいランキング上位の方々でうちの言葉なんか、へ(ほんとの、屁)でも、ええの。

それが歴史ブロガーの心意気、らんまるせんせの押しかけ弟子の気っ風ってもんでえー!ずびっ!


皆様の応援がありがたいです。頑張ろうぜえ、マイナーでもさっ!好きなんだからいいじゃん!
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
ありがとうございま…いや、これは、困ってはる◆〇市のせんせに捧げます。

せんせががんばらな誰が頑張んねん!へっへー。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

共感!

つねまる様

ご先祖様たちが遺して下った物は、次世代に引き継がなければならない。
尤もなことです。
そのお気持ちが、琴線に触れて感動しました!
ありがとうございます。

No title

おはようございます。

神社をまわっていても、社殿に心無いいたずら書きがあると悲しくなります。
1度など拝殿の中が荒らされて、物を食べ散らかしたお社があって、心底ぞっとしました。

そこに託された想いを踏みにじられるようで、本当に嫌なものですね。

ありがとうございます

色々と声援いただき、また解決方法まで一緒になって考えて頂き感謝致します。
ちなみにまだまだローカルなサイトです(笑)

おっしゃる通り村指定史跡といっても法的な拘束力があるわけでもなくまして私有地であれば、所有者がどうしようと勝手な訳で、ドカドカと見学に来るもの好きな我らに仕方なく開放しているというのが、山城の現実です。
長野県だけでも約1600の山城と館があり、史跡全てを自治体が買い取るのも不可能だし、そんなこと言い出したら古代の遺跡や古墳も全て公平に買い取ってくれ!って事になりますよネ。

諦めたわけではありませんが、三日市場城は発掘調査されていないので現状回復はかなり難しいと思われます。今回の作業が山の所有者の発注だとしたら「どうしようとワシの勝手だろ」

だとしても、一応村指定史跡なわけで、拘束力を伴うかどうかは別として何か取り決めはあるんでしょうね。
小生としては白馬村にケンカを売るのではなく、所有者の理解と協力を得てこれ以上破壊が進まないように村としての対策を講じて欲しいのです。破壊を免れた部分も早急に発掘調査をするべきでしょうね。

早速記事にして頂きありがとうございました。
遺跡・史跡保存は自治体や国任せでなく、我々見学者もしっかり取り組むべき永遠の課題です。

西 久美子様

ご多忙の中のコメントありがとうございます。

古典芸能も途絶えてしまっては戻せませんものね。
まずは、知っていただくことから始めなくては…。

今後とも西様のご活躍をお祈り申し上げます。

たっつん様

ご多忙の中のコメントありがとうございます。

たっつん様のように数々のお社を見てこられたら、嫌なものを目にされることも多かろうと拝察致します。

そんな事したら神様のバチがあたるぞ、っというのはもう昔の言葉になってしまったのかなあ。

悲しいなあ。

普段は見えない見えない…って避けてましたが、正面から向き合う事が必要なのでしょうね。

今後ともよろしくお願いいたします。

らんまるせんせ

ご多忙とぷすぷすの中のコメントありがとうございます。

いつも貴記事を拝見しながら、よくこんな土のもこもこが残ってるなー、皆、すごいなーっと感動していたので、あ、やっちゃった…と思いまして。

ちょびっと悲しかったので。

…悲しいから、ドライブしてきます。ぶーんっと。

今後ともよろしくお願いいたします。

No title

おはようございます。
ご訪問、コメントありがとうございました。
破壊されていく史跡、多くありますよね。
今一番話題になっているのは、竹田城でしょうか。
私は写真も好きなので、竹田城は写真も撮りに行きたいのですが、人が多すぎて、石垣が崩れたり…
ひとりひとりの守る姿勢が大事なんでしょうね。

YUMI様

おはようございます。
ご多忙の中のコメントありがとうございます。

竹田城…見たいけど見たくない遠いものになってしまいました。
自然に崩れるのと、崩されるのとでは全く違いますもの。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

No title

つねまるさま、おはようございます~♪
コメントでのご質問ありがとうございました。
市町村指定の文化財は、国が定める文化財保護法によって厳しく規制されています。
したがって、指定されている歴史的な文化財は有形・無形を問わず勝手に破壊したりすることは違法になります。
もし、破壊したり現状変更を市町村に無断で行った場合は、その業者に対し、原状回復をさせる命令を出すことができます。
市町村が放置することは許されないので、業者の違法行為を市町村民が発見したときは、市町村に対して原状回復を要求することができますよ(*^^)
市町村に要求すれば、工事はただちに中止させることができますσ(゚ー^*)
例外として、工事中に埋蔵文化財が発見された場合は、いったん工事を中断し、文化財専門家による調査を実施したのちに工事中止または埋戻して、埋蔵文化財が存在することを公表しなければならないことになっています。
ご質問の村指定遺跡も文化財保護法に基づいて指定されていると思いますので、教育委員会は工事をただちに中止させなければなりません(*^^)
以上、私の知りうる限りをお知らせします^^

まり姫様

詳細にわたるご指導ありがとうございます。
指定史跡、って意味が解っていないと対応できないですものね。

日本は法治国家です。
今回は指導する立場の教育委員会が犯した凡ミスです。しかし、法律に反したミスは罪です。

所有者に関係なく、文化財は監督官庁の指導に基づき保護されなくては指定の意味をなしません。

国宝の仏像の場合、蜘蛛の巣がかかっていても、国の許可と監督がなければ取ることすらできません。

自治体によって温度差があってはいけませんよね。

ほんまに今回はびっくり悲しい出来事でした。
でもこれを機に、関係する法律を勉強してみようと思ってます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

ご尽力に感謝します

コメントありがとうございました。
また、貴殿の人脈の広さと適切な助言には驚愕と感嘆であり、言いだしっぺの浅学として反省しきりであります。

長野県の文化財保護を統括する部署に連絡をして白馬村に対して速やかに調査と改善、現状回復の指導を行うよう依頼したいと思います。

「長野県は後進国だから仕方ない」では、大切な文化財は失われるばかりです。先祖さまに対しても申し訳が立たないし、未来の子供たちにも言い訳出来ません。
「俺たちはチャンと文化財保護に対するお役人の仕事も監視しているゾ」
今回の事件がそういうキッカケになる事を信じております。
ありがとうございました。

らんまるせんせ

こんばんは。少しはお役に立てたでしょうか。どきどき。

あ、現状回復、ではなくて、「原状回復」です。もとの状態に戻すことをいいます。

「日本は法治国家です」。これに尽きます。

がんばれ、らんまるせんせ!



プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。