朝来市の粟鹿神社。藤が咲く但馬最古のお社

こんにちは。


花盛り。


季節のお花はちゃっちゃと掲載しないと、お蔵入りになりますね。


花よりハチが気になって気になって。

おほほ。

で、ここは。


兵庫県朝来市の粟鹿神社。


手前が勅使門、奥が日の出(随神)門。


但馬国最古のお社。式内社(名神大)。

和銅元年(708)に祭神や歴代祭主などを詳細に記した『粟鹿大明神元記』の写本が残る(宮内庁所蔵) そうです。

(兵庫県神社庁「粟鹿神社」より)
http://www.hyogo-jinjacho.com/data/6325071.html



勅使が遣わされたんだなー。

では、日の出門は、なにがあっ


ぎゃー。


あはは、じゃないぞ。


表側に随神像、内側に狛ちゃん。


大きな木造の狛犬さんです。


藤棚から見ると、こう。


うふふふ。


わぁい♪ちび狛ちゃんだー♪


巨木に囲まれたお社です。

この粟鹿神社については何やら色々なお話がありますが、
今回は「こんな雰囲気のとこへ行ったよ」の報告でご容赦。


古墳と伝わるおやま。


天満宮です。


人の手によるであろう土のもこもこが社殿奥に数筋あります。

一旦門外へ出て、裏側を散歩。


ずーっと続いていた小道。(堀切ではないと思うぞ)


うーん。なんだろう。同じようなものが他にもありました。

奥に見える白いものをズーム。


幣ですね。

・・・見なかったことに。


だね。


粟鹿神社
《住所》兵庫県朝来市山東町粟鹿2152




いつも応援いただきありがとうございます。
なんとここは、社務所に人がいらした上に、常に私の他に一人二人の参詣者。境内をぼーっと見ているうちに5組ほど入れ替わりました。さすが連休です。木造の狛犬さん、彩色が残っており、全体は迫力がある姿をしています。ちび狛ちゃんがいたので、テンションまっくすです。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お邪魔します。
そちらも連休中は強風だったのですね。
狛犬様じゃないけど紫外線強くて日焼け大敵!でした~
藤が綺麗ですね(#^^#)
チビ狛ちゃま、カワイイです~~💛 お手手に持っているのは、、? す、すみません、、失礼にも程がありますが ひとだま に見えてしまいました💦

No title

こんばんは~
とっても素敵!
雰囲気抜群ですね^^

藤の花、綺麗~こっちの藤棚は土地柄のせいか、あまり生育が良くないんです。
内地のような華やかな雰囲気は中々ないです^^

チビ狛ちゃん、ご機嫌よう^^/
ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。

勅使門があるんですか!
格式高-い。
すごいお鼻の、彩色されていた狛犬さん。
狛さんって、本当に色んな子達がいるんですね。
この前見てきた志賀城麓の狛さんも、真新しかったけど、今でも狛犬さんを納める風習があるって、嬉しくなりました。

このお社、しっとりした緑に囲まれて、絶対に神様が坐す雰囲気たっぷりですね。

No title

こんばんわー

朝来市は、住みたい田舎のNo1だそうです。
観光客がわんさかと押し寄せ、知名度も上昇したのでしょうね。

木造の狛さん大きそうですね。
風格があって、いい顔しています。

日焼けに注意を払ってきたので、古そうですが色彩が残っているのでしょうネ。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そーおなんですよー。
台風かと思うような強風で、さささっと行き先変更しました。

ちび狛ちゃんが、ヒトダマ持ってる?

じー。

あ、ほんとだ。

実はですねぇ、このヒトダマに見えるのは、ちび狛ちゃんの右のお手手なんですよー。
かーちゃんの前足に軽く添えてます。

ちょっと見えにくくて、私も、じーーーっと見つめました。
足先が、私の頭の高さぐらいです。

おっきいのですよー、この狛犬さん。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。


「ごきげんよー♪おさいせーん♪」byちび狛。


雰囲気抜群でしたよー。
付近一体が緑一色で、爽やかで。

藤の花はちょっと小ぶりですが、和風のささやかさというか、派手じゃない美しさというか、そんな感じ。

こっちは山にある野生の藤が、とんでもなく咲き誇りますからねー。
でも、藤棚になると、途端にお上品になるのは何故かしら。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

あ、そうそう。志賀城麓の狛犬さんを拝見して、ほっこりしました。
石碑じゃなくて、狛犬、って、いいですね。

狛犬さん、ほんとにいろんな子がいるもんですね。
博物館で見るようなご立派なものや、工作で作ったようなもの、ほんと、いろいろ。

こちらのお社は但馬国一宮であった時代があり、同じ境遇の出石神社と一宮争いをされたことがあります。
今は二社とも、一宮ってことになっているようです。

特に、記事内にある、宮内庁保管の文書は重要でして。
資料だけは机の上に。きっとそのうち埋もれていくかと。
早く読まなくちゃ。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ほおおお、住みたい田舎なんばーわんですか。
あれがあるからなのかなぁ?

ここはあそこのずっと東なので、静かなものでしたよー。

木造の狛犬さん、おっきかったです。親子も。
目がとれたりして怖いお顔になってしまっている子が多い木造さんですが、こちらはお鼻のせいか、とっても愛嬌がありました。

やはり日焼けはよろしくないですね。
早めのケアが大切なようです。ごほん。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

つねまるさん、おはようございます。
粟鹿神社は出石神社と共に但馬一宮ですね~。
二度ほど伺っていますが素敵なところです。
藤は知りませんでした。
ありがとうございました。

いい神社ですね

こんばんは。いつもお世話になっております。

毎年カニを食べに行くときに朝来市を通るのですが、粟鹿神社はまだ行ったことがありません。藤が綺麗な神社なのですね。雰囲気も素晴らしいです。
當勝神社という神社も今度日本海方面に行くときに立ち寄りたいと思います。

つねまるさんのGWは随分忙しかったようですね。こちらは3人の孫を抱いたり遊んだりで疲れました。

市良右衛門様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよね。それぞれの祭神様が、日本の神様と異国の神様である点が面白いです。

粟鹿神社の奥の境内社・茗荷神社周辺の雰囲気もとても良かったです。
こちらはまた訪ねたくなるお社ですね。

石積の参道が発掘された点も、興味深いです。
藤、小振りですがかなりの古木のようです。

しばやん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

藤は小振りですがかなりの古木で、勅使門と日の出門の間にひっそりと咲いているのが素晴らしかったです。

雰囲気満点で、静かな静かな時間を過ごすことができました。

當勝神社とさほど離れていないので、二社セットでぜひ。
山東インターからすぐです。

お孫さんに囲まれて、賑やかで楽しい連休をお過ごしでしたのね。
しばやん様は、とても優しいおじいちゃまなのでしょうね。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼