命を生み出す「産屋」の残る大原神社。京都府福知山市。

こんばんは。



大原神社。

ここは、古くより安産・万物生産の神として各地からの参詣者が絶えず、大原神社に参詣する事を指す「大原志(おはらざし)」は、古季語になっています。


今も安産祈願の参詣者が絶えません。

社記には、公家清水谷家、北大路家、日野大納言家、宇和島藩主伊達家等の安産祈願の記録が残っています。(現地案内板より)

安産祈願の授与品として神社から頂く「子守砂(こやすのすな)」を枕の下に置いて寝ると安産する、と伝わっています。無事出産したら御礼参りで返納。

この「子守砂」とは何ぞや?


それがここ大原神社周囲に昭和まで続いていた「産屋(うぶや)」という風習のお話に繋がります。

産屋。お産をする場所。
古事記・日本書紀にも記された古くからの習俗です。


大原神社周囲には小さな集落があり、産屋はこの集落の方々の大切な場所でした。


昔はお産の度に建て替えられたため、屋根は藁葺きの簡単なものでしたが、今は茅葺きになっています。



切妻屋根が直接地面に接するこの造りを「天地根元造」といいます。
古事記に「戸無き八尋殿」と記された日本固有の一番原始的な家屋として想定されている建築様式です。

「天地根元造」を模倣したこの産屋の出入口は大原神社に向いており、神様が見守る中で安心して産めますように、という願いが込められています。


出産の折には「12把の藁(うるう年は13)」を持ち込みそれを敷物とし、出入口に魔除けの古鎌を吊るし、七日七夜籠って出産します。

大正年間までこの習俗は続き、産後三日三夜(一夜に短縮化されるも)をここで休息する習俗は昭和23年まで続きました。


産屋内部。

当時は座産なので、天井から力綱が下がってます。

産後のものは埋場の下に。大原神社のお使いの狼が処理するのでいつのまにかなくなるのだとか。

そして、御幣が立っているのが「子安砂」。

大原神社の説明書はこう言います。
「産屋を神、先祖との連続した魂の再生の場、聖なる時空の場として内部の砂は『子安砂』として安産の信仰対象になっている」



産後もすぐに働かなくてはならなかった時代において、唯一の休息の場所であったこの産屋は、もはや使用しなくなった今もこの地区の方々により大切に守られています。



お母さん、産んでくれてありがとう。


皆様の応援がありがたいです。今回は真面目にお伝えしました。
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村
ありがとうございます。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

つねまるさん、こんにちは♪

お忙しい中、いつも温かいコメントをありがとうございます(*^^*)

昔の産屋って、こんなだったんですね~。初めて観ました! 
いつもながら楽しく貴重なご紹介、感謝です♪ 

しかし、出産は天井から下がる紐にぶら下がり、
頭にはハチマキも巻くんでしたっけ・・・?大変そうダ(^^;)

↓ひげを落した竜、どーしてもイモムシ君に見えてしまいます^^
可愛いらしすぎです、つねまるさん♪ 

竜も蛇も昔は同一視する位、神に近い存在だったのかもしれませんね。 

つねまるさんがよく御存知の清経さんのパパ・重盛さんに仕えていた
豊後の強者、緒方三郎惟栄の背中にも蛇の鱗があったそうです(*^^*)

ご存じだと思いますが、緒方という姓は蛇の尾の形から。
緒方惟栄さんの始祖は、祖母山の蛇と人間の娘の子(大神氏)で、
俳優の故・緒形拳さんは、その豊後大神氏の末えいなんですヨ^^

まーりたん様

好きー!大好きー!

あ。すみません。ご多忙の中あたたかいコメントまでいただきまして、ありがとうございます。しゃんっ。

はうーん。

いもむしじゃないです。竜でござーます。りゅー。お手々も角も珠もあるです…ううう(T_T)

まーりたん様は、私専属の先生になっていただきたいなあ。
あ、私がまーりたん様のお伽衆になるぅー!

嬉しいなあ。大神氏まで、ひょひょーいっとお話いただけるなんてっ!

関西では「おおみわ、し」なのが「おおが、し」なのが面白いなあ、っと思って。

立花宗茂くんの家臣の、ずうーっと殿と一緒♪の十時くんや、いがぐりぐりぐりの由布じっさまから逆流で知りました。

宇佐八幡ファイヤー!した惟栄くんに、そんなものが…!
うわあ…素敵♪
清盛がお熱で苦しんでるときに「背中のおできがなんぼのもんじゃい!わしなんか、ほら、うろこやでぇー!」っと、見せて励ましたり…しないか。

まーりたん様の相手が喜ぶネタを底なしに提供できる懐の深さにただひたすら尊敬です。本当にまーりたん様に巡りあえてようございました。
(かみかみ中)


関西から、まーりたん様宛に、好き好き玉を投下。えーいっ!




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼