願勝寺(3)阿波内侍から美馬君田。幕末の美馬

こんにちは。

謡と仕舞のお稽古を始めてはや四半世紀。


負けず嫌いは暗黙の了解ですが、停滞中。

そんなときに出会った、能「大原御幸」の阿波内侍の供養塔。


崇徳天皇の寵愛を受け、その後も見つめた阿波内侍です。


彼女の日記などがあれば、当時の気持ちが伝わるのに残念。


阿波内侍による中興後、阿波守護・小笠原長房の祈願所、細川氏・三好氏の祈願寺など歴代国主の尊崇を受けた願勝寺は、蜂須賀氏入国の節には方八町御免地、郡中出家取締となります。

稲田家からは20石の寄進。



ところで。

阿波内侍の供養塔の標柱には、


きんのうけ君でんねん。

違うっと。

「美馬君田」という人物。

昭和6年に建てられたという君田翁之碑の祀と君田翁之碑。



美馬君田とは、第44世住職。

天保4年には第44世住職となり10年後、寺を弟子に譲り隠居。

慶応元年閏5月に高杉晋作の讃岐潜入事件に連座して牢獄に4年間入牢。
燕石と共に出獄し、その後は、燕石とは離れ琴平小学校の校長として子弟の教育に専念。

勤皇の志士として活躍した功により、正五位を贈られました。


2015年。
美馬君田の直筆と見られる縦70cm、横30cmの掛け軸が発見されたそうです。

「徳島城博物館によると、掛軸は、美馬君田筆の『三社託宣』とのことです。『三社託宣』とは、天照皇大神、八幡大菩薩、春日大明神の三神の託宣(神の意思やお告げ)の事をいい、これを記した掛軸です。」

http://www.jibasan.org/event15.html

掛け軸の最後の1行にある「馬諧」の署名と印から、 君田筆と判明。

裏には、「前願勝寺」「嘉永七年九月」とあり、君田が願勝寺の住職退任後、琴平町へ移り住んだ年に書かれたものと推測されています。



幕末の徳島は、阿波徳島藩は公武合体、反して淡路島洲本城代で脇町の基礎を作った稲田氏は尊皇。

もめましたね。

それが庚牛事変となり、



稲田家主従の北海道への入植へと繋がります。


「幕末と明治の阿波徳島藩。事件勃発前夜」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-582.html

「庚牛事変、勃発。悔しいですっ」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-580.html

「洲本城代稲田家主従、北海道開拓へ。静内上陸」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-589.html



境内にあった慰霊塔。

おんまさん、わんこ、はとぽっぽ。

戦時中、こんな子達まで駆り出されたのですね。


長い歴史の中で様々な役割を担ってきた願勝寺。


とても勉強になりました。


ぜひ、美馬市美馬町の寺町も訪れてくださいませ。


願勝寺
《住所》徳島県美馬市美馬町字願勝寺8




いつも応援いただきありがとうございます。
GWが始まりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?私はおとなしくしております。おほほほ。願勝寺訪問でまたいろいろな事を知りました。幕末は苦手なのでざっくりですが、とても面白かったです。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

皇妃阿部内侍ってあると凄い美女を連想してしまいそう^^

軍鳩?伝書鳩かしらん^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

軍鳩、伝書鳩等の役割で使われたようですね。
なんにも知らない動物たちを使わなくていい平和な時代が何よりです。

阿波内侍、容姿はわかりませんが、崇徳天皇の寵愛を受け、晩年の建礼門院と共に寂光院で暮らして。

どこか穏やかな方だったのではないかしら。

No title

こんにちは。

もったいないです。
謡と仕舞・・・、停滞中

練習場所とか各地にあるのでしょうか。
また、謡の発生練習とか、自宅でもできるのでしょうか。

阿波内侍は、きっと美しいひとだったような気がします♪

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

お稽古が進むとどうしても直らない癖が出てきたり、先生の言うことは頭ではわかっていても出来ないことが顕著になってきて、嫌になることが多いです。

まぁ、休みながらボチボチです。えへへ。

お稽古場所は、日本全国、どこでもというわけにはいきませんが、先生を選ばなければ、数多いと思います。

阿波内侍、きっときれいな人だったんでしょうね。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼