重清城(5)長宗我部元親と十河存保。吉野川で戦いま・・・

こんにちは。

三好実休の実子である長治と、十河一存の跡を継いだ実弟・十河存保。


さぁ、頑張ろうぜ!って時に。

天正5年(1577)。
長宗我部元親の助力を得た細川真之に敗れ、三好長治、敗死(阿波荒田野の戦い)。

享年25。

細川真之は、長治の父・三好実休が見性寺で殺害した細川持隆の子。
傀儡の守護として擁立された人物でした。



兄ちゃんのばかっ。

背景にあるのは、


織田信長の四国攻め。

重清城攻防戦当時の十河存保は、反信長勢力である足利義昭・毛利輝元・本願寺顕如の支援を受け、信長はこれに対し、細川真之・長宗我部元親を後押し。

そんな時代背景。


【重清城攻防戦】


重清城は、三度落ちました。

一度目は、



天正6年(1577)正月。
長宗我部側の人質であった大西頼包と久米刑馬により、城主小笠原豊後守長政とその子らが謀殺され、長宗我部軍に落とされました。


三好軍3000はこれを包囲・撃退。重清城を奪還。

これが二度目。


この時は元親が率いてはおらず。


【重清城に元親が来たっ】

重清城攻防戦三度目は、天正8年(1579)。

長宗我部元親、いよいよ本格的に四国統一を開始。

阿波侵攻の要衝である重清城奪還に向かいます。


十河存保、三好家の当主として重清城に着陣。


これに対し、長宗我部軍は吉野川南岸に布陣。

前回と異なり、今度は元親自身が率いる軍勢。

土佐勢、鼻息ぶんぶん。


吉野川渡航の先陣、元親軍。

吉野川の戦いの開戦です。

十河存保率いる三好は五千。元親率いる長宗我部は二万。


どうする、十河存保!!


十河存保本隊、戦線離脱。

あり?


重清城、落ちちゃった。


そりゃまぁ、そうだな。

十河存保率いる三好軍は、


最終的には本拠地である勝瑞城をも放棄。

三好は衰退の一途。


吉野川北岸の河岸段丘上に築かれ


横矢懸かりまで設けて


二重の空堀と高土塁により周囲を囲み


城内に井戸もあり


西側の深い「城ヶ谷」に対しては


帯郭状の郭を設置した巧みな縄張りの重清城。

しかし、数万の大軍を前にしてはここが主戦場とはならず。

本日の重清城は、三好→長宗我部。



重清城背後の山々。


重清城を巡る、三好 VS 長宗我部 の巻、おしまい。



重清城を築いた小笠原長親が勧請した重清八幡神社と併せて、ぜひ。


重清八幡神社《住所》徳島県美馬市美馬町八幡15


重清城へは重清八幡神社を目印にすると分かりやすいです。


いつも応援いただきありがとうございます。
信長の四国攻略は様々な勢力を巧みに使い、とても興味深いので、いつの日か頭が整理できたら追いかけてみたいです。重清城攻防戦、三好家の衰退を象徴するかのようです。十河存保の戦いは始まったばかりですが、一旦ここでおしまい。当時の遺構がきれいに残る貴重な史跡としていつまでも大切にしたい重清城でした。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お邪魔します。
酒宴で誅殺~💦 洋の東西あった事でしょうし、、
戦国時代に「嘘つきー!」言っても後の祭りでしょうし、、 
やはり飲んじゃった方が悪いのでしょうね~⤵といつも思わされるお話でございます~~。。(^^;
数々のお話が残る遺構 趣ありますね。

p.s. 
直江様 クールさがキャア―♡でゴザイマシタ(#^^#)
でもやはり利休様のお茶はいただけなかったですね(^^ゞそりゃ、、

No title

こんばんは~

改めて(ビビらずにちゃんと)見ると綺麗な井戸ですね。
人の手で積み上げたのかしらん。
いい感じに苔が配置してる^^

元親の敵側から見た四国の歴史って面白いですね。
いつか河野氏もお願いします^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。

ああダメ、つねまるさん。
頭がゴチャゴチャ。
寄る年波のせいか、人物相関が頭に入って来なくて。
ちょっと見に来られないと、もう分からなくなってるのよね。
人間関係ってそういうものか。
特に、こういう激しい時代にはね。
もう少し頭を冷やして、最初から読ませていただきますね。
それにしても、この複雑な関係を繙いて書いていくつねまるさん、感心するばかりです。

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

阿波の三好くんを追いかけているせいなんですが、長宗我部元親の手段にはイラッと。

三好長慶&元長と、元親は何かが大きく違うんです。

酒は楽しく後腐れなく飲もうよー(T_T)

ねー。

兼続、クールなつっこみになってましたね。
横顔と美声にほれぼれですわっ。

大谷愛之助、千文枝、なんかワイドショーみたいでしたね。
特に千文枝は、ねぇ。何を言われても頭に入らず~。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうよー、きれいな井戸なんですよー。
草がぺんぺんっと生えたり崩れたりして暗い井戸が多い中、明るいイメージの井戸って珍しいですのよ。

やっぱしね、三好元長と長慶と良くできた弟達が畿内で頑張ってたからね、贔屓しちゃうの。
犬も歩けば三好に当たるんですもの。

光秀も元親も、ファイヤーしまくった人。そんな感じです。

河野氏は、ファンが多いみたいですね。面白いのかなー。気になるぞ。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

えへー。

今の私には三好長慶と良くできた弟達(だんご三兄弟と思ってやってくださいな)しか見えません~♪


信長が出てきて、毛利や播磨や何やらがわしょわしょーっと絡んでくるので、一切捨ててます。おほほ。

三好長治と十河(そごう)存保は、次世代ルーキー。

本で調べていた時はごちゃごちゃの時代でしたが、現地に立つと、すっかぁーっと頭に入るものなんだなーっと思いました。

らんまる様も誉めてくれた凝った縄張りの重清城を愛でて下されば、何よりです。えへへ。

No title

つねまるさん、こんばんは。

長曾我部氏が爆裂した戦術を展開した、重清城ですね。
実際、和議の途中で謀殺するなんてあるのでしょうかねー。

その前後がわからないので、判断は難しいですけど・・・。

井戸が完全に原型を留め、残っているのですね。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

阿波から見る元親は、いい印象がないですね。

井戸も郭もきれいに残っていて、よく畑にされなかったものだと思います。
小笠原神社が鎮座していたおかげなのかな。

地元の人の心は小笠原氏を慕っていたのかと思います。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼