重清城(2)小笠原神社と貴重な井戸の遺構

こんにちは。


横矢にぶっ刺さりつつ


重清城。

暦応2年・延元4年(1339)。
小笠原長親によって築かれたと云われる重清城。


二重の空堀が囲む素敵な姿。


さぁて、中へ入りましょ~。


何だかとてもお気の毒な建物が。


小笠原神社です・・・(T_T)


【小笠原氏と三好氏】

承久3年(1221)の承久の乱の後、阿波国守護となった小笠原長房。

《鎌倉時代》

本拠地を池田大西城に置き阿波支配を強め、

暦応2年・延元4年(1339)(鎌倉末期)
長房の孫・小笠原長親が重清に入り、重清城を構えます。

《南北朝時代》

本拠地を勝瑞城においた細川氏が阿波を支配するようになり、
小笠原氏は細川氏の家臣となり、三好氏を名乗ります。

《戦国時代》

応仁の乱後の戦国時代になると、細川氏にかわって、三好氏が戦国大名として阿波を支配するようになり。


やがて来襲するのは、長宗我部元親。


元親来襲の時の重清城主は、小笠原長政。


鎌倉末期に小笠原長親が構えて以降、小笠原氏代々がここにいたのね。


この神社はその小笠原氏を祀っているそうでして。


ここに


三好長慶の墓と同じ紋。

しくしくしく。


うにょっと出っ張った所には


青面金剛さんと三猿の庚申塔。


東側土塁に沿って北へ。


何かしら?


井戸でした。


この井戸があるのも、重清城が「城の遺構として貴重」な要素。


すごいなー。400年も前に作ったのよ。


井戸のある部分の外側。


東側の土塁。内部より。かなり高いです。

180cmぐらいかなぁ?


登ってみた。北東角部分。


同・外側。

空堀から見上げる土塁は、とっても高いです。


北から西へ続く部分。

少し低くなっている部分はあるものの、ぐるりと土塁が囲みます。

土塁の延長は192m。
城域の規模は、南北60m、東西44m。


あ、切れちゃってる。

つづく。


重清城へは重清八幡神社を目印にすると分かりやすいです。

重清八幡神社《住所》徳島県美馬市美馬町八幡15




いつも応援いただきありがとうございます。
城内の小笠原神社はとてもお気の毒な状態で。倒木が数本あり、その一つは社殿直撃。直すに直せない事情があるんだろうなぁ。
外部を囲む空堀や土塁をうきうきしながら上ったり下りたり。うふふふ。数百年もそのままの形で残り、今もきれいな水がある井戸。うわー♪うわー♪っと覗きこんだことは言うまでもありません。おほほほほ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

井戸にビビる小心者です(__;)
高所恐怖症だから、こう上から覗いてるとクラクラきゅーな感じに・・・

>180cmぐらいかなぁ?

自分の身長より高い
それより当時の平均身長より高くなければ土塁の意味がないですよね^^;

コンクリートもない、人が作って歩いて踏んで出来た道・・・
中世城郭はロマンです。(人´∀`).☆.。.:*・

小笠原神社がお気の毒ですね。
他が綺麗だから、余計に気の毒さが目立つ(-_-;)
いつか修復されますように。

ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。

小笠原神社
どなたもお詣りしない・・・ってわけでもないんでしょうね。
一応、応急処置は施されているようだし。
それにしても、維持もたいへんなんでしょうか。
見事な井戸。
井戸って、中がほとんど見えなくて、こんな綺麗な石積みは見られないわよね。
大体、不気味なのがほとんどだし。
中から何かが出てきそうな、吸い込まれそうな不気味さ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

井戸はねぇ、こう、貞子がにゅーっと出てくる怖さより、覗いた時に何か映ったらこええええー!って感じが。

きれいな石積でしたよー。

外側の堀から見ると、もっと高いのかなー、土塁。
でもこれで本気に防御するのは難しそう。

近隣に住宅が並ぶ中、こんなにきれいに残っているのはすごいですね。
ほんと、土のもこもこばかりなのに。
小笠原氏に対する何かしらの思いがあったのかな。

重清八幡神社等があるから、そちらが氏神様になってるのかな。
小笠原神社に手が出せないのは民法上の権利関係のためと思いたいです。

ううう。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

すずちゃん、かわいかったです。美人さんですね~♪

城主を祀った場所が朽ちているのは割とあるようですが、ちょっと小笠原神社はお気の毒ですね。

重清城は美馬市指定文化財ですが、史跡といえども民法上の権利関係から、手を出せないのかもしれません。
城内の整備もしてるのかしてないのか微妙です。

重清八幡神社等があるのでそちらが氏神様なのかなぁ。

井戸。

そうなんですよー。きれいな井戸でしたー。
お天気がよかったので、結構下まで見えて、陽気な感じ。

お寺とか神社で、水面に自分が映ったら長生きとか、映らなかったら数年内に死ぬとか、ありますよね。

怖くて覗けないです。
そんな伝承がなくても、暗くて深い穴ぼこって、そもそも怖い。
違う世界への入口とか、そんな感じ。

きゃー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

ほんとにねぇ、もう、大変なことですね。

忙しくあちこちを動かれていると思って。
うん、ご無事でなにより。

気持ち的に萎えることが多いと存じますが、美味しいお料理がどうか皆様の支えになりますように。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼