重清城(4)長宗我部元親の酒と小笠原氏

こんにちは。

さて。

阿波国の覇権を握ったのは、阿波国守護・小笠原氏→細川氏→三好氏。


三好長慶。


芝生城跡。

芝生城で生まれ育った長慶は、父・元長の死を受けて12歳で
勝瑞城を経て、再び畿内へ進出。

天文19年(1550)。
京畿一円と、中・四国の9か国を支配する実力者に。

しかし。

永禄7年(1564)7月4日、河内国飯盛城で病死。享年43歳。

嗣子の義継が若年のため、松永久秀・篠原長房・三好三人衆らはその死を秘し、長慶の葬儀が営まれたのは、二年後。永禄9年(1566)6月24日でした。


瀧寺の長慶の墓所。

長慶を支えたのは、良くできた弟達。

三好実休、安宅冬康、十河一存。


萌え処ですわよ、奥さん♪


長兄の長慶が摂津・河内・和泉の兵を、次兄の三好実休が阿波衆を、冬康が淡路衆を、弟の十河一存が讃岐衆を率いて戦いました。

しかし皆、長慶より先に他界。


《三好実休》

四国における三好家の政治・軍事を担当。

天文22年(1553)6月。
細川持隆を見性寺で殺害。その子・細川真之を傀儡の守護として擁立。

細川讃州家の実権を完全に掌握、阿讃衆と呼ばれる国人衆を三好政権の統制下に。

永禄5年(1562)。久米田の戦いで戦死。享年36。

跡は実子・三好長治。


《安宅冬康》

淡路島の安宅氏に養子に入り、淡路島の安宅水軍を統率。

実休、十河一存亡き後、長慶を支えたものの、なんと。

永禄7年(1564)5月9日に長慶の居城・飯盛山城に呼び出され、
自害させられます。享年37。


《十河一存》

讃岐十河城主の十河景滋(存春)に養子に入り家督相続。
大阪の岸和田城主となり、讃岐に加え畿内においても、軍事的に長慶を補佐。

永禄4年(1561)3月18日。和泉国で病死。享年30。

実子・義継が長慶の家督を継いだため、兄・実休の次男の存保が養子となり十河氏の家督を継ぎます。



十河存保と実兄・三好長治。まだ若いけど、頑張る。


さてその十河存保(そごうまさやす/ながやす)、天文23年(1554)生まれ。

存保の時代になると、

畿内では、信長が暴れん坊。

四国では、讃岐国人達が三好氏に敵対し始め、土佐から長宗我部元親が北上。


頑張れ、存保!


【重清城攻防戦】


吉野川北岸の河岸段丘に築かれた重清城。

急峻な地形を利用した天然の要害であり、空堀を二重に巡らし、土塁でぐるっと囲う形。

古くから要衝の地であった重清城に、


阿波の天敵・長宗我部元親が来た。

重清城を巡る三好家 VS 長宗我部家の争奪戦のお話。


《第1回・元親の酒》


天正6年(1577)正月。

重清城主は、小笠原豊後守長政。

細川氏家臣となり「三好」を名乗った阿波国守護・小笠原氏一族。

小笠原氏の拠点のひとつ、池田大西城を攻略した長宗我部元親軍。
そのまま重清城近辺まで侵攻。

白地城主大西覚養の弟で長宗我部氏に人質として送られていた大西上野介頼包と、その従兄弟中鳥城主久米刑馬が。

重清城を訪問。



城主小笠原豊後守長政とその子らを謀殺。

正月の酒宴(和議のため)と偽られ酔ったところを謀殺されたと伝わる小笠原長政。



元親の得意な「酒宴で謀殺」。


重清城、落ちちゃった。

大西頼包は讃岐へ逃れていた兄覚養を長宗我部側に降らせ、重清城に迎えます。

ここで、不幸中の幸い。

小笠原長政の嫡男は勝瑞城に人質として滞在中。
父の仇を討つため、三千の三好軍に加わり、重清城を包囲。



さらにこの時の元親軍。
県南部からも阿波に侵攻していたため、元親軍本隊は徳島県南部から阿波へ侵攻中。

よって本隊は不在。大西頼包は城を明け渡し降伏。
吉野川にて処刑。



つづく。


長宗我部元親の酒と謀殺の別件

「阿波細川家の菩提寺、丈六寺。元親の血天井

http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-754.html


阿波国守護・小笠原氏とは?

小笠原義長、芝生城で三好を名乗る。三好長慶を追いかけた
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-796.html


阿波公方と三好家の皆様

「待ちぼうけて数十年。初代阿波公方・足利義冬」
http://rekitabi4.blog.fc2.com/blog-entry-756.html


いつも応援いただきありがとうございます。
小笠原長治が正月の酒宴と偽られ謀殺されたと伝わるため、この付近では正月にお酒は呑まないと言われております。
一度落としながらも三好軍に奪還された阿波の天敵・長宗我部元親。しかし、彼は重清城をあきらめません。頑張れ、存保!

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

長宗我部元親の酒!

長宗我部元親の酒量は凄いのですね!
老生は長宗我部元親は良く知らないので5月に
高知など行く予定です!
つねまるさんは本当に山城が好きですね!

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

長宗我部元親のお酒はザル、いや、枠、かもしれませんっ。

あらー!四方様ったら、高知へおでかけになるんですね。
いいなー、いいなー。
室戸岬経由で行きたいのですが、地図を見ながらこれは無理かと泣いております。

昔は足摺までのフェリーがあったんですけど。

山城といいますか、石垣ではない土のもこもこのお城には、なんとも言えない魅力を感じております。

立派な石組のお城は懐石料理、土のもこもこのお城は、おうちごはん。
それぞれのおうちで違う味わいがあるような気がします。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼