熊本県を中心とした地震。お見舞い申し上げます

昨夜熊本県を中心に発生した地震に遭われた方々に
心よりお見舞い申し上げます。

Twitterなどを見ていると、生きた情報の量の多さに改めて驚きます。

が。

熊本城の石垣の被害状況をわざわざ行ってレポする素人にはあきれました。

それは需要があると見込んでいるのでしょう。
史跡巡りが好きな身としては、反省点です。

でも、だ。

史跡より、まず、命でしょ。

史跡は担当者が調べて復旧させます。そのための担当者です。

のこのこ出掛けるくらいなら、いずれ復旧に必要な資金を集めることになるでしょうから、その時に援助すればいい話。

興味本位の野次馬ほど迷惑なものはありません。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人命第一

仰せの通りですなあ。

城の心配より命の心配を優先して欲しいものです。
石垣なんぞままた時間とお金かけて積みなおせば元に戻ります。
石垣レポートにノコノコ出掛けていって二次災害なんて事になったら懸命に救助活動している方には大迷惑。
住民の皆様のご無事と一刻も早いライフラインの復旧を願っております。

らんまるせんせ

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

まったくあきれてものが言えないとはこのことで。

一億総レポーターの時代ですかねぇ。

緊急車両の妨げになるし、おっしゃる通りの二次災害の恐れがある。

熊本城の石垣が心配、と書き込む側にも自重する必要があると思います。

一刻も早い救出とライフラインの復旧、私も願っております。

No title

こんにちは。
仰る通りですね。
熊本城の修復作業に寄付をする方がよほど多くの人が喜ぶでしょう。
野次馬根性もほどほどにせいといいたくもなりますなあー。

まり姫様の叔父様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

腰はいかがでしょうか?
こんな時にもう!っていじめられてませんか?
大変な中、わざわざのご来訪ありがとうございます。

まったく、お馬鹿な野次馬が多くて辟易してます。
大事な観光資源ですから、心配せんでも直すというのに。
石垣にはナンバリングされてますし。

野次馬はやがて民家にまで行くでしょう。
馬鹿で愚かなことです。

仰る通り

こんばんは。正に仰る通りです。

今は、「熊本城の石垣が崩れた」と言ふこの漢字仮名混じりの十文字だけの情報で十分です。

どの石垣が崩れず、どれが崩れ、その構造はどうなつて、なんの違ひがあるのかなどは、今ぢやなければならない理由もない。
それよりも先に被害の状況が被災地で救助活動されていらつしやる方々へ正確に届き、一名でも多くの方が救はれ、一戸でも多くライフラインが復旧することが最優先だと思ひます。

とは言ふものの仰る通り、自分が知らず/\にたゞの野次馬に陥る可能性がある事を人のふりみて我がふり直せを改めて胸に刻んでおかなければと言ふことでもあると思ひました。

No title

こんばんは

被災者の大変さを見てると心が痛みます。
二次災害の危険が去るまでは、簡単には家に戻れないだろうと思うと・・・

野次馬してる場合じゃないでしょ~ゴルァ!!!(# ゚Д゚)・;'.
怪我人も多いし、雨予報が出てるし、(´;ω;`)ウッ

九州専門だけに地図で見慣れた地名が出るたびに凹んでます・゜・(PД`q。)・゜・
今日は、とても通常の記事は書けそうにありません。

亡くなられた被災者に心からご冥福をお祈りします

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

遠く離れていると、自分の知っているものと結びつけなくてはよくわからないという点もあろうかと思います。

熊本といえば、熊本城、のように。

でもそこで自制することが余計な野次馬を増やさない事に繋がると思います。

地震に限らず、ですね。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

野次馬は何の役にも立たないのに、一人前のレポーター気取りなのがちゃんちゃらおかしい。

まず、迷惑にならないこと。邪魔しないこと。

それに尽きると思います。

馴染みのある土地が被災地となると辛いですね。
復興のあかつきには現地を訪ね、お金を落とすのもまた大切なことかと。

そう思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼