阿波国守護・小笠原長親と重清八幡神社。狛犬四組

こんにちは。


鎌倉時代末期、小笠原長親が入り構えた重清城。

その前に、今日は狛犬さん。


どーこだ。


どーこだ。


坂の終点にお社がありますの。

おーい、こまちゃーん。


昔はここも境内だったんだろうな。


後ろは重清西小学校。今年度で廃校が決まっているそうです。


重清八幡神社です。


きゃー( 〃▽〃)


はいはいはい。


お髭がくるんくるん。

重清八幡神社は、鎌倉時代末期に小笠原長親が重清城を築いた際、石清水八幡宮の分霊を勧請。

阿波国守護の小笠原氏は、河内源氏。

源氏の氏神は、八幡さん。


ぴんぴんなお耳。

ここ、重清八幡神社の奥には「倭大国魂神社」が鎮座。

延喜式式内社の倭大国玉玉神・大国敷神(二座1社)に比定されているお社。

こちらも重清城主の小笠原氏に崇敬されました。


とぼける阿組。


うんうん。

南北朝時代に入ると、本拠地を勝瑞城においた細川氏が阿波を支配。
小笠原氏は細川氏の家臣となり、三好氏を名乗るようになり。

戦国時代には、細川氏から三好氏の時代へ。


お行儀のいい狛犬さんです。


どうしたの?


そ、それは怖かったねー。

阿波の天敵、長宗我部元親。

ここ、重清城一帯では小笠原・三好両氏と元親の戦いがありました。
これはまた重清城の時に。


けた外れに大きなクスノキが立ち並ぶ重清八幡神社。


あら。ちょうどいいところに軽トラが。

幹回り5.4m。(環境庁「日本の巨樹・巨木林 中国・四国版」)


こちらも負けず劣らず。

つづく。


重清八幡神社
《住所》徳島県美馬市美馬町八幡15




いつも応援いただきありがとうございます。
三好長慶を堪能した後は、いざ、重清城!・・・の前に、まずは小笠原氏ゆかりのお社へお参りでしょーっとやって来た重清八幡神社。思いがけずたくさんの狛犬さんに会えて幸先いいです♪お耳ぴーんの狛犬さん、徳島へ入って「はじめまして」でした。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
ブログの方ではご無沙汰しております。
いい顔した狛犬さんがいっぱいお出迎えしてくれるなんていいですね(*´ω`*)

No title

こんばんは~

ツンツンお耳が久々で新鮮^^

三好さんを調べると元親が四国の魔王に感じてくる^^;

歴史って面白いです^-^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

宙海様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

私もブログの方ではご無沙汰しております。
すっかり春になってしまいましたー。

狛犬さんの笑顔を見るだけで、有頂天です。うふふ。
徳島県の狛犬さん、いいこが揃ってます。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

垂れ耳もいいけど、ツンツンもいいですねー。

丹波の明智光秀のように、阿波の長宗我部元親はクラッシャーで魔王ですねー。

中国地方の展示で、「秀吉が来た!」という題のものがありましたが、立場の違いで見方は正反対になりますね。

面白いですね。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼