スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三好家菩提寺の瀧寺。長慶のゆりかごから墓場まで

こんにちは。


水仙でーす。

さて、今日もなるしすと、ではなく。


三好長慶。

長慶誕生の地の、


芝生城跡。

寛正年間(1465年頃)。小笠原家11代義長が、池田(三好市よりさらに西)の大西城を廃して、築城。

ここ芝生城において姓を三好と改め、三好氏の家祖となりました。

以後、2代長之、3代之長、4代長秀、5代元長、6代長慶まで、芝生城は三好氏の本拠地に。


思いっきりうはうはしたところで、


もしゃもしゃしながら、


山の上へ。


石段をだんだん登るとね~


はーい、鐘楼ですよ~( 〃▽〃)

・・・不思議な参道。

あ、車で上まで来れます。ちゃんとした道です。


もしゃもしゃ、あります。

そんなここは。



開創は天長年間(824~833)。
開山は空海、開基は小笠原長経。

承久3年(1221)。承久の乱で功績をあげた小笠原長清が阿波国守護となり、その息子である小笠原長経が守護代として入国。

瀧寺は、阿波国守護の小笠原氏と、その後裔・三好氏代々の帰依により近世以前まで栄えました。(wikipediaより)

現地説明板では、阿波守護・小笠原氏と三好氏の菩提寺。


読んでくだされ。


ぱんちゅがずり落ちたみたいな石灯籠。

んふふふ。ここには、三好長慶の墓所があるのよー。


どこかなどこかな~?


違うかしら。


おはようございます。

違うわねぇ。


お。


おおお。

三好長慶は、永禄7年(1564)7月4日、河内国飯盛城で病死。

享年43歳。

嗣子の義継が若年のため、松永久秀・篠原長房・三好三人衆らはその死を秘します。

長慶の葬儀が営まれたのは、二年後。永禄9年(1566)6月24日でした。


ずっとずっとお参りしたかったの。


芝生城。

父・元長の死亡後奮起し、12歳で芝生城を出陣。


勝瑞城を経て、再び畿内へ進出。

天文19年(1550)ついに京の都を征覇。

京畿一円と、中・四国の9か国を支配する実力者となった三好長慶。

彼のゆりかごから墓場までを、ゆっくり見ることが出来ました。


感慨無量です。起きて。


瀧寺
《住所》徳島県三好市三野町大字加茂野宮1796




いつも応援いただきありがとうございます。
晩年はお気の毒な状態になる長慶ですが、今は懐かしい故郷の菩提寺に戻り、静かに眠っているのだなぁと泣けてきました。ちょっと隅っこだけど、いいの。墓所は大阪府八尾市の真観寺、京都市の大徳寺聚光院、大阪府堺市の南宗寺などにもあります。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お邪魔します。
ちょ、手水のお水、、涸れてしまっているのでしょうか~、
もしゃ~のままで。。
でも整然としたお寺さんの雰囲気が伝わります。
死後2年経った後でのご葬儀というのが何とも・・ですが、、
こちらに長慶様が眠っていらっしゃるのですね。

真田丸、先週花見BBQで見損ない録画まだ観れておりません~~、、
今週は拝見出来、ウフでございました💛

No title

こんばんは~

>ぱんちゅがずり落ちたみたいな石灯籠。

水仙の香りが水洗に?,;.:゙:..:;゙:.:: (゚∀゚ゞ)ブハッ!
失礼しました( ̄ω ̄A;アセアセ

ところで当主の死を隠すって武田信玄が有名なだけで、割とあるんですね。
宇喜多秀家も実父が幼くして死んだので当初は隠されたはず。
(※秀吉が秀家を猶子にして盛大アピールするから必然的にバレたけど)

今は静かにお眠りですね^^
ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。

つねまるさん、よかったですね。
長慶殿の『ゆりかごから墓場まで』 をゆっくり見られて。
私、そこまで思い入れの深いお方はいるかなぁ。
気が多過ぎて、誰とは絞りきれない。ウーーン
12才で出陣ですか。
今なら、満11才、小学校6年生かな?
昔の武士の御子は大変だわ。
歴史に名を残し、ご本人は満足なさっていらっしゃるでしょうか。
こうして、慕って来てくださる人もいるし。

No title

つねまるさん、こんばんわー。

芝生城は初めて聞くお城です。
いまや田んぼですか。これでは遺構はまったくないのでしょうね。

長慶さんの墓は串ダンゴみたいで可愛いです。
ちっちゃいお墓のようですね。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そう。すいせ・・・こらこらこら。

水仙の香りって苦手なんですよー。
キンモクセイや沈丁花と同じように息苦しくなってしまって。

時乃★栞様の方がお詳しいと思いますが、当主の死ってのは、ピンチ到来なんでしょね。

良くできた弟達は病死、戦死、さらに長慶自身の手で殺してしまい。
嫡男の義興は長慶より先に天国へ。

長慶の晩年は、頭が風邪をひいた状態になってしまったのが何ともお気の毒で。

養子に迎えた義継を支えるのは、松永久秀と三好三人衆。
きゃー。長慶、死んでも死にきれなーい。

飯盛山城を見上げるとき、ついつい、あそこに長慶が埋まってた~(T_T)っと思ってしまいます。

素朴な五輪塔に、長慶の姿を重ねてしまいました。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ありがとうございます。ほんとに、よかったです。ほろほろ(T_T)

そっかー、ここで生まれ育って、やがて、苦しいのも痛いのもなくなって戻ってきたんだねーっと、しみじみしました。

お腹の中身をぶんぶーん、の元長を調べていったら「長慶くんと良くできた弟達」が実に面白くて。

それと、長慶の幼名が、千熊丸。

ずーっと好きな立花宗茂とおんなじ~( 〃▽〃)

ちっちゃいむくむく熊ちゃんが頑張ってる姿を想像したらもう、かわいくてかわいくて。

えへへへ。

大阪府から淡路島、徳島県。
彼等が活躍した場所に実際に立つことが出来るのも大きいです。

何がどう心に響いたのかよくわかりませんが、何となく長慶にはとても魅力を感じます。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

今のところ遺構はないようですが、阿波国における三好氏関連の史跡としては重要なんでしょね。
まぁ、三好氏自身がマイナーぽいので何とも。

五輪塔が素朴でしょ?

いいんですよねー。この姿が。

例え隅っこであろうともっ。(←これは、ぶうぶう。)

おきまちあき様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

もしゃもしゃ~の手水とは別に、ちゃんときれいなものがありましたよー。
赤いお屋根がちょっとかわいいお寺ですね。

こちらは、長慶の分骨が納められているようです。

今週も、うはうはな美声ツンデレでしたねー。
うふふふふ。
先週は山場でしたので、ぜひー。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。