磐境神明神社。不思議な石造の異形の社

こんにちは。


白人神社のうさぴょん灯籠。のほほん。


さて。白人神社を後にして。

向かうのはこちらのお山。


白人神社から100m程の明神山。

ここに白人神社の境内社が鎮座しているそうなので、てくてく。


木々が倒れ山が崩れ鳥居が倒壊した恐怖に泣く狛犬さん。

私は石段の高さと傾斜に泣く。


心臓がお口から飛び出しそうです。


清々しいけど、さっきまでと変わった空気に、心臓がひっこむ。

ちょっと落ち着こう、私。



「『白人大明神由来書』(1779年)によると、白人神社より約1町(109m)上の段の明神山という古社床といわれる所で、寛保年間(1741~1743)に芝刈の際に以下の石垣が発見されたという。

記された内容は、長さ八間余(約15m)横幅四間余(約7.5m)、東南方向に入口2ヵ所、内側は長さ六間(約11m)幅約一間(1.8m)とあり、現状とは異なる。」

(美馬市「市指定文化財/神明神社」より引用)
http://www.city.mima.lg.jp/kankou/bunka/shishitei1/0011.html

現地説明板によれば、この『白人大明神由来書』(1779年)が文献での初見。



開口部の数、違うね。

現状は、南北約7m、東西約22mの石垣による長方形の囲状(現地説明板より)。

往時より細長くなったのかな?


露出しているのは、一面のみ。


盛り土によって、石積は埋もれています。なんでかな?


「昭和30年頃、財宝(源為朝)を捜索して大規模に掘削。特に東方では約15mほど掘り下げたといわれ、これにより崩壊寸前になったため、昭和57年一部修復している。」
(美馬市「市指定文化財/神明神社」より引用)
http://www.city.mima.lg.jp/kankou/bunka/shishitei1/0011.html

・・・ためとも?

あー。白人神社の伝承にありましたね。
為朝の放った矢が毘沙門山に当たって跳ね返り、白人神社へ落ちたと。

では、露出している東側から拝見してみましょー。


びびって、離れる。

りべんじ。


開口部の上には、一枚岩が渡されています。

徳島らしい緑色の石。


上から見ると、こう。


素敵な石積です。(矢印が一枚岩。薄いです)


内部には祠。(北東から南東方向)


祠の上部左右を一枚岩が囲み、壁面を支えるように基段の石組がされています。


「社地は石堤をもってこれを囲み東西十二間南北四間にわたり方形をなせり、石堤は磐境なるべしすこぶる古色を帯部なり」(『阿波名勝案内』)

「白人神社の奥社と言われ、頂上付近の石堤は古代の磐境とされる。」

(徳島県立図書館/郷土研究発表会紀要第45号「白人神社祭礼について」より)
http://www.library.tokushima-ec.ed.jp/digital/webkiyou/45/4528.html

磐境(いわさか)とは、神の依り代。



南東から北西方向。

「築造年代の詳細は不明だが、石積技法や「『白人大明神由来書』」の記述から、少なくとも現在の姿については近世以降のものである。
成立年代は比較的新しいが、神社遺構として他に類例がなく、貴重な資料である。」

(美馬市「市指定文化財/神明神社」より引用)


美馬市の説明は客観的で好感が持てますね。


祠は五座。

何とも不思議なものですが、

イスラエル国元駐日大使エリ・エリアフ・コーヘンが招かれてこの地を訪れた際に「自然の石を積み上げた祭壇は、ユダヤ教の神殿とこの神社以外では見られない」などと言ったそうで。

・・・日以両国友好のためのリップサービスでしょうか。

この辺りの方言とイスラエル語の共通点や、祭事の日程が同じとか、ちょっと検索すると、しゅばばばーっとヒットします。

・・・学術的に解明される日を待ちましょう。


静かに、おまいり。


ここは、このまま、そーっとしておきたいな。


そーっと、静かなままで。

静かな、静かな、しず


こらー。


白人神社と神明神社、おしまい。


白人神社
《住所》徳島県美馬市穴吹町口山字宮内2番地


神明神社は白人神社の南西100mほど。


いつも応援いただきありがとうございます。
神明神社の不思議な感じ、伝わりましたでしょうか?私が白人神社界隈を素敵だなーと思うのは、元大使のほにゃ発言やパワーほにゃブームに踊ることなく、静観している点。美馬市の客観的な解説も同じ。日本には日本の神様と信仰があるのですから。古来からの伝統を保持していくことはとても難しい事だと拝察しますが、境内を清々しく保ち、祭礼を伝えていく宮人さん達に頭が下がります。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

素敵!とても神秘的な遺構ですね。
ここだけ違う世界の空気みたい。

一枚岩・・・自分が乗ったら割れそうだ^^;
この石積の高さはどのくらいなんでしょうか。

素朴なままで、いまどきのパワースポット流行に便乗してないところがいいですね^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。

これは本当に不思議な空間ですね。
私の良く見るお社とは全然違うもの。
イスラエル云々は分からないけど、日本に非ざるお社みたいで。
きっと、空気も違うんだろうな。
狛ちゃん、鳥居さんが倒れても健気に頑張ったのね。
つねまるさんが来てくれて、嬉しかったのね。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよー。とっても神秘的な世界でした。
何というか、古墳の石室の中にいるような、そんな感じ。

石積の高さは150cmぐらいかなぁ。
地面が盛り上がっていたので、少し屈んで中に入りました。

一枚岩、乗っちゃだめよー。
叩いて割ってもだめよー。

パワーほにゃブームは、かなり引きます。
そういうのを好きな人が勝手に言うのは個人の嗜好ですから別にいいんですけど、神社側が言い出すと、ねぇ。

それは違うやろ、と。神様をないがしろにしてどうすんのかな、と。

このまま埋めて帰ろうかと思うぐらい、そーっとしておきたい場所でした。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

はい、本当に不思議な空間でした。

古の自然信仰の残る場所では社の建物は後付けだとわかりますが、ここは石積そのものが神秘的で。

石段を登り詰めて、やっとたどり着いたら。
空気が変わりましたよー。

ぞわぞわしながらおまいりして、そそくさと失礼しました。
狛ちゃんの姿が見えたときは、心底、ほっとしましたー。

白人神社といい、こちらといい、よく狛犬さんが無傷だったなぁと思います。

もう、撫でくりまわしたい可愛さです~( 〃▽〃)ギュー♪

No title

木々が倒れ山が崩れ鳥居が倒壊・・・

これは・・・(@_@;)

凄いですね!これを見た途端、私なら引き返しそうです(^_^;)

つねまるさんの勇気に拍手!!

階段も凄そう!

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

なかなかの衝撃でした。

ちょっと迷いましたが、崩れた鳥居がよけられていましたし、ここを訪ねるのも楽しみだったので頑張りましたよー。

石段、踊り場がなくて、しんどかったです。
開き直って、一気に登りました~(^_^;)

神社仏閣探索の基本は、強靭な足腰ですね。ふー。

No title

つねまるさん、こんにちは。

残念、要塞ではなかったようですね。
と、いうことで、少し勉強してみました。

太古の人々は万物に神々が宿ると信じていた。
その神々から力を教授し、神々と暮らすことを願っていた。

祭祀を執り行い、それに神が応えて降臨し、祭りが終わると神は帰った。
神聖と思える岩や巨石、大きな樹木、森、山などを依代として神が宿った。
ここも人工的に造った、神聖な場所だった?

思い出してしまいました。
兄は経済学部でしたが、卒論の書き出しが「人は神に近づこうとする動物である・・・」
何を書いていたのでしょうかネ。

白人神社!

>イスラエル国元駐日大使エリ・エリアフ・コーヘンが招かれてこの地を訪れた際に「自然の石を積み上げた祭壇は、ユダヤ教の神殿とこの神社以外では見られない」などと言ったそうです。
この話聞いたことがあります!

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうですね。神の依り代、磐境です。

古代祭祀の跡とされるものには、石や岩を組み合わせたものがありますね。
また、自然信仰も、そこに神がいると見た事から始まっているようです。
なので、社殿が出来たのは後からなんですね。


>思い出してしまいました。
>兄は経済学部でしたが、卒論の書き出しが「人は神に近づこうとする動物である・・・」

おおおおお。
お兄様は、経済学を通して神に近づこうとされたのでしょうか。

四方様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

にし阿波と呼ばれる地域には、いろいろと面白いものが点在しているようです。

多かれ少なかれ日本にも異国の文化や信仰が伝わっていることを思えば、共通点があっても不思議ではないですね。

私は自然のものに神の宿りを思った先人達の信仰、大切にしたいなぁと思いました。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼