白人神社の境内社、神明神社へ

こんにちは。


神使がうさぴょんといえば?

はい、徳島県美馬市の白人神社。

うさぴょんが大阪夏の陣で稲田くんを助けたことにより、阿波徳島藩筆頭家老の稲田氏の崇敬を受けました。


社殿あちこちに残る稲田家の家紋、矢羽根。


寛文元年(1661)。稲田主税助植春奉納、彗雲鉄啀の書。


稲田氏以前。古来より75人の宮人に護られた白人大明神。


はて?


境内社として、八幡神社、天神社、神明神社。


玉垣に囲まれた中には、二社しか見当たらず。

ふむ。


不思議な文字の彫られた鳥居から出て、南向かいへ。


ちょいとさがしものでーす。

「神明神社は、白人神社南側の鬱蒼たる原生林の中に鎮座している。白人神社の奥社と言われ、頂上付近の石堤は古代の磐境(いわさか)とされる。」

なーんて聞いたら、行かねばなるまいっ。


ぷんぷんにおいます。


きゃー。狛犬さんが泣いてるよー!

どうしたどうした!?


まぁ、たいへんっ。


うんうん。


どれどれ。


悲惨。


えらいね、ちっこいのに。


いい子だねぇー。


阿ちゃんは、さぞかし怖かろうに。


なんて健気なんだ、狛ちゃんは。

お姉さんは泣けてきちゃうよー。


肝心な画像がすっとぼけるほどに。


ここも、白人神社と同じように鳥居が倒壊。

鳥居が犠牲になって狛犬さんを守ったのかなー。


私は神明神社へ来たはずです。


山城へ来たわけではありませぬ。


きゃー。


何ですか、これー!?

つづく。


白人神社
《住所》徳島県美馬市穴吹町口山字宮内2番地




いつも応援いただきありがとうございます。
白人神社の鳥居を倒す程の大木までもなぎ倒した昨年の強風は、神明神社の狛犬さん背後の木々をも倒したようです。怖かっただろうなぁ、ちっちゃい狛犬さん達。よくぞ無事でいてくれました。急な石段を登ってたどり着いたてっぺんに、謎の石造物。なんでしょか?

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~

ここの鳥居もエライコッチャ!(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
狛ちゃん、可愛い~(人´∀`).☆.。.:*・
足のちょっとした角度とか丁寧に彫られてるのが素敵に枯れて超ぷりてぃ

謎の石積&建物の実態調査をお待ちしてます^^
ぽちぽちぽちーーー☆彡

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんです。こちらもエライコッチャだったようで、びっくりしました。

丁寧に彫られているむくむくの足や得意気な顔、もう、可愛くて可愛くて仕方ないです。

謎の石造物、なぞ、なぞ、なぞ、ですねー。

No title

つねまるさん、こんばんわー♪

ここの鳥居も崩れているのですか。
危ない、あぶないですねー。狛さん、怪我はなかったですか。

不思議な石垣は、神社が武装していた時の「要塞」でしょう。
たぶん!

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよー。お気の毒に、鳥居周辺の倒木があったようです。
狛犬さん、無事で何よりです。

あ。要塞とは。新たな視線にびっくりぽんです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼