75の宮人が護る白人大明神。源為朝、矢を落とす

こんにちは。


大阪夏の陣で稲田くんを助けたという伝承のあるうさぴょんは、

白人神社の神使。



【祭神】

瓊瓊杵尊・天照大神・伊弉冉尊・豊秋津姫命・崇徳天皇・源為朝。


古く仁賢天皇の時代、白髪の老翁が天下り、「この谷は聖地なり」といって神々を祭りしずめ、宮内に改めるべしと告げたそうで。



はい、何でしょう。


なぜでしょう?


「保元の乱の後、讃岐におられた崇徳上皇を訪ねてきた源為朝が、阿讃国境の相栗峠で弓を引いたところ、うなりをたてた矢は、毘沙門獄に当たり、はねかえって白人神社におちた。

この古来弓は、今も神社の宝物となっていて、旧正月14日お的神事が今に伝えられている。」

「徳島県観光情報サイト阿波なび」より引用
http://www.awanavi.jp/spot/2013032503072/



矢が当たった毘沙門獄は、神社正面。


あぶないよー。

保元の乱の後、崇徳上皇は讃岐へ流され、都へ戻ることなく崩御。

鎮西八郎為朝は、保元の乱で父・為義と共に崇徳上皇方に属して奮戦するが敗れ、伊豆大島へ流されました。頼朝の祖父。


史実としては讃岐で出会うことなどないのでしょうが、そこは伝承。


二人ともここでは神様。

にくきゅ・・・きゃー( 〃▽〃)



境内に咲いていた桜で、閑話休題。


白人神社については、祭祀を行う組織に着目。


「祭祀組織

白人神社の祭祀の最も大きな特色の一つが、75人の宮人(みょうど)の存在である。宮人は忌部(いんべ)族の子孫とも言われ、古来、白人神社の祭祀の中心を担ってきた。

現在も白人神社の神輿かきは宮人に限られている。宮人は、特定の家に代々世襲されており、一種の宮座と考えることができる。宮人は、かつては厳しい潔斎をもって祭礼に臨んだものと思われる。」(1)


神社の祭礼を担う宮座は、各地の神社で様々な形態がありますね。

白人神社の場合、宮人が忌部族の子孫というのは、面白いです。



どんな?


「白人大明神は古来広大な社領を有し、それを確保するために宮人らは武装して防衛に当たった。

中世を通じて、宮人は神威を背景に社会的・経済的特権を拡大していった。

しかし藩政時代に入ると宮人の武装は解除され、自らの姿を木像に刻して神前に侍(はべ)らし(75体の神像が社殿内に奉祀されている)、平素は農業に従事し、祭礼にのみ参集することになった(『穴吹町誌』1071頁)。

宮人の家は宮内・首野・田方・調子野・知野・支納の六つのムラに分布している。神社を中心とするこれらの地域が、かつての宮人の活動の拠点であったものと思われる。宮人は現在、転出した家もあり、50人ほどになっている(『穴吹町誌』1071頁に、現在残る宮人の家が列記されている)。」(2)



うわー。

稲田氏が脇城主となるはるか以前より、白人大明神(白人神社)は存在し、広大な社領を持ち。



武装して防衛に当たった宮人達が神威を背景に社会的・経済的特権を拡大。



一大勢力を形成していたことが、わかりますね。


蜂須賀氏の阿波徳島入封に伴い、見ず知らずの土地を治めることとなった脇城主の稲田くん。


大阪夏の陣で稲田くんを助けて白人神社の神使となったうさぴょんのお話はメルヘンですが。


白人神社を崇敬することでまぁるく治めようとした稲田氏のもにょもにょ話なのかもしれません。

神社勢力をなめてはいけません。


ねー。

宮人は武装解除しますが、さぞかし悔しく心残りであったことでしょう。

宮人自らの姿を木像に刻して神前に侍らしたという、社殿内に奉祀された75体の神像。



今も姿を変え、白人大明神様をお守りしているのですね。

つづく。


参考文献

記事内(1)(2)の引用元は

徳島県立図書館
阿波学会研究紀要論文/郷土研究発表会紀要第45号「白人神社祭礼について」より
http://www.library.tokushima-ec.ed.jp/digital/webkiyou/45/4528.html


白人神社
《住所》徳島県美馬市穴吹町口山字宮内2番地




いつも応援いただきありがとうございます。
宮座は、固定であったり、宮座内でくじ引きや持ち回りで祭礼を行うなど神社によって異なりますが、神社と集落の歴史を見るのにとても大切な組織です。白人神社の宮人(宮座)が、75もあるとは、すごいなー。白人神社の祭礼と宮座は、とても興味深いものなので、引用元の記事をご覧いただければ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

破壊的な矢

こんばんは。いつも楽しく興味深い記事を讀ませて頂いてをります。
鐮倉の材木町でも爲朝が伊豆大島から放つた矢が刺さつた場所から水が湧き出たとされる六角ノ井と言ふ井戶があります。
弓手が馬手より長かつたさうで、おそらく史上最強の弓名人だつたと思はれます。こちらや鎌倉で弓の達者の傳説が殘ると言ふのは自然な氣がしますね。
当世の人々が恐れ戰ひた矢が飛んで來たので、狛犬さん達も、相當、びつくりして驚いたことでせうね。
まあ、橘右としては爲朝の矢が飛んで來たら、「お願です、勘弁して下さい」と涙を流したかもしれません。なんせ、びゞりの臆病ものでして。

No title

白人神社のこと、詳しくご紹介ありがとうございます。75の宮人が出自でもある白うさぎです。
鳥居は壊れましたが、うさぎ石灯籠が助かったのは、神の力かもと思っています。
これからも楽しみに読ませてもらいます。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

えっ。伊豆大島から放った矢が鎌倉へ!?

地図地図地図・・・きゃー。

為朝、すごーい。素敵だなー。
弓名人であることを踏まえた上での白人神社の伝承になっているのかな。
正面の毘沙門山、確かに弓が「かこーん」っと跳ね返りそうな岩盤が露出してましのよ。

狛犬さん達、きゃー!Σ( ̄□ ̄;)って走り回ったかもしれませんね。

私、為朝の弓が飛んできたら、ちびってしまいます。
ほんとに驚いた時って、身動きひとつできず、声も出ず。
おほほほ。

白うさぎ様

こんにちは。いつもお世話になっております。
この度はコメントいただきありがとうございます。

あら。そうとは存じませず、失礼致しました。

武装解除した後も、75の宮人様達が姿を変えて白人大明神様に寄り添い、現実世界においてもその方々が祭礼の形を守り伝えておいでと知り、とても感動致しました。

そんな皆様がお守りされている神様ですもの。
鳥居が壊れてもうさぎ灯籠を守り、常に氏子の皆様をお守りされているのでしょうね。

鳥居の再建、祭礼の存続など様々なご苦労があるとは存じますが、素晴らしいお社と伝統が子々孫々まで伝わりますようお祈り申し上げます。

白うさぎ様の優しい「にし阿波」の記事が毎日楽しみです。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼