稲田示植、大阪夏の陣で白うさぎに会う。白人神社。

こんにちは。


穴吹川沿いに鎮座する白人神社。


狛犬親子の背後にいるのは、


倒木直撃を免れてひと安心の、


うさぴょん。


奉納は文政2年


阿波徳島藩筆頭家老の稲田氏の家紋、矢筈(矢羽根)。


白人神社は慶長年間(1596~1614)初め、稲田修理亮によって再興されたといわれます。

阿波徳島藩筆頭家老であり脇城主(後に洲本城代)であった稲田家の信奉が厚かった神社。


なぜ稲田氏の崇敬が厚かったのか。




稲田修理亮示植(しげたね・1577~1650)という人がおりましたとさ。

阿波徳島藩筆頭家老の稲田氏は、

慶長19年(1614年)から慶長20年(1615年)にかけての大坂の陣に、父(植元)、子・植次と親子三代で出陣。

これにより、徳川家康より感状を受けています(阿波の七感状)。


大阪冬の陣にて。

稲田修理亮示植(小八郎)は、砦を攻めた際に手傷を負い、倒れてしまいました。

そこへ。


白うさぎ、登場。


倒れている修理亮の耳をくわえて引き起こしました。


お耳が切れちゃうわっというツッコミは、なしで。


白うさぎさん、必死。

そこへ鎌田又右エ門、渡辺七右エ門、大次郎達が駆けつけて介助。

無事に帰陣しました。




拝殿の彫刻も、うさぎさん。

この白うさぎは、きっと白大明神のお使いに違いないわよー。

となり、以降、うさぎさんは白人神社の神使とされるようになったそうな。


だねー。


元和元年(1615年)。大坂の陣の戦功により、主君蜂須賀至鎮が淡路一国を賜ると、稲田修理亮示植は、家康の命で淡路由良城代(後に洲本城代)となりました。

稲田家の知行地は、4代植栄(1660年頃)には、阿波分6879石余、淡路7318石余、さらに美馬郡拝原の新開高160石を加えて1万4357石余。

身分は家老ですが、そんじょそこらの小大名よりも力のある稲田家なのでした。



そんな稲田家に大切にされた白人神社。


稲田氏は代々鎧・刀・画などの寄進をたびたび行っていますが、当神社玄関にある「白人大明神」と刻まれた額も稲田主税助植春の奉納したもので、彗雲鉄啀の書になるものです。そのほか同神社に保存されている箙(えびら)は木製で、蜻蛉の形の彫り物を施し、全国的にも類例が少ないといわれています。

「美馬市観光情報」より引用
http://www.city.mima.lg.jp/kankou/kankouannai/miru/0023.html



寛文元年(1661)奉納。
稲田主税助植春奉納、彗雲鉄啀の書。

彗雲鉄啀は、禅宗の僧。1626(寛永3)年仙台生まれ。
浅井長政の曽孫といわれ、書画に通じ楊柳観音図が著名。


こちらの鳥居は崩れてしまいましたが、


もうひとつの鳥居は無事。


判読不可能な文字が~(T_T)

白人神社の祭神は、瓊瓊杵尊(ににきのみこと)・天照大神(あまてらすおおみかみ)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)・豊秋津姫命(とよあきつひめのみこと)・崇徳天皇・源為朝。

・・・ためとも?


(友情出演:西照神社のちび狛)

なんで、源為朝?

つづく。


白人神社
《住所》徳島県美馬市穴吹町口山字宮内2番地





いつも応援いただきありがとうございます。
うさぎさんが乗る石灯籠、「あ、無事な鳥居さんだ」の画像の「あ、」の石灯籠にもう一羽いたようなのですが、上手にそこだけ画像なし。あああ。それにしても、大阪夏の陣の最中にうさぎがぴょんぴょんしてたとは、何ともメルヘン。稲田氏の崇敬が厚かった白人神社ですが、理由はメルヘンだけでもないようです。つづきます。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


お手数をおかけ致します。ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大坂の陣で「お伽噺が現在進行形!」( ゚д゚)ンマッ!!

某地獄漫画(アニメ化)の芥子ちゃんのような劇情型うさぴょんかしら

ウサギって神使以上になれない神様ルールでもあるのか^^;

ビックリぴょんでぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。

うさぎさんがいたのは、そういう訳でしたか。
確かに、神様としてもらっても良かったのにね。
稲田さんと白人神社。
何と何が、どこでどう繋がってるか分からないものですね。
『メルヘンだけでもない』 稲田さんと白人神社との関係。
さてさて、何でしょう?

No title

おお、こちらはご無事か。
でも境内に重機が入ってると言うことは、それなりに被害があったのね。
ああでも、いい物見せていただきました。
電車のないところはなかなか行けないので、ありがたいです。

そうかー、御祭神はニニギノミコトかー。
ニニギはどうしても、古事記のエピソードから、
チャラ男で再生される(笑)

No title

つねまるさん、こんばんわー

うさぴょんが神使の神社ですか。
お姿は、やどかりのようですね^^

白人神社、なんと読むのでしょうか。

崩れた鳥居、傾いていますが大丈夫なのでしょうか。
地方の大らかさがいいです☆

No title

この燈籠の上の兎さんはコロコロッとしていて、私の好みです。
のーんびりとしたお顔もいいですねぇ。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そう、大阪夏の陣では、メルヘンが一部で起きていたようです。ふふふ。

じごく~♪素敵なじごく~♪の、あの子なら、さぞかしシュールになったことかと。

ずるずる引き起こすだけだったのが、神使留まりなのかしら?

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うさぎさん、神様にしてもらえなくて残念ですね。

大阪夏の陣の最中に、メルヘンなお話があるのも何となくほっこり。

稲田氏の崇敬が厚かったことは、数々の奉納品や社殿修築にも見られますが、ギブアンドテイク。

信心深いだけでは蜂須賀くんちの筆頭家老はつとまりません、です。

それにしても静内へ連れていった狛犬さんといい、こちらの石灯籠のうさぎさんといい、ちっちゃくて丸い動物がお好みなのかしら、稲田さんち。

猫舌=・ω・=様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

喜んでいただきまして、何よりです。うふふ。

変わった文字だなーと思いまして。
読めるようで読めない。

境内の倒れた木の切り口はまだ生々しくて。

文字の彫刻がある鳥居の横にも、なかなかの古木があるので、倒れないように祈るばかりです。

チャラ男・・・確かに~(^_^;)

祭神の中に「白人」の文字が入った神様がいないのは、何でかなぁ?とは思うものの、祭神と社名がリンクしないのはよくあるしってことで、華麗にスルーしてます。

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

白人神社と書いて「しらひと」神社と読むようです。

はくじん、っと読んでしまうと後日記事にしますがややこしいことになってしまいます。

うさぴょん、まんまるでかわいかったです。
ちょびっとヤドカリテイストですねー。

大きく立派な神社より、ここのような地域密着(?)のお社、大好きです。何となくいいですよねー。

鎮西八郎!!

義朝、「さては義朝には、はるかの弟ごさんなれ。いかに敵對せん。兄に向かひて弓引く者は、冥加のなきぞ。落ちよ、助けん」と申しければ、爲朝、から/\と笑ひて「や、殿、下野殿。兄に向かひて弓引く者の、冥加なからんには、父に向かひて矢を放つ者はいかに」と申したる。

おはやうございます。鎮西八郎爲朝!!
確かに、親に弓引く者が兄に弓引くことを非難しても説得力がない。それはそのとほり。振る舞ひは旁若無人だけど、言つてることは正論。
平治の義平と並ぶ、源家の中でも輝きを放つ魅力的な人ですね。

新院と鎮西八郎。新院は讃岐で崩御されていらつしやるので、続きが気になります。楽しみにしてをります。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

そうなんですよー。鎮西八郎爲朝なんですよー。
しかも、崇徳上皇まで。

四国はほんまに油断大敵で、忌部氏がいて、ほにゃら神様がおわして~っと、ほにゃほにゃしてると、突然、流された方とか平家の人とか、いきなりフロム信濃の人とか、あとは、まぁ、海沿いでは義経。

やはり、淡路島と阿波徳島は、畿内から見ると遠くて近い土地として面白いですね。

たっつん様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ころころしたうさぎさん、お好みでした?うふふふ。
のんびりしたお顔を見ているだけでも、幸せでした。

何となくいいな、ここ、って思うお社ってありますね。
白人神社は、まさにこれでした。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼