スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちっちゃい狛犬と西照権現

こんにちは。


えーっと。これ、なんだっけ?の、花。


拝殿前を通り、反対側へ向かうと。


きゃー。ちびちゃーん♪

THE・徳島って感じの狛犬さんです。


はい、何でしょう?


言ってごらーん♪

・・・ふむふむ。じゃ、いくよー。

せーの。


おっきくなっちゃったぁ~\(^_^)/


何か言ってあげてー。


ご本人は満足らしい。


苔に包まれた吽ちゃん。


そうでしょうとも。


こらっ。そんなこと言っちゃだめー。

狛犬さんの尻尾、ビーバーみたい。かわいいなー。


ぶなちゃん?

尻尾を振るときは、びたんびたんってなりそう。


おお、ぶなちゃん。

門柱には「大瀧寺四国霊場巡拝路順打」の文字。

柱の間にチェーンがかかり、「許可なき者の立入を禁ず」の看板。

が、「ぶなちゃんこっち」の矢印もあり。

はて?

「大瀧寺境内地ですが、登山道はお寺のご厚意により通行させていただくので、マナー厳守」の旨の看板が奥にあり。

検索したら、大瀧寺所有地を大滝山登山道が通る形。
案内表示の整備された尾根道があるそうで。


天候不良です。

さらには、西照神社の別当寺であった大瀧寺の旧社地がこの奥。


ね。

さて、大瀧寺ですが。


現在は、西照神社の参道下の鳥居横にあります。


標高946mの大滝山山頂付近に鎮座する西照神社。


前回、前々回の由緒で述べたように、西照神社は明治の神仏分離までは「西照権現」と称する「神仏習合」の山岳信仰の場でした。

「幕政時代、各神社は各々寺院或は別当の専有奉仕となり、山号を大滝獄と改め社名を西照権現と改称され明治維新に至り。」(西照神社公式サイトより引用)



西照神社拝殿前の石灯籠の文字はその名残。


真言宗御室派準別格本山の大瀧寺。

本尊は、西照大権現。

なんですとー?ってとこで、つづく。


西照神社
《住所》徳島県美馬市脇町西大谷672


脇町から国道193号を北上、夏子ダム南側より阿讃中央広域農道に入り、県道252号→県道106号。要所には「大滝山」「大滝寺」等の表示あり。


いつも応援いただきありがとうございます。
ちっちゃい狛犬さん、徳島らしい姿のかわいい子達です。狼を追い払った大きな狛犬さんとはまた異なる味わいがありますねー。ブナ林を通る尾根道、少し覗いてみただけですが、とても気持ちがよさそうでした。安全第一、こんな霧の時には行かないのが一番ですね。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ミニ狛さん、可愛いけど立派な社の番犬さん^^
尾がバタンバタンするのを想像したら萌えてしまった(*´pq`)

霧だと視界もだけど足元も湿気で濡れてそうですね。
安全第一(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

さて次なる謎は何だろう~
ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

馬酔木やねー、たぶん。
草食の野生動物がいる環境でも、この花は毒があるので、残ってるんだとかなんとか。

狛ちゃんはなぜ、吽ちゃんだけ下半身フサフサなんでしょうか。
後ろのついたてが鍵でしょうか。
風よけがあるのに、もこもこズボン着用とは、君実は冷え性だな?

狛ちゃんが「ブナちゃん」と可愛く呼ぶから、ブナ林を、「ぶなりん」と読んで、ちょっと可愛いかも、と思いました(笑)

No title

私も馬酔木だと思います!
前にピンクも良いけど、白の馬酔木も綺麗ですよね~

苔に包まれた吽ちゃん・・・まるで洋服着ているみたいですね(笑)

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ふふふ。ちびちゃんの尻尾、バタンバタン。
もしくは、べちべち。

徳島の狛犬さんらしい顔と姿のちびちゃんでした。

前夜からの雨で、地面はぐちょぐちょ。つるんってするし。
足元はしっかり用心してましたが、前が見えないほどの霧ってのが。

きけーん。

天気のいいときにまた行きたいなー。
でも、晴天あっけらかーんっとした西照神社より、霧の中の方がいいなぁとも思いますのよー。

猫舌=・ω・=様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

うま、よう、き。

検索検索・・・あせび、かー!!

おおおお。全く存じませず。
ありがとうございます~\(^o^)/

ぷんぷん匂ったのはこれかしら。

ほほぉ。かわいいお花には、毒がある。なるほど。

>狛ちゃんはなぜ、吽ちゃんだけ下半身フサフサなんでしょうか。
>後ろのついたてが鍵でしょうか。
>風よけがあるのに、もこもこズボン着用とは、君実は冷え性だな?

んふふ。多分、仰る通りかと。
阿さんと吽さんで、おすわりする場所のほんの少しの違いで、苔玉みたいになったり、溶けてしまったり。

過酷な環境に耐えているんですねー。

もこもこズボン愛用者としては、親近感。
もこもこぬくぬくは手放せませんなー。

>狛ちゃんが「ブナちゃん」と可愛く呼ぶから、ブナ林を、「ぶなりん」と読んで、ちょっと可愛いかも、と思いました(笑)

にゃーーーーーー!!やられたーー!!

さすがです、お姉さま。
ぶなりん、ぶなりん、ぶなりん・・・。

これが思い付かないとは、一生の不覚。くぅー。

しずか様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ううう。皆様、よくご存じですねー。
そうか、あせび、なんですね。ありがとうございます。

スズランの木かしら?なんて思ってたのは内緒に。

あせび。あちこちで咲いていました。
結構匂いがきつかったです。

苔狛ちゃん、着ぐるみにはまってます。
もこもこでしたー。うふふふふ。

No title

つねまるさん、こんばんわー

ちっちゃ狛さん、いい顔しています。
徳島の狛さん、ちっちゃいのが多いのでしょうか。
ちっちゃ狛さん、見たことないっす。

あぶない、危ない!
天気が悪いときは、行動を抑えましょうね。
つねまるさんは、いいブレーキを付けています☆

piglet01様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ちっちゃい狛ちゃん、いい顔ですよねー。
なんかこう、つっこんであげないといけないような。
徳島の狛犬さんは、お口がつん、っとなって、上向き加減のお顔が多いようです。

ちっちゃい狛犬さん、こそこそっと探しております。
画面が寂しい時に、しゃべって欲しくて。

天候を甘く見ないのは、旅の基本ですね。
(台風前に熊野へ行った私が言うのも何ですが)

特に、山。

乗鞍岳で隣の友人の姿が消える程のガスに遭遇したことがあるので、ほんまに山は怖いです。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。