神社?お寺?不思議な金磯弁財天で間違える

こんにちは。

さて。


徳島県小松島。

ここは、源義経が上陸したと伝わる海。


潮風が・・・さぶいです。


「ちゅどんっ」と聞こえるのは、この小さな弁天山に、大砲八門を備える台場があったから。

弁天山砲台です。これが主目的。


やっと着いた弁天山の付け根。


ひっそりとした風情に、ほっとします。

こちらは


金磯弁財天(かないそべんざいてん)。


こまちゃーん♪



うーらしまさん、うっらしまさん♪あなたにあげた~玉手箱♪



ぜひとも開けて~くっださいなぁ~♪


さすが海辺。竜宮城と浦島太郎。


さ、おまいりしましょ。

ぱん、ぱんっ。

もにょもにょもにょ・・・。




へ?

だって、ほら。


拝殿の後ろには本殿が。

ほんで・・・ん、の下に何か立ってます。

じぃー。


なに、これ。

なんか、怖いよー。


踏んづけるとこだったー。

何とか普門経って書いてあるよー。


なんだろうなんだろう。


ちゃちゃつぼちゃつぼっ


「最勝王経」ってなにー。


おかーさーーーーんっ・゜゜(ノД`)


かわいい狛犬さんに会って少し落ち着いてーっと。


冷や汗流しながら検索したら。

金磯弁財天は、四国八十八箇所十八番札所・恩山寺の奥の院で、本尊は弁財天。

仏堂です。

慌ててお参りしなおしました。



ほんとに、びっくりしたのでした。

ちゃんとしたご紹介は、また明日。

つづく。


いつも応援いただきありがとうございます。
無知ってのは、ほんとに怖いものですねー。おほほほ。神社だと思い込んで見回すと、まー、不思議なものがいっぱいで。そりゃそうだー。おほほほほ。現地で気がついてよかった。でも、建物の造り、間違えても仕方ないと思いませんことー?

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

>「最勝王経」ってなにー。

聞かないでーーーーーって聞かれてないか^^;

ここは初めての人は間違うと思うわぁ~

ここから何が始まるのかしらん^^

ぽちぽちぽちーーー☆彡

No title

こんばんは。いつも楽しく拝見させて頂いております。

不思議な香りが満載のお寺ですね、なにが始まるのかわく/\します。
水江浦嶋子と關係があるのかな、楽しみです。

「最勝王経」。む~ん、なんでせうか。以仁王が、平家物語か吾妻鏡かに「最勝王」と書かれてゐたやうな気がします。なんか、それと關係があるでせうか。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

神社だと思ってうろうろしたんで、まー、不思議なものがいっぱい。

お寺とわかっても、それはそれで何だか怖い。

ここから何が始まるかというと、恥の上塗り・・・(T_T)フフフ

阿波公方の史跡を廻った後に立ち寄ったので、頭の許容量を越えてたのかもしれません~。

橘右近大夫様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

不思議でちょっと怖い感じのお寺でした。
神社だと思い込んでいたので、余計に。

本堂?の下の大きな石の塔、画像を拡大したら何か文字が彫られておりまして。

全体の明るい雰囲気と異なり、点在する石碑や謎の石像と共に、これ以上近づくのはやめよう、そうしよう、と、ものすっごく思いましたのよー。

>「最勝王経」。む~ん、なんでせうか。

む~ん、ちょっと頭がパンクしてますので、少々お待ち下さいませ。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼