社僧は阿波公方代々の墓所がある西光寺。御嶽神社の狛犬

こんにちは。

阿波公方、ちょっとおまけ。


阿波公方代々の墓所がある西光寺。


参道には西国三十三箇所の石仏様がずらり。

の、隣に鎮座するのは


御嶽神社です。

境内の石碑によると、


創建は不詳。

応永13年(1406)に現在地へ遷座。

「『御嶽大権現』と称し社僧は西光寺」(『寛保改神社帳』)

明治3年10月5日に「御嶽神社」と改称。


「御嶽大権現」から「御嶽神社」に改称したのは、祭神の蔵王権現が修験道ではご本尊様で、神仏習合の神様だから。


「修験道の神である蔵王権現を祀る神社は、明治時代の神仏分離のときに、御嶽神社、金峰神社(金峯神社)、蔵王神社などと改称された。

神道において、蔵王権現は『大己貴命、少彦名命』、『国常立尊、大己貴命、少彦名命』や、『安閑天皇(広国押建金日命)』、『金山毘古命』と習合し、同一視されたために、それらの神々を祭神とするようになった。」(wikipediaより引用)


ここの祭神がどちら様かわかりませんが、上記のどなたかなのかな。


現在は、こんな感じ。


西光寺の参道と同じ奥行きの御嶽神社の境内。


素朴な手水鉢。


なかなかの年代物です。


元治年間は1864年と1865年。


うーむ。


何だろうねぇ。お庭の跡か、ただの石ころか。


境内摂社の前には


手水鉢の先代さん。ちょっと小ぶり。


こまちゃーん♪( 〃▽〃)♪


あらやだー。


したした。すっごくした。


首が行方不明。


あ、ごめん。


似合いますわよー。

すっごく元気な首飾りねー。つんつんつん。


えーっと。チョビヒゲなのかなー?

お口から出てるように見えるけど、よもや、二枚舌・・・?

きゃー。

・・・おやつを食べてる最中ってことにしておこう。


うんうん。神様も阿波公方代々のお墓もお守りしてるのね。


えらいえらい。


氏子さん方の尽力で今は素敵な白亜の社殿。


静かだー。


首飾り、よね?


西光寺山門と横並びの御嶽神社の本殿。

阿波公方足利家の人々も墓参の折りには立ち寄ったのかなー。


水仙がきれいでした。

おしまい。


御嶽神社

《住所》徳島県阿南市那賀川町赤池角地187ー1


地図が少しずれてますが、西光寺の南西に隣接してます。


いつも応援いただきありがとうございます。
無邪気なお顔の狛犬さんにとっても癒されて、阿波公方巡りを終えました。石碑の遷座年代の記述に加え、手水鉢の奉納年代を見ると、ここへ阿波公方家の人々が参詣した可能性は大きいなと思います。もしかしたら、この手水鉢を使ったかもしれないしー。わくわくが止まらないまま、ほっそいほっそい道をドキドキして運転しつつ、次の場所へ。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、kotodayoriです。

足利末期の時代のことは教科書にも載っていず、まったく知りませんでした。このような歴史があって、さらにその子孫も営々と続いていたとは、驚きです。

楽しくいつも読ませていただいています。

また、よろしくお願いいたします。

No title

何だか狛ちゃんが長いお話しをしてくれてたような・・・
むかし、むかし阿波公方さまがいたんやで~って。

綺麗な水仙^^
ぽちぽちぽちぽちーーー☆彡

kotodayori様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

足利末期になると、畿内は大騒動になりますが実に複雑なので、ここがテストに出たら零点です。

私も阿波を旅するまでは難しいので、あまり気にしなかったです。

阿波から京都へ来た足利義根を助けたのが、足利家に縁のあるお寺ということを知り、都には別の価値観があるのかなぁと思いました。

もうすぐ桜が開花し始めるかもしれませんね。

花粉症はお辛いでしょうけど、また素敵なお散歩の記事を楽しみにしております。

ありがとうございました。

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

きゃ。素敵な感想、ありがとうございます~(*^_^*)

嬉しいです。

阿波公方については、平島館の跡地に建つ資料館がとても充実していて、ほんとに勉強になりました。

訪問日は一月の連休なんですが、もう水仙が咲いていたので、びっくりです。

今年が暖かいのか、この辺りが温暖なのか。不思議。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼