浪人、足利義根。阿波公方270年の歴史に幕。最終回

こんにちは。

少し懐具合が良くなった阿波公方。

第8代義宜、第9代義根は共に漢文学や儒学を熱心に学び、
京都から招聘した島津崋山の教え方も上手だったのか、
優れた門人が多数、平島館に集います。



阿波南部における漢文学の中心地、「平島文化サロン」のオープンです。

しかし。


「文化って金喰い虫なの」(←誰)


文化2年(1805)。第9代義根は、京都の名門を介して、阿波徳島藩第11代藩主・蜂須賀治昭に増禄を願い出るも、不可。

父の代にたくさん増えたばかりです。無理。


義根、噴火。

今までの阿波公方ならば、「ところがどっこい」→「しょぼん」で終わるところ。

しかしこの義根、根性が違う。


怒った。

阿波を出る覚悟を決めます。

病気療養を名目に阿波退去の許可を第11代藩主・蜂須賀治昭に申請。



徳島市の興源寺、蜂須賀家墓所。

蜂須賀治昭も学問好き。

義根の出奔には「藩主蜂須賀治昭からの退去慰留状追書」(阿波公方・民俗資料館蔵)を出して引き留めます。

藩主としては、阿波公方家を藩から出してしまうのは、まずい。

しかし、義根の決意は変わらず。

やむ無く、義根の阿波退去を許可。

義根には餞別として銀300枚、阿波公方家代々の墓がある西光寺には墓守料50石を与えました。



文化2年(1805)7月24日。

足利義根、阿波を出ます。

ここに、270年間も続いた「阿波公方」の歴史は幕を閉じました。



平島館は廃され、解体。


阿波国を去った義根は、紀州へ。


なぜ、紀州?

紀州側は「名門の直系である足利家が蜂須賀ごときに隷属し、不遇な日々を送るとは、なんてこと。うちへ来たら厚遇するよー」


と言っており、義根は紀州を目指しました。


ところがどっこい。(やっぱり)




幕府老中・水野出羽守より

「足利に対しては、扶知を致す筋合いなし」

と叱られた紀州藩主。



義根、紀州藩への仕官かなわず。

さぁて、どうしましょ。

阿波公方家は、阿波徳島藩の陪臣ですが、第3代義種の妻は足利周暠の孫で水無瀬家養女、第8代義宜の妻は羽林家中納言持明院基輔の娘、義根自身の妻は西洞院家の養女であるように、京都に限り権威や血筋をある程度は認められていました。

もう、京都しかない。

京都において義根は、蜂須賀家に押し付けられた平島姓を足利姓に戻し。

足利歴代の菩提寺・等持院を宿所とし、盛大な先祖供養の法会を行いました。

しかし、どの宮宅、公家も義根一行を受け入れてくれる所はなく、生活にも困窮。

阿波を出たときに270名ほどいた一族・家臣達は殆ど離散。


悲惨。

義根は、足利氏ゆかりの寺院からの援助で細々と食いつなぐ日々。

援助したのは、四つのお寺。

天龍寺(開基・足利尊氏)
相国寺(開基・足利義満)
等持院(開基・足利尊氏。足利氏菩提寺)
金閣寺(開基・足利義満。義満の北山山荘を死後に鹿苑寺とした)

※等持院には代々の室町将軍像があるが、阿波から第14代将軍となった義栄はないとか。いけず~。


さあ、どこにも属さない足利義根。身分は、浪人。


悲惨。

あのまま阿波にいれば、少なくともここまで惨めな事はなかったのに。

さすがにまずいと思ったのか、紀州藩。


紀州徳川家から毎年200両を援助。

これは明治30年頃まで続きました。



その後、義根は北野七本松(現・一条七本松)の崇禅寺に移り。

文政9年(1828)10月8日。80歳で亡くなりました。

やがて御一新で全て白紙に。


もう、阿波公方といえば、これ。


紀州藩の援助はその額が減らされ、四ヶ寺からの援助は廃止。

義根の子の足利義俊は、明治4年に阿波公方家の華族復帰運動をするも、失敗。

葛野郡下山田村(現・京都市西京区)にて帰農。

阿波に留まっていれば、蜂須賀家家臣として士族になれたかもしれません。



泣くな。


悲惨な結果となった第9代阿波公方・義根ですが、この阿波公方家は現在も続いておいでです。

他家(喜連川氏)が養子を入れたのに対し、阿波公方家は平安時代末期の足利家初代・足利義康の血脈が途絶えることなく続きました。


阿波公方のおはなし、おしまい。




参考文献

◎阿波公方

『平島公方物語』(中島 源・著/那賀川町役場/1991.11)
『平島公方史料集』(那賀川町史編さん室/2006)
阿南市「阿波公方・歴史民俗資料館」の展示文書
西光寺の境内説明板

◎三好氏

『三好長慶 諸人之を仰ぐこと北斗泰山』(天野忠幸・著/ミネルヴァ書房/2014)
『戦国三好氏と篠原長房』(若松和三郎・著/戎光祥出版/2013)
『三好一族と織田信長 「天下」を巡る覇権戦争』(天野忠幸・著/戎光祥出版/2016)


◎その他、適宜「wikipedia」を閲覧

☆出演 兵庫県、徳島県、京都府、和歌山県、香川県、北海道の狛犬さん


いつも応援いただきありがとうございます。
長々とおつきあいいただきありがとうございました。決して有名ではないけれど、徳島県から室町将軍が出たこと、そしてその子孫が徳島県阿南市の平島という地で「阿波公方」として粛々と生きていたこと、頭の片隅にでも置いていただければ幸甚に存じます。いやー、狛ちゃん達には助けてもらいました。みんながいなければとても続かず。狛ちゃんにも感謝でーす。

にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ


ぽちぽちぽっち、ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~
昨夜は疲れてて、早めに休んでしまい来れなくてすいませんでした^^

>阿波に留まっていれば、蜂須賀家家臣として士族

・・になれたとしても阿波公方家にとっては「違う」感が拭えなかっただろうなぁ

血筋からいけば華族で十分通るのに現実って厳しいですね。

阿波公方の壮大なネバーギブアップストーリー堪能させて頂きありがとうございます^^

特別出演の狛ちゃんたち(を編集したつねまる様)もお疲れさまです^^

名残惜しいけど別れのぽちぽちぽちーーー☆彡

時乃★栞様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ぎっくりさんは、いかがですか?

季節の変わり目ですし、疲れたときはゆっくりしっかり休むのが一番ですね。

阿波公方家には、確かに、士族は違う感じがしたでしょうね。
華族となると、同じような家がわんさかあったようで、それぞれの言い分と葛藤が興味深いです。


>阿波公方の壮大なネバーギブアップストーリー堪能させて頂きありがとうございます^^

いえー。おつきあいいただきありがとうございました。

ど、ど、どうしよう~終わらないよー(T▽T)と思いつつ、細川・三好と絡んでいる面白さに病み付きに。

狛ちゃんがいないと、なんにもできませんわー。おほほほ。

No title

あらららら。
義根殿、そんなことになってしまったんですか。
もうね、阿波公方シリーズのどこから読んでも、何だかシュンとなんてしまいます。
本当に理不尽だわ。
帰農して、それでも現在まで続いているなんて、地道に働いていれば、良いこともあるさ、ってことなのかしらね。
回りからは、絶対に尊敬の念を抱かれていたと思うんだけど。

万見仙千代様

こんにちは。いつもご多忙の中のご訪問とコメントありがとうございます。

ちょっと馬力のある人が出てきて、お?っと思ったら、やはりしょぼんな展開で。

理不尽で不運な生涯でした。

阿波平島にいた頃はそれなりに尊敬されていたようですが、
京都には、それこそ、足利家よりも古い家がわんさかいたのではないかしら。

華族復権運動に加わった家は複数あります。

でも暗い印象を受けなかったのは、彼等が我を通すのではなく、自分に出来ることを真面目に一生懸命こなしていたからかなー。

現在も続いておいでなのも、大きいですね。
プロフィール

つねまる

Author:つねまる
史跡をちょろ見しながら、景色を楽しむゆっくり旅。地味。

古典芸能の能楽の、謡と仕舞のお稽古ぐだぐだ日記も。

◎画像の著作権は放棄しておりません。
◎画像と記事の無断使用厳禁!!
◎丸パクリには断固抗議する!!

◎リンク戴く際はご一報下さい。御礼させて戴きたく。
◎一言でもコメント戴ければすごーく嬉しいです。

尚、メールでのお返事は致しませんので、コメント欄をご利用ください。

宜しくお願いいたします。

参加してます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
ブログ村さんに参加中
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ご来場御礼